羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

ワンダフル・ライフ

ワンダフル・ライフ

 

家族介護、夫婦関係、不倫関係、障害を持った人と持ってない人の距離、様々なテーマで語り手を変えて展開していく。

どの視点も重たくのしかかる現実が描かれていて、実際起こり得る問題なので、登場人物が悩み苦しむように、読んでいるこっちも痛みを受ける小説でした。

だけど、描かれているものから逃げてはいけない。

そんなふうに感じました。

 

目次から薄々察していたが、読んでいてこう繋がるんじゃないかと予想出来た。名前の出し方や時系列、結末に至るまでにヒントは出されていた。

しかし、それでも各パートの結末にはぐいぐい引っ張られました。

読み終えたら、また初めから読み返したくなる構成でした。

 

社会、人の集団心理、福祉、様々な歪みと直面してもがく登場人物達を追いかけるのが止まりませんでした。

 

事故で重度の障害を負った妻(49)を自宅で介護している「わたし」(50)。なんのために、こんなにも自由のない生活を続けているのか……「わたし」の物語と、さまざまな悩みを抱える男女の物語が絡み合い、繋がるとき、慟哭の真実が明かされる――