羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

スパイ教室08 《草原》のサラ

スパイ教室08 《草原》のサラ (富士見ファンタジア文庫)

 

灯チームが絶対絶命。

これまでとは違うスリルがありました。

クラウスは動けず。大半のメンバーも動けない。そんな中で奮闘していく様子は目が離せなくて、最後の最後までハラハラしました。

 

白蜘蛛の狡猾な罠を掻い潜った秘策にはその手があったかと唸りました。

騙される快感がありました。

白蜘蛛の弱いからこその動きはいやらしかった。

中々の強敵でした。

 

今回、スポットが当たったサラの凡人で優しい性格であるがゆえのスパイとしての生き方は今後が楽しみでした。

 

次巻からどう展開するのか気になります。

 

 

落ちこぼれの少女が、スパイの世界で生きる理由。

『蛇』の悪夢は続く。謀略の果て、CIM内の裏切者を暴き出した『灯』。だが、その代償はあまりにも大きく、チームは半壊、モニカも一人全ての罪を被り安否不明に。絶望的状況に誰もが諦めを抱いたとき、『灯』の落ちこぼれ――サラが声を上げた。
仲間たちを救う唯一の方法は、全ての元凶である宿敵『白蜘蛛』を捕えること。無謀と知りつつもリリィ・ジビアとともに奔走するサラの元に、ある情報がもたらされる。それは、壊滅したはずのスパイチーム『鳳』が蘇ったというもので……。
『自分は、仲間を誰一人として死なせないスパイになるんです』
戦う理由は見つかった。今、最弱の少女の逆襲が始まる――。