羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

封印再度

封印再度 WHO INSIDE S&Mシリーズ (講談社文庫)

 

今回は犀川先生と萌絵のイチャイチャの間に密室の事件が挟まれている感じがして、散らかっている構成だなと思いました。

ただ、密室としてはかなり惹かれるシチュエーションで真相が気になって仕方なかったです。

状況が複雑で、密室の作り方や犯人像を考えていくのが楽しかったですが、犀川先生と萌絵がイチャイチャしていて、謎が頭に入ってこない笑

 

国枝さんが成長か変化か分からないが、人物像が変わってきていて魅力度が上がってます。

萌絵が調子に乗っているのが目に余るものがありましたが、あの嘘はいかん。

そりゃ、犀川先生も怒るよ。

君は滝に行きなさいは名言すぎて、腹がよじれるかと思いました。

 

ミステリーとしては最後の推理を詰めていくあたりは流石でした。

 

不可解な死と家宝の関係は?
「天地の瓢」「無我の匣」。香山家に伝わる2つの宝と死の秘密とは

50年前、日本画家・香山風采(ふうさい)は息子・林水(りんすい)に家宝「天地の瓢(こひょう)」と「無我の匣」を残して密室の中で謎の死をとげた。不思議な言い伝えのある家宝と風采の死の秘密は、現在にいたるまで誰にも解かれていない。そして今度は、林水が死体となって発見された。2つの死と家宝の謎に人気の犀川・西之園コンビが迫る。