羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

継母の連れ子が元カノだった6 あのとき言えなかった六つのこと

継母の連れ子が元カノだった6 あのとき言えなかった六つのこと (角川スニーカー文庫)

 

互いが互いを好きでいながら拗れていくのがこの作品の醍醐味ですが、今巻の結女の空回り具合は水斗視点を知ってる読者からすれば辛すぎる。

良かれと思って文化祭実行委員の仕事で水斗をいわゆるリア充側に引き込もうと躍起になりますが、水斗はまったく逆の方向を向いていて結女の気持ちは届かない。

なんなら水斗が折れてくれていたこすら終盤まで気づけない。

この展開は中々胸が苦しくなります。

しかも、水斗のなかにも考えがあり、それに近い考えをしているいさなが側にいる時の方が水斗がリラックスしているのが辛い。

 

どうなるかと思いましたが、水斗が悩んでいた好きという感情を気づかせてくれた、いさなの示した可能性のある話はとても刺さりました。

たしかにその通りだなと唸りました。

水斗にとっては中学時代の自分を否定しないと結女と向き合えなかったのは寂しいですが、今後は変わっていくんでしょう。

 

水斗と結女が向かい合えるようになって良かったです。

どう変わっていくのか楽しみで仕方ないです。

 

南、川波組も安定の喧嘩具合でしたが、新登場の副会長・紅と会計・羽場の関係も魅力的で、今後どう絡んでくるのか気になります。

 

 

親の再婚できょうだいになった水斗と結女は、元恋人同士。
水斗といさなが付き合っているという噂で校内が色めく一方、結女は水斗との距離を縮められないままで……。
そんな初秋、きょうだい揃って文化祭の実行委員に選ばれる!
衣装選びに放課後の準備作業……長くなる二人きりの時間に、夏祭りのキスの真意を確かめようとする水斗。
そして水斗に自分の好意を気付かせたい結女。
探り合いながら迎えた、文化祭当日――二人は展示の見回りを任されるが、これってもうデートでは!?
「なぁ。『好き』って、なんなんだ?」
カップルが、お互いの気持ちに向き合う文化祭編!