羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

七つの魔剣が支配するVII

七つの魔剣が支配するVII (電撃文庫)

 

三年生に進級して、一年生の頃からは想像出来ないくらい強くなっていくオリバー達に姿は感慨深い。

下級生からすると憧れられたり、嫉妬されたりと大変なことになりそう。

強くなってはいるが、まだ上には上がいて油断していると死んでしまう世界なので緊張感はあります。

 

今回、決闘リーグの試合に関しては戦闘している場所や戦い方が緻密で読みづらさがあった。おそらく自分の読み込み不足だと思うが…

団体戦で相手との相性やチームワークの良さがキモになっていてハラハラしました。

試合後の反省会は切磋琢磨して強くなっていくのが感じられて良かったです。

自分や仲間に厳しくなれるのは良いですね。

特にカティの成長は目を見張るものがあります。

 

序盤に匂わせて、終盤にサラッと出てきて目的を果たした骨抜き事件の犯人を次巻でどう対処するのか楽しみです。

 

 

運命の魔剣を巡る魔法バトルファンジー、待望の第7弾!

キンバリーの今後を左右する一大イベント、決闘リーグの開幕が迫る。三年生に進級し成長を見せるオリバーたちは、そのために三人一組のチームを組むことになった。同学年の中でも実力上位と目されるナナオらは、他チームから徹底的にマークされて厳しい戦いを強いられる。
一方で、例年以上に豪華な報酬と特殊なルールは、教師殺しの犯人を探すための教師陣の罠でもあった。さらに次期学生統括の座を巡る選挙戦もその影響を受け、駆け引きは激しさを増す。
そんな中、ユーリィが追いかけていた「骨抜き事件」の犯人、サイラス=リヴァーモアが動き出す。激動のキンバリーで、屍漁りの魔人は何を企むのか――。