羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

沈黙のパレード

沈黙のパレード (文春文庫 ひ 13-13)

 

映画観てから読んだので、結末を知っていたが、悪質な犯罪者に苦しめられた人達の必死な願いは簡単には切り捨てられるものではないなと。

映画と比べると場面転換が急でまとまりが悪いかなと思いましたが、様々な登場人物の掘り下げがされているので読めて良かったです。

蓮沼の黙秘権の行使は悪質で、彼を憎む人々の苦しみは計り知れず、警察や検察が裁きを下せないなら…と私刑に走るのは悲しいけど、感情的になってしまうのは仕方がないのかもな。

ただ、警察が意地を見せて、蓮沼の行いを解き明かすことが出来るようでホッとしました。

 

映画とは違った印象を受けるので、映画観て気になったら原作も読むといいでしょう。

 

静岡のゴミ屋敷の焼け跡から、3年前に東京で失踪した若い女性の遺体が見つかった。逮捕されたのは、23年前の少女殺害事件で草薙が逮捕し、無罪となった男。だが今回も証拠不十分で釈放されてしまう。町のパレード当日、その男が殺された――

容疑者は女性を愛した普通の人々。彼らの“沈黙”に、天才物理学者・湯川が挑む!


ガリレオvs.善良な市民たち

“容疑者X”はひとりじゃない。