羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

放課後 文庫

放課後 (講談社文庫)

 

東野圭吾先生のデビュー作を読みました。

 

学校で起こる殺人。しかも密室。構えながら読んでいて終盤のある部分まで読めば犯人にたどり着きました。トリックは半分くらいですけど。

わりとフェアなミステリーになっていて好印象でした。

大胆なトリックでしたが、犯人を隠すのが上手いです。

 

主人公・前島が狙われているという序盤からの伏線がそう化けるのかと驚きました。

 

青春であり、人間の感情を追っていて、読み応えありました。

犯人の動機はそこまでいってしまうのかと。

被害者には同情出来ない事実がありました。

 

最後の幕引きは悲しみがありつつ、仕方ないのかもしれない。

 

個人的に大谷刑事が好きだったので、この後どうなったのか気になります。笑

 

 

登場人物の描き方も作風に沿っていて、良かったなと。

 

校内の更衣室で生徒指導の教師が青酸中毒で死んでいた。先生を2人だけの旅行に誘う問題児、頭脳明晰の美少女・剣道部の主将、先生をナンパするアーチェリー部の主将――犯人候補は続々登場する。そして、運動会の仮装行列で第2の殺人が……。乱歩賞受賞の青春推理。