羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

付き添うひと

付き添うひと

 

最高でした。

最近、岩井先生作品が好きなので新作を楽しみにしていましたが、非常に満足度が高いです。

岩井先生の作品でスポットが当たる職業がメジャーどころではないのが良いなと再確認出来る作品でした。弁護士は弁護士でも、少年犯罪を取り扱う付添人という職業を扱っていて、子供達とその友人、家族の距離感や問題を描いていて、各話に登場する悩める人達の心からの叫びを大切にしているのが印象的でした。

 

主人公・オボロが、子供やその子の周りにいる人にこれからの人生に希望を持てるように接しているのが非常に良い。

苦しみながら生きている人が助けを求めていて、どういうことに苦しんでいるのか、どうなりたいのか、内に秘めている気持ちを引き出していく。そうして、最後には現実と向き合って、気持ち晴れやかに歩いていく姿を見ると安心します。

話を超えて、問題を抱えていた人達がどうなったかという後日談も挟まれているので、良かったねと成長を感じられるのは素敵です。

 

作品全体的に救う側だったオボロが、助けを求める人を助けていくうちに、オボロ自身も救われるの良い締めくくりだったなと。

 

出版界で大注目の新鋭・岩井圭也が、子どもたちを取り巻く現状と未来を描き出す、感動のヒューマンドラマ。


僕は、あの頃の僕を救えているだろうか。


過去の経験を通して、付添人(少年犯罪において弁護人の役割を担う人)の仕事に就いたオボロ。彼に舞い込む依頼の先では、簡単には心を開かない、声を上げる方法すら分からない子どもたちが、心の叫びを胸に押し込め生き延びていた。オボロは、彼らの心に向き合い寄り添う中で、彼らとともに人生を模索していく――。