羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

珈琲店タレーランの事件簿 7 悲しみの底に角砂糖を沈めて

珈琲店タレーランの事件簿 7 悲しみの底に角砂糖を沈めて (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

 

久しぶりのタレーランの新刊。

今年で10週年というのは早いなぁと。

自分は1巻の時から追ってないですが、めでたいですね。

今回は短編集で美星さんが安楽椅子探偵の立ち位置なので今までと違った感覚がしました。

静観の立ち位置から、美星さんが謎を抱えているお客様に推理を話すという様美式は悪くないです。

謎に対する考え方で美星さんの感情的になっていたのは印象的でした。

 

1話1話の登場人物と抱えている問題と謎が結びついていて、各話夢中になって読み切ることが出来ました。

謎の背景にある事情は様々で、その人その人が持っている悩みが繊細に描かれているので、謎が解けた後も登場人物の先行きが気になる、良い余韻が残る短編集でした。

 

美星さんの過去話は意外でした。高校生の時の美星さんは今とは違うのは当たり前ですが、新鮮でした。

もっと読みたいとも思いました。

美星さんとアオヤマの絡みが少ないのは意見が分かれそうだなと。

美星さんだけでも物語が魅力的に感じましたが、寂しい気もしました。

 

次巻は長編になりそうなので期待が膨らみます。

 

1巻から読み返したくなりました。

 

全国高校ビブリオバトルの決勝大会にて、プレゼンの順番決めの抽選でトラブルが発生。くじに細工をしたのはいったい誰か。
話を聞いていたバリスタの口から、思わぬ真実が告げられる。(「ビブリオバトルの波乱」)。
ほか、ハワイ旅行をめぐるオカルト譚「ハネムーンの悲劇」、幼少期の何気ない思い出に隠された秘密が暴かれる「ママとかくれんぼ」など、ショート・ショートも含む全7話を収録。

《純喫茶タレーラン》に持ち込まれる7つの謎
ビブリオバトルの波乱」…………抽選箱に細工をしたのはいったい誰?
「歌声は響かない」…………………美星バリスタ、高校時代の推理
「ハネムーンの悲劇」………………行けなかった新婚旅行のお土産の謎
「フレンチプレスといくつかの噓」…別れ話をするカップルそれぞれの秘密
「ママとかくれんぼ」………………幼い頃の思い出に隠された真実
「拒絶しないで」……………………常連客が出した突然の指示の理由とは
「ブルボンポワントゥの奇跡」……あるトラウマを抱えた男性に不審な出来事が…