羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

薫る花は凛と咲く(2)

薫る花は凛と咲く(2) (マガジンポケットコミックス)

 

やっぱりこの作品好きだな。

紬と薫子の間にある壁は学校同士の対立だけでなく、友人達への説明もあるのだな。

今回は紬、薫子、2人の周りの友人達にもスポットが当たっていて、友人達も変わり始めている紬と薫子が気になる。周りからみた紬と薫子の良さにはハッとさせられました。友人達も物語に絡んでくるのが素敵でした。

 

薫子の友人・昴が薫子を心配しすぎるあまり行き過ぎてしまう。紬は薫子の友人である昴にも誠実に対応していくのは男前だな。

昴も紬の本心を知って、薫子の想いを知って、凍っていた気持ちが溶けていくようすはたまらなく良い。

 

次は紬の友人達か。

 

困難な恋愛になりそうだが、紬と薫子の恋を応援したくなります。

 

それにしても、この作品は大切なシーンでのキャラクターの表情が素晴らしい。

繊細なキャラクター達の心境の揺れをよく表現しています。

 

 

お嬢様校・桔梗女子に通う和栗薫子と出会った、底辺男子校・千鳥高校の紬 凛太郎。強面で物静か。ゆえに周りから怖がられている凛太郎は、自分に対してまっすぐ関わってくる薫子に初めは困惑するも、次第に心を開き始めてゆく。けれど、距離が縮まる二人の関係とは裏腹に、隣接する二校の溝は未だ深いまま。そしてある日、徹底して千鳥を嫌う薫子の友人・保科 昴が凛太郎を呼び止め……!?