羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

君に恋をするなんて、ありえないはずだった

君に恋をするなんて、ありえないはずだった (宝島社文庫)

 

読んでいるこちら側の胸がドキドキハラハラする純粋な恋物語で久しぶりに読み返しても作品に浸れる良い作品です。

 

目立たない少年・靖貴と美少女の恵麻が最初は互いに心がひらけずにおっかなびっくりに接していたが、些細な交流を続けていくうちに互いの良さが伝わって、心を通わせていく。

周りには内緒の関係で育んでいく。

焦ったくもあるが恋するならば起きる悩みが細かく描かれているので2人の恋を応援したくなります。

ところどころで甘いシチュエーションが挟まっていて、これまた堪りません。

文化祭での思わぬアクシデントや電車での触れ合いなんて素晴らしいです。

靖貴と恵麻のお互いの心境の変化が見えるので早くくっついてほしい。

靖貴は鈍感だけど自分の気持ちに気づけるのは偉い。恵麻は見栄もあるが内心惚れまくりで可愛い過ぎる。

恵麻の友人である久美子が良い立ち振る舞いをしていて、彼女も魅力的な人物でした。

 

上手くいくのかなと思ったら終盤に関係を周囲に隠していたから起きるトラブルや高校生の立ち回りの難で靖貴と恵麻の間に亀裂が入ってしまったのは残念だし、切ない。

やはりこの引きは心にずしんとのしかかってくるものがあります。

 

上下巻構成なので最後まで読みたくなる展開です。憎いほど下巻が気になります。

 

千葉県南総にある県立高校に通う地味で冴えない男子・飯島靖貴は、勉強合宿の夜に、クラスメイトの北岡恵麻が困っているところを助けた。それから恵麻は、学校外でだけ靖貴に話しかけてくるようになった。しかし靖貴は恵麻に苦手意識を持っていて、彼女がどうして自分に構うのかわからない。地味系眼鏡男子と派手系ギャル。絶対に相容れないはずの二人に起きる、すれ違いラブストーリー。