羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 9

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか9 (GA文庫)

 

新章突入。

ファンタジー世界でモンスターを倒して当たり前の冒険者達が揺れる騒動が起きそうで怖いです。

意思疎通を取れるモンスター・異端児が現れて、彼彼女らは殺すべき存在なのか。

純粋なベルが異端児と出会ってしまい揺れるのは当然だが、どう変化していくのか試されていますね。

ヘスティアファミリアの面々も危機感を感じながらもベルに寄り添っていて、仲間って良いなと。

 

人とモンスターの共存というファンタジー世界のタブーに踏み込もうとしていて、下巻は辛く悲しい展開が待ち受けているのが分かってしまう。

 

上下巻の下巻である次巻でベルが英雄であるために酷い試練が待っていて、どう決断を下すのか不安ですが見ものですね。

 

 

「モンスター…ヴィーヴル?」新たなダンジョン階層域『大樹の迷宮』に進出したベルは、竜の少女ウィーネと出会う。人語を話し、人からも怪物からも襲われる孤独な少女を保護することを決めるのだが…。「竜女か―久々の上玉だ」忍び寄る暴悪の狩猟者達の魔の手、覆すことのできない人と怪物の軋轢、そして動き出すギルドの真の主。一匹の竜の少女を巡り、都市に波乱がもたらされる。人と怪物、神々を揺るがす異常事態―ダンジョンの異変に迫る迷宮譚第九弾!「ベル…大好き」これは、少年が歩み、女神が記す、―“眷族の物語”