羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

探偵は教室にいない

探偵は教室にいない

 

発売前から楽しみにしていて実際に読んだらハマった青春ミステリー作品です。

続巻が出るのが決まったので改めて読み直しましたが、登場する中学生の感情の揺れを上手く拾いあけでいるので日常の会話に惹かれます。

なので、どの人物も好きになること間違いなしです。

主人公の真史の純粋さと探偵の歩の奔放さが組み合わさったことで、これしかないってくらい2人の距離感に落ち着きます。

 

ミステリーとしても、各話納得のいく筋道を立てているので引っかかるところが一切なく読めるのは強味ですね。

どの話も読み終わったら心に来る余韻があって、素晴らしいです。

話の雰囲気も柔軟になっていたかなと。

安楽椅子・歩の活躍っぷりも愉快で、憎いが憎めない人物像でした。

 

日常の謎、青春ミステリーが好きな人にはこの作品をおすすめします。

 

わたし、海砂真史には、ちょっと変わった幼馴染みがいる。幼稚園の頃から妙に大人びていて頭の切れる子供だった彼とは、別々の小学校に入って以来、長いこと会っていなかった。変わった子だと思っていたけど、中学生になってからは、どういう理由からか学校にもあまり行っていないらしい。しかし、ある日わたしの許に届いた差出人不明のラブレターをめぐって、わたしと彼―鳥飼歩は、九年ぶりに再会を果たす。日々のなかで出会うささやかな謎を通して、少年少女が新たな扉を開く瞬間を切り取った四つの物語。青春ミステリの新たな書き手の登場に、選考委員が満場一致で推した第28回鮎川哲也賞受賞作。