羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

アルファベット・パズラーズ 文庫

アルファベット・パズラーズ (創元推理文庫)

 

アルファベットに因んだ事件が4話並ぶ短編集。

安楽椅子探偵モノで最初は軽い気持ちで読み進めていけるが事件の真相に迫っていくうちに、いったいどんな仕掛けがあるのかワクワクしました。

アルファベットの意味に込められた、想いが分かる幕引きは魅力的でした。

 

中でもYの誘拐の作り込み用が半端ないです。犯人許せないと思っていたが、そこにたどり着くまでの道のりは長く険しかった。待ち受けていた真実に衝撃を受けました。

伏線や登場人物の配置、事件の被害を受けた家族の心情、詰め込まれたピースがガチッとハマる最後は圧巻の一言。

 

多少は?と思う部分はあるが結局は力づくに納得させるミステリーとしての魅力がありました。

 

とにかく本格好きは読まずにいられない作品だと思います。

 

警視庁捜査一課刑事の後藤慎司、翻訳家の奈良井明世、精神科医の竹野理絵は、彼らが住むマンションのオーナー峰原卓の部屋に集まり推理合戦に興じる。指紋照合システムに守られた部屋で発見された死体、クルーズ船の殺人現場に残された奇妙なダイイング・メッセージ、三転四転する悪魔的な誘拐爆殺事件―名探偵の推理と意外な真相を鮮やかに描く、本格推理界の俊英第一の著書。