羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

ひげを剃る。そして女子高生を拾う。4

ひげを剃る。そして女子高生を拾う。4 (角川スニーカー文庫)

 

沙優の兄・一颯が訪れて吉田と沙優の同居生活に区切りをつけなければならないことに。

遂に沙優の過去が明らかになる重要な話。

なぜ、家を出たのか。そのきっかけとなる胸が苦しくなる出来事や家庭の状況などが明かされて、沙優が逃げ出すのも納得です。

また、心が壊れかけていた沙優が吉田さんと出会えた奇跡がどれほど救いになったのか感じられました。

逆に吉田も沙優を家に泊めることになった最初の出会いで生まれた感情はありきたりだが、それを素直に沙優の兄・一颯に言えるのは凄い。

また、吉田が沙優へ抱いていた気持ちに素直になれずにいたのも大人という縛りが大きかったのかな。沙優が女子高生という存在に悩むように吉田も大人という立場に悩んでいたんだな。

そんな2人を支えて、発破をかけてくれる三島、後藤さん、橋本、あさみ、の優しさは2人に突き刺さったことだろう。

 

吉田が正しいことを貫くと決めて、沙優は自分のことや家と向き合うことを決意して、立ち向かう明日が非常に気になります。

 

吉田と沙優の関係だったり、後藤さんの過去は腑に落ちるものがあり、作品の終わりが近づいてきているので深掘りされてきたなと。

 

 

家出JK・沙優とサラリーマンの吉田、2人の同居生活は沙優の兄・一颯が訪ねてきたことで突然終わりを迎えることに。家に連れ戻されるまでに与えられた猶予は、たった1週間。吉田が自分にそうしてくれたように、自分自身としっかり向き合いたい。タイムリミットを前にして、沙優はゆっくりと口を開いた。「聞いてほしい。私の…今までのこと」学校のこと、友達のこと、家族のこと。沙優が何故家出をして、こんな遠く離れた街までやってきたのか。そして吉田と暮らした日々で、彼女が得たものとは―。サラリーマンと女子高生の同居ラブコメディ、急展開の第4巻。