羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

臨床探偵と消えた脳病変

臨床探偵と消えた脳病変 (創元推理文庫)

 

粒揃いの短編集でした。

各話の構成が素晴らしくて、物語に入って、出るときまで計算されているようでした。

表題作はミステリーズ新人賞で何度か読んでますが、それでも味わえる奥深さがありますね。

表題作以外も良かったです。

 

医療ミステリーですが、良い感じに重たさがあって話の締めくくりが後に残る感じがします。

解説が米澤穂信先生なのも納得。

 

各話に登場する医師を見ていると病気と向き合うためには原因となることを考え続ける誠実さが必要なんだなと。また、探偵役の西丸さんの存在が良かったです。

病気だけでなく、患者自身も見るのは素晴らしい。

 

医科大学の脳外科臨床講義初日、初老の講師は意外な課題を学生たちに投げかけた。患者の脳にあった病変が消えてしまった、その理由は? 正解者には今期の試験においてプラス50点を進呈する、というのだ。一向に正解にたどり着けない中、西丸豊という学生ただ一人だけが意外な真相を導き出す――。選考委員が絶賛した第11回ミステリーズ! 新人賞受賞作「消えた脳病変」他、臨床医師として活躍する後の西丸の姿を描いた連作ミステリ集。現役医師がソリッドな謎解きで贈る、“臨床探偵"西丸豊の推理。『片翼の折鶴』改題文庫化。