羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

天久鷹央の推理カルテ

天久鷹央の推理カルテ(新潮文庫nex)

 

数年ぶりに再読。

鷹央先生のキャラ立ちが強烈。

最初読んだときはあまり、良さを理解出来なかったが今は傍若無人の中にある医療者としての誇りや微かな人間らしさに魅力を感じます。

小鳥遊との凸凹コンビは好きです。

小鳥遊も鷹央先生の無茶振りに答え続けるあたり、関係性を気に入ってるんだろうな笑

小鳥呼びが病院内に広がっていくのは可哀想だが。

 

最初はキャラ紹介を兼ねたミステリー、といった感じだけど、中盤から終盤にかけての話はミステリーと医療がよく絡み合っていて、真相が気になるようになっていました。

最後の事件の真実はよく気づいたなと。主役2人のコンビが魅力的です。

 

 

統括診断部。天医会総合病院に設立されたこの特別部門には、各科で「診断困難」と判断された患者が集められる。河童に会った、と語る少年。人魂を見た、と怯える看護師。突然赤ちゃんを身籠った、と叫ぶ女子高生。だが、そんな摩訶不思議な“事件”には思いもよらぬ“病”が隠されていた…?頭脳明晰、博覧強記の天才女医・天久鷹央が解き明かす新感覚メディカル・ミステリー。