羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

ホテルジューシー

ホテルジューシー (角川文庫)

 

真面目で働き者の主人公・ヒロが沖縄で一夏を過ごしていく。

沖縄の緩い雰囲気に戸惑いながらも、馴染んでいこうとする姿勢は良かったです。

 

働くうちに、自由な同僚に振り回されたり、迷惑な客に出会ったり、見捨てられない人を見つけたり、人の悪い部分を見たり、見逃せないことを知ったり、濃い日常を過ごしているのが分かる。波瀾万丈なバイト生活だったが、最初と比べれば、確かな成長を遂げていくのかが分かる。

辛いこと、良いこと、経験を糧にしていくのは大事なこと。

 

結局のところ、人はそれぞれの尺度で生きていて、介入するものではないのが大人だが、ヒロはまだ知らないことがたくさんあるが、人を見捨てないのは良いことだ。

 

緩い雰囲気とピリッと締めるところ、メリハリが効いていて、ハッとさせられる場面が多々ありました。

 

大家族の長女に生まれた天下無敵のしっかり娘ヒロちゃん。ところがバイトにやってきた那覇のゲストハウス・ホテルジューシーはいつもと相当勝手が違う。昼夜二重人格のオーナー(代理)や、沖縄的テーゲー(アバウト)を体現するような双子の老ハウスキーパーなど規格外の職場仲間、さらにはワケありのお客さんたちにも翻弄されながら、ヒロちゃんの夏は過ぎてゆく―南風が運ぶ青春成長ミステリ、待望の文庫化。