羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

卒業

卒業 (講談社文庫)

 

初めて東野圭吾先生の作品を読みました。

青春、学生らしい物語に期待が膨らみましたが、ビターな読み応えでした。

明るい部分はあるが、それ以上に事件の起きたきっかけや理由、犯行動機に関して心が重たくなる背景がありました。

事件が起きた理由や動機に関しては読んでる途中でなんとなく見えましたが、全貌が明らかになると切ない哀愁漂う感覚が残りました。

 

青春、スポーツ、推理、人の抱えている感情。様々な要素が絡み合っていて、読み応えがありました。

それぞれの要素を上手く使っていて、読み終えて振り返るとよく練られていたなと。

 

主人公・加賀の推理するのは魅力でしたが、まだ存在感が薄いかなと。

これから、成長していくのを追いかけたくなりました。

 

 

7人の大学4年生が秋を迎え、就職、恋愛に忙しい季節。
ある日、祥子が自室で死んだ。
部屋は密室、自殺か、他殺か?
心やさしき大学生名探偵・加賀恭一郎は、祥子が残した日記を手掛りに死の謎を追求する。
しかし、第2の事件はさらに異常なものだった。
茶道の作法の中に秘められた殺人ゲームの真相は!?
加賀恭一郎シリーズ