羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

君の名前の横顔

君の名前の横顔

 

河野裕先生の最新作は子供、学生、大人が悩み苦しみながら、光を掴む物語。

 

世の中の正義を問う物語になっており、読んでいて現代の問題が浮かび上がり、かつ登場人物の清い考えに感銘を受ける。

正しさ、常識、そんなものは人それぞれで押し付け合わずに共存していかないといけないなと思いました。

いらない正義はなくしてしまえ、そんな状況にしてはならない。

 

子供の冬明が清く聡いからこそ、クラスの違和感や先生の行動に嫌気がさしてしまう。

そんな小さな頃から大人びた視点を持っていたら、学校に行きたくなくなるよ…

大人でも耐えたくない。

学校という場所も様々な正義が凝り固まってしまうと、そこの正義に入れない人に居場所がないのは辛い。

 

冬明の母・愛さんの冬明を想う気持ち、夫への考え、仕事場での嫌気、色々詰まっていて大変だった愛さんが冬明や冬明の兄・楓と仲良く生きていく未来を歩いてほしいばかり。

 

楓が背負っていたものには驚きましたが、彼が見つけ出した答えに希望があったので、安心しました。

 

物語のキーとなるジャバウォックの存在が上手く掻き回していたなと。

ジャバウォックは最初は懐疑的だったが、物語が進むにつれて、ジャバウォックが果たしている役割を知っていくと冬明が気にする理由も分かりました。

 

ファンタジーなジャバウォックがいるからこそ、掘り下げられた作品だったのかな。

 

世の中のすべての悲しみを避けて歩くのも、
なんだか気持ちの悪いことのような気がした。

『いなくなれ、群青』、『昨日星を探した言い訳』の著者が描く、
血の繋がらない家族と名前をめぐる物語。


夫を亡くし、小学生の息子・冬明を一人で育てるシングルマザーの愛。父親の死後、義母の愛と弟の冬明を見守りながらも、家族という関係に違和感を持つ大学生の楓。
「世界の一部を盗む」想像上の怪物・ジャバウォックを怖れ、学校に行きたがらない冬明に二人は寄り添おうとするが、「紫色の絵具がなくなったんだ。ジャバウォックが盗っちゃったんだよ」と冬明が告げた日から、現実が変容していく。
ジャバウォックの真実を知ったとき、あなたもきっと、その怪物を探し始める――。

家族とは、常識とは何かを問い直す、壮大でまったく新しい傑作小説。