羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

狼と香辛料 (4)

狼と香辛料IV (電撃文庫)

 

始めから、ロレンスとホロのイチャイチャが入っていたが、すっかり慣れているのがツボでした。互いに内心では落とし所を分かっているのは仲良すぎでは笑

今回は箸休めみたいに感じたが、しっかりトラブルに巻き込まれていた。前巻までが修羅場の連続だったから余裕がある時があっても良いかなと。

旅の寄った街での上手い過ごし方にはなるほどなと。心開いている姿をわざと見せることで、信頼を築く。

ロレンスも中々のやり手だが、ホロが凄いから比べてしまうのは可哀想か。

今回、故郷を捨てて旅に出るか決断が迫られるカップルがいたが、2人の決断と行方には勇気と想いが感じることが出来て良かったです。

 

ホロが故郷に戻る気持ちが揺れていたが、ロレンスの支えで立て直していて、関係が固くなってきたと再確認できた。

 

次巻はどうなる。

 

 

狼神ホロの故郷ヨイツを探すため、北を目指す行商人ロレンス。異教徒の町クメルスンで得た情報をもとに、二人は田舎の村テレオにやってくる。テレオの教会にいる司祭は、異教の神々の話だけを専門に集める修道士の居場所を知っているという。しかし、教会を訪れたロレンスとホロを出迎えたのは、無愛想な少女エルサだった。さらにそこで、ロレンスたちは村存続の危機に巻き込まれてしまう。二人はヨイツへの手がかりをつかみ、無事に村を出立できるのか…。話題の異色ファンタジー、第12回電撃小説大賞「銀賞」受賞作第4弾。