羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

ブラックサマーの殺人

ブラックサマーの殺人 ワシントン・ポー (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 

ストーンサークルの殺人の続編。

今回もボリュームがある1冊だが、飽きさせないハラハラした展開をしていて、楽しく読めました。

 

ポーが昔捕まえた犯人が実は殺人をしていなかった疑惑があがり、次々とポーにとって悪夢のような状況が整えられていく。

前作より、マシマシの難易度でした。冤罪をかけたとポーがピンチになりながらも証拠を探し回る捜査が魅力的でした。

 

ポーが犯人の証拠を突き止めるのか先か、犯人の思惑が上か、徐々に焦らされるのは痺れますね。

ただ、ポーを逮捕する理由に関しては強引だなとは思いましたが。

 

今回もポーの捜査時はティリーとフリンの支えにグッときました。ティリーがたくましく成長してきていて、微笑ましい。

フリンについても掘り下げられていて、魅力的でした。

 

犯人の思惑を突き止めるポーの執念は見事でした。

 

最後のポーと犯人の対峙するところは圧巻でした。

 

幕引きも見事で、続きが早く読みたいです。

 

かつて刑事ポーによって一人の男が刑務所送りにされた――カリスマシェフとして名声を誇ったジャレド・キートン。 彼は娘のエリザベスを殺した罪に問われたのだ。だが六年後のいま、その娘が生きて姿を現した! キートンは無実なのか? あらゆる証拠が冤罪を示し、窮地に立たされたポーを助けるべく、分析官のブラッドショーが立ち上がる。強烈な展開が読者を驚倒させる、英国ミステリ・シリーズの第二作。解説/三橋曉