羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

#塚森裕太がログアウトしたら

#塚森裕太がログアウトしたら (幻冬舎文庫 あ 79-1)

読んでいて、胸が詰まる思いでした。

タイトルと作品のテーマに惹かれて読みましたが、性にまつわることから始まり、個人の問題に踏み込むのが魅力的でした。

主人公・塚森裕太が同姓愛者だと周囲にカミングアウトし、様々な人に影響を与えていく。

苦しむ人達の葛藤を密に描いているから、読んでいて寄り添いたくなる。苦しみから抜け出していく、跳ねる瞬間というのが非常に美しく思いました。

 

様々な視点から見る塚森裕太と実際の塚森裕太は乖離していて、タイトル回収する最後は天晴れでした。

誰だって仮面を持っているが、仮面が素を上回ると苦しい。

ログアウトした結果、様々な痛みが伴ったが、見える景色が変わったのは良かったのだろう。

救いで締められていたのは安心しました。

 

高三のバスケ部エース・塚森裕太が突然「ゲイ」だとSNSでカミングアウトした。騒然とするも反応は好意的。しかし同じ学校の隠れゲイの少年、娘をレズビアンだと疑う男性教師、塚森ファンの女子高生、塚森を崇拝する後輩は、彼の告白に苦しみ、葛藤する。それは「本当の自分」になるはずだった塚森も同じだった──。痛みと希望の青春群像劇。