羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編7

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編7 (MF文庫J)

 

文化祭。

長谷部の復讐、龍園の裏切り、動こうとしない櫛田、様々な障害がありつつ、クラスのメイド喫茶を成功に導くために様々な手を打つ清隆が流石。

長谷部の復讐に関しては地味だけど、効くやり方。しかし、対処の伏線は予想出来たが、心に来るものがあった。

龍園の裏切りに関しては、してやられました。

1番意外だったのは櫛田についてで。

どう扱うのか気になっていたが、そうなったかという驚きがあり、上手くいったな。

性格はアレだが、能力はあるからな…

 

表紙のBクラスの2人に関しては今後が気になるアプローチをしていて、個人的に神崎が一之瀬クラスの同調圧力に立ち向かっていくのか期待しているので、掘り下げられるのを楽しみにしてます。

 

文化祭の成功だけでなく、清隆に歯向かう敵を相手をせずとも排除してみせるのは、痺れる。

他のクラスや南雲会長にも目を向けていて、今後に向けての伏線も巻いていた。

 

最終的に全ては清隆の思い通り。だからこそ、清隆の本意が気になる。

一之瀬クラスに熱を入れそうなあたり、清隆は一之瀬クラスに移るのかな。

 

 

「下手に口外しない人物だとおまえくらいしか浮かばなかった」

体育祭が終わり、高度育成高校初の文化祭が迫っていた。クラスに壁を作る長谷部や三宅、そして高円寺のような非協力的な生徒がいつつも、メイド喫茶の準備を秘密裏ながらも着々と進める綾小路たち。だが龍園はその動きを見逃さず堀北クラスとの協力契約を突如破棄。龍園クラスもまたコンセプトカフェの開催を宣言、さらに売上での一騎打ちを要求する。
一方、Aクラスへの可能性を失った自クラスに失望した神崎、そして綾小路に対決を反故にされ様子の変わった南雲生徒会長。2人に綾小路が自ら働きかけを始め――!? 「南雲生徒会長に提案があります。今度はオレから生徒会長へ勝負の提案をさせてもらえないでしょうか」