羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

また、同じ夢を見ていた

また、同じ夢を見ていた (双葉文庫)

 

独特の雰囲気が魅力でした。

何度読んでも心に沁みる良さがありますね。

子供だが、大人びた主人公・奈ノ花がゆっくり成長していく様子を描いている。

確かに周囲より、精神の成長は早いが他の部分はまだ未熟。

奈ノ花が自分と周囲に距離を置いていたが、様々なコミュニケーション不足から自分が大切なものを見つけていないことに気づき、変わっていく様子は素直で眩しかった。

頭が良い子ほど苦しむのは確か。

しかし、決して自分には非がないのか考えなければならない。

 

奈ノ花が変わっていく過程に出会う人達の設定がまた効いてくる。

その人達も奈ノ花に助言をして、また奈ノ花も大切なものを伝えている。

タイトルの回収が素敵です。

 

読み終えると勇気と希望が湧いてきます。

 

「人生とは和風の朝ごはんみたいなものなのよ」小柳奈ノ花は「人生とは~」が口癖のちょっとおませな女の子。ある日、彼女は草むらで一匹の猫に出会う。そしてその出会いは、とても格好いい“アバズレさん”、手首に傷がある“南さん”といった、様々な過去を持つ女性たちとの不思議な出会いに繋がっていき―。大ベストセラー青春小説『君の膵臓をたべたい』の住野よるが贈る、幸せを探す物語。