羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

密室黄金時代の殺人 雪の館と六つのトリック

密室黄金時代の殺人 雪の館と六つのトリック (宝島社文庫)

 

作者の趣味全開の作風で、勢いと練られた密室トリックに惹かれました。

これほど、好き勝手に書きながらも読んでいて、嫌な気がせずに作品の世界観に入れました。

密室を解き明かさないことには犯人を突き止められない。結構無茶な設定で、密室殺人が増えている世界で、様々な密室事件とぶつかる主人公・葛白と密室の申し子とも言える才女の密村の推理が魅力的でした。

 

最初の法律を変えた始まりの事件を起こした人物を物語の軸に置くのは勇気あるなと思いました。

また、一つ一つの事件のトリックも冴えていて、解決する時にスカッとしました。文章と図が相まって種明かしでは納得のいく落とし方なのは好印象です。

最後の幕引きは読者に任せるという形で爽やかな余韻が残りました。

 

続くならば、読みたいです。

 

「密室の不解証明は、現場の不在証明と同等の価値がある」との判例により、現場が密室である限りは無罪であることが担保された日本では、密室殺人事件が激増していた。
そんななか著名なミステリー作家が遺したホテル「雪白館」で、密室殺人が起きた。館に通じる唯一の橋が落とされ、孤立した状況で凶行が繰り返される。
現場はいずれも密室、死体の傍らには奇妙なトランプが残されていて――。