羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

コンビニなしでは生きられない 文庫

コンビニなしでは生きられない (講談社文庫)

 

ふと気になるタイトルをしていて、緩い感じのミステリーかと勝手に想像してましたが、物騒な事件から始まり良い意味で裏切られました。

どの話もコンビニだからこそ、起きる事件になっていてこだわりがあって良いです。

また、働いたことがなくても使うことがあるコンビニを舞台にしていることで、想像しやすい部分もありました。

だからこそ、コンビニで起こる事件がどれも真相が気になる状況になるように作り出していて、良い味になっていました。

また、作中で違和感を感じていた部分が最後に繋がっていき、表裏ひっくり返る仕掛けが明らかになるのはミステリーとして魅力的でした。

ミステリーとして優れているだけでなく、主人公の更生していく青春小説でもあり、最後まで没頭して読むことが出来ました。

 

主人公が苦しい現実から逃げる場所から始まったが、コンビニなしでは生きられないくらい好きな居場所を持てるようになるのは救われますね。

 

ミステリーとして、少し脇の甘いところはありましたが、勢いで押し切るものがありました。

 

 

ミステリ作家・西澤保彦氏、べた褒め!
「ご近所(コンビニ)に"本格魂”続々入荷中! コスパ最高の謎解き劇場がここに」

謎解き鮮やか、仕掛け重厚の第56回メフィスト賞受賞の青春ミステリ!

大学を中退した白秋。彼の居場所はバイト先のコンビニだけだった。その平穏な日常を引っかき回す研修生が入店。店内で連続する事件にやたらと首を突っ込む女子高生の深咲だ。教育係の白秋は彼女の暴走する謎への好奇心に巻き込まれ、店の誰もが口を噤む過去の連続盗難事件の真相を推理することになり……。

コンビニの「謎」と「あるある」にとことんこだわり、他の追随を許さない秋保水菓のデビュー作、ついに文庫化!