羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

天才王子の赤字国家再生術10~そうだ、売国しよう

天才王子の赤字国家再生術10 ~そうだ、売国しよう~ (GA文庫)

 

ここ数巻フラーニャが前に出てきていたが、その理由が腑に落ちました。

ウェインの裏の顔に気づき始める周りを引っ張るのに相応しいのはフラーニャだったからか。ウェインは最初から国を売国しようとしたり、愛国心はないしね笑 ただ、いくら束ねても現時点ではウェインを引きずり落とすのは至難の業かと。

フラーニャが成長しているし、周りに人が増えてきても難しいかな。

フラーニャや周りがウェインを危険視しようと、それすらウェインの手のひらの上って感じがします。

ただ、ウェイン自身がフラーニャに自身を降ろさせるように仕向けていてもおかしくはない。

ウェインの自由奔放な天才っぷりに振り回されるのは、愉快だ。

 

1巻からウェインの危うさが小出しにされてきましたが、本格的にウェインの裏の顔が見れそうな雰囲気が匂わせてきて、これからどんな手を打ってくるのか楽しみで仕方ないです。

今回は国から出ずとも、トルチェイラの思惑を防いでいて、敵なしの状況です。

 

ニニムの正体も明かされ、物語は大きく動いていきそうだ。

 

そして、来年から放送予定のアニメも楽しみに待ってます。 


ウルベスでの独断専行が家臣達の反感を買い、しばらく国内で大人しくすることにしたウェイン。
その矢先、大陸西部のデルーニオ王国より式典への招待が届き、妹のフラーニャを派遣することに。
しかしそこでフラーニャを待ち受けていたのは、数多の思惑が絡み合う国家間のパワーゲーム。一方で国内に残ったウェインの下に、大陸東部にて皇子達の内乱が再燃という報せが届く。
「どうやら、東西で両面作戦になりそうだな」
グリュエール王の失脚。皇子達の陰謀。東レベティア教の進出。野心と野望が渦巻く大陸全土を舞台に、北方の竜の兄妹がその器量を発揮する、弱小国家運営譚第十弾!