羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

継母の連れ子が元カノだった4 ファースト・キスが布告する

継母の連れ子が元カノだった4 ファースト・キスが布告する (角川スニーカー文庫)


絶好調のラブコメ。波乱な展開へ。

(あらすじ)

親の再婚できょうだいになった水斗と結女は、元恋人同士。 
“家族”らしさも板についてきた二人だが、ときおりあの頃の思い出が蘇り、やっぱりお互いが気になる日々で――。 
そんな夏休みも半ば、伊理戸一家は父方の実家に帰省する。 
「水斗くんじゃ~ん!! ひっさしぶりぃーっ!!」 
水斗をハグで出迎えたのは、親戚の清楚風陽キャお姉さん・種里円香。 
なぜか彼女には従順な水斗に、結女は察する――この人、水斗の初恋相手!? 
昔の恋は振り切って、今の関係――“きょうだい”を受け入れたはずの元カレと元カノに、未練が渦巻く三度目の夏祭りが訪れる。 
結女の決断に元カップルが大いに揺れ動く、夏休み帰省編!


夏休みに帰省することになり、水斗の初恋相手?疑惑の新キャラ円香さんが良くも悪くも話を進めてくれた。

今まで、元カレ、元カノの関係に縛られていたが、その関係がいつまでも続かないと思わされたり、水斗の生い立ちを知り、自身の中に眠っていた感情と向き合うことに。

付き合っていた頃に残した後悔など、全ての気持ちをひっくるめて出した決意には驚きましたし、そこに至るまでの葛藤が伝わってくる心理描写に迫力がありました。

抑えきれなくなった、結女の気持ちと水斗はどう向き合うのか。

次は水斗が腹を括る番ですね。


円香さんの弟・竹真くんの気持ちを弄んだ結女は罪深いですね笑 あんな接し方されたら落ちるに決まってるでしょう。強く生きるんだ竹真くん。


水斗は元から冷静だったわけではなく、冷静にならざるを得ない環境にいたから、今があるのか。

また、水斗の初恋相手語りには悶えるしかなかったです。是非読んで欲しい。


川波と暁月はなんだかんだでお似合いなんで、ゆっくりと変わっていってほしいです。


いさなに関しては結女の決意を知った後に考えると、可哀想になってしまうな。揉めなきゃ良いけど、どうだろうな。



さて、これから水斗と結女はどうなっていくのか。ドラマCDと話の続きを楽しみにしています。

2020年 7本目 映画 弥生、三月 君を愛した30年

先日観てきました。

成田凌さん、波留さんが主演の弥生、三月。

三月という別れと新たな出会いを予期する月を軸に30年間すれ違い続けた男女の恋愛について、深掘りした作品でした。


高校生から大人になるまでに様々な困難に当たったり、揺れる心を見せていて、見終わった後はどっと来ましたが。見応えのあるストーリーでした。


大人になって、どこに行けば分からなくなったときに高校時代の友人の「変わらないで」というメッセージを受け取ったら辛い。

ただ、そのメッセージを正面から受け止めて、走る最後は素敵でした。


変化と成長はするけど、根っこのところは変わってない主役2人にはほっとしました。


主役辺りのキャストの演技がずば抜けて良かったです。


人ってつくづくタイミングが大事なんだよな。と思いました。


映画サイト

https://yayoi-movie.jp/sp/index.html



f:id:WING31:20200331210708j:plain


2020年4月 購入予定&気になる作品

4月はファンタジア文庫ガガガ文庫の刊行数が読者を殺しにきてますね。買う作品が多くて断念する恐れがあるので、出来ればばらけて欲しかった… もったいない。

ただ、楽しめる作品が多そうなので嬉しいという気持ちもあります。

中でも期待している新作、新刊を紹介していこうと思います。そして、月のリストを書いてます。


新作ではGA文庫でもデビューした小林湖底先生が電撃文庫でも作品を出す作品、望公太先生の年の差1歳差のラブコメ作品、MF文庫の鬼畜先生の博愛教育、ファミ通の壱日千次先生の新作などが特に気になります。その他にも色々あります。


・期待している新作

少女が願うに、この世界は壊すべき

きみって私のこと好きなんでしょ?

育ちざかりの教え子が、やけにエモい

きのうの春で、君を待つ

嘘嘘嘘、でも愛している

鬼畜先生の博愛教育

底辺領主の勘違い英雄譚1

朝日奈さんクエス







きのうの春で、君を待つ (ガガガ文庫)

きのうの春で、君を待つ (ガガガ文庫)

  • 作者:八目 迷
  • 発売日: 2020/04/17
  • メディア: 文庫


嘘嘘嘘、でも愛してる (ファンタジア文庫)

嘘嘘嘘、でも愛してる (ファンタジア文庫)


鬼畜先生の博愛教育 (MF文庫J)

鬼畜先生の博愛教育 (MF文庫J)





新刊ではシリーズとして安定している作品やこれからに期待出来る作品の続巻が多数出ることになっていて、読まざるを得ない。嬉しい悲鳴とはこのことか。

挙げている作品全てが楽しみすぎます。


・期待している新刊

 継母の連れ子が元カノだった4

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件2

クラスメイトが使い魔になりまして3

弱キャラ友崎くんLV.8.5

千歳くんはラムネ瓶の中3

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

アンソロジー3 結衣side

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

アンソロジー4 オールスターズ

スパイ教室02

1LDK、そして2JK2

小説の神様 アンソロジー

神童勇者とメイドおねえさん4

探偵はもう、死んでいる。3












千歳くんはラムネ瓶のなか (3) (ガガガ文庫)

千歳くんはラムネ瓶のなか (3) (ガガガ文庫)

  • 作者:裕夢
  • 発売日: 2020/04/17
  • メディア: 文庫







神童勇者とメイドおねえさん4 (MF文庫J)

神童勇者とメイドおねえさん4 (MF文庫J)

  • 作者:望 公太
  • 発売日: 2020/04/25
  • メディア: 文庫





 4月1日

角川スニーカー文庫

継母の連れ子が元カノだった4

 

4月10日

電撃文庫

少女が願うに、この世界は壊すべき

オーバーライト

 ・裏少年サンデーコミックス

ダンベル何キロ持てる?9


4月14日

GA文庫

きみって私のこと好きなんでしょ?

凄くモテる後輩が絡んでくるが、俺は絶対絆されない

カノジョの妹とキスをした。

中古でも恋がしたい13

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件2

 

4月16日

ハヤカワ文庫JA

読書嫌いのための図書室案内

 

4月17日

ガガガ文庫

クラスメイトが使い魔になりまして3

弱キャラ友崎くんLV.8.5

育ちざかりの教え子が、やけにエモい

千歳くんはラムネ瓶の中3

きのうの春で、君を待つ

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

アンソロジー3 結衣side

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

アンソロジー4 オールスターズ

ファンタジア文庫

嘘嘘嘘、でも愛している

世界一かんたんなヒロインの攻略のしかた

スパイ教室02

1LDK、そして2JK2

 ・ヤングジャンプコミックス

かぐや様は告らせたい18

 ・講談社コミックス

五等分の花嫁14


4月20日

講談社タイガ

小説の神様 アンソロジー

水曜日が消えた


4月21日

東京創元社

永遠の夏をあとに


4月22日

・4コマKingsぱれっとコミックス

だんちがい9

 ・ガンガンコミックスJOKER

弱キャラ友崎くんLV.3


4月25日

・MF文庫

鬼畜先生の博愛教育

神童勇者とメイドおねえさん4

探偵はもう、死んでいる。3

オーバーラップ文庫

底辺領主の勘違い英雄譚1

 

 4月30日

ファミ通文庫

朝日奈さんクエス

 


 

生徒会探偵キリカ3

生徒会探偵キリカ3 (講談社ラノベ文庫)


夏休みだ!水着回

(あらすじ)

生徒数8000人超の巨大学園を牛耳る生徒会で書記として働き始めた僕。やってきた高校最初の夏休みは遊びやイベントでいっぱい……では全然なく、いつものように生徒会室で変人ぞろいの女たちにいじくられながら、舞い込むトラブルをさばく日々だった。暴走気味の風紀委員長とはカンニング疑惑を巡って真っ向勝負で正義を戦わせ、夏といえばプール! の水泳対決では副会長の美園先輩の腹黒さとナイスバディが炸裂? 《生徒会探偵》キリカも諸般の事情でついに水着に! 色々と真っ盛りのハイテンション学園ラブコメ・ミステリ、第3弾


夏休みの中の話なので、全体的に軽めでした。

カンニングだけどカンニングじゃない。

・大量の水着がプールに浮かんでる

・生徒会旧メンバー集合


カンニング事件はなんでこんなこと起こすのかというのとその胸の中にある感情が覗けて、良い話だった。

水着の事件は事件そのものよりもひかげとキリカの関係が変わってきているのと、キリカが本心を晒していたのが可愛かったです。

生徒会の旧メンバーの真央さんが帰ってきて、全員集合したときは、何て面子なんだろうと思ったが、過去の話。ひかげと美園先輩が眩しく見てしまうのは仕方ない。その時の美園先輩が真面目で、印象に残る会話でした。


そして、最後に真央がひかげの本心を突いて終わったので、これからどうなるのか楽しみです。


ひかげの野望は遂げられるのか。

海棠弁護士の事件記録 消えた絵画と死者の声

海棠弁護士の事件記録 消えた絵画と死者の声 (角川文庫)


ひねくれ弁護士と天才少女の2人が事件を追っていくというだけで期待してしまいます。

(あらすじ)

しがない法律事務所を営む海棠忍は、小さな依頼に振り回されてばかり。目下の悩みは、自らが後見人をつとめる15歳の少女、黒澤瑞葉。ずば抜けて聡明なのだが、事務所に入り浸って事件に首を突っ込もうとするのだ。ある日、小学6年生の杉浦涼太が事務所を訪れる。3年前に事故死した祖父から譲り受けるはずだった絵画が、何者かの手によって奪われたらしいと言うのだが―?熱意を失った弁護士と天才少女が事件に挑む!第5回角川文庫キャラクター小説大賞“大賞”受賞作。


読み始めていき、文章が丁寧でかつ読みやすいし頭に入ってくるので、あっという間に作品から離れられなくなります。

随所に法律の説明が挟まってるんですが、物語の流れを止めずに分かりやすいので為になりました。


熱意が冷めてしまった弁護士・海棠とミステリ好きの後見人・瑞葉が言い合いになったり、時にすれ違いながらも依頼の奥に潜む真実を探り当てるというもの。

海棠がなんだかんだで面倒見が良いのもあるが、瑞葉の奔放的な性格を受け入れているのが良い関係だなと。

ただ、最後のけじめは必要だ笑


海棠が冷めてしまった理由は何となく分かりますが、瑞葉についてはまだ底が見えないので、これから明かされるんだろう。


ミステリーとしても伏線はあり、地に足着いた構成だと思いました。

死者の声が無事に届いて良かったです。

しかし、瑞葉の真実を追求するスタイルはどこかで痛い目に合うようにしか思えない。海棠がしっかり見張っとかないと。


キャラクター、ストーリー、共に魅力的で、楽しみなシリーズになっていきそうです。


次はどんな謎が来るのかな。

できない男

できない男


社会人になって、数年。悩みを抱えているからか、このパッケージに強く引き寄せられました。

(あらすじ)

地方の広告制作会社で働くデザイナー、芳野荘介28歳。 
年齢=恋人いない歴で、仕事も中途半端な自分に行き詰まっている「できない男」。 
ある時、地元の夜越町と大手食品会社ローゼンブルクフードが農業テーマパーク「アグリフォレストよごえ」プロジェクトを立ち上げる。 
荘介の憧れの超一流クリエイター、南波仁志率いるOFFICE NUMBERが取り仕切る「アグリフォレストよごえ」のブランディングチームに、地元デザイナー枠として、突然放り込まれることに。 
南波の右腕としてブランディング事業の現場担当を務めるアートディレクター河合裕紀、33歳。 
彼女に二股をかけられていた者同士で意気投合した、イタリアンレストランオーナー賀川と遊ぶのが唯一の息抜きになっている。 
仕事は超有能で、様々な女性と“親善試合”を繰り返しているけれど、河合もまた、独立や結婚など、その先の人生へと踏み出す覚悟が「できない男」だった。 
山と田圃しかない夜越町で出会った、対照的な二人の「できない男」。それぞれが抱えるダメさと格闘しながら、互いに成長していく姿が最高に愛おしい、大人による大人のための青春小説。 


本当に良かった!

大人になることで生まれた不自由な感情をよく表していて、興味深かったです。

主人公は2人いて、共にできない男ということで、抱えている悩みは違うけど目指したい道は近いのが良いコンセプトだったのではないか。


仕事、恋愛、自身の気持ちとどう向き合っていくのか、大人に向けたメッセージというのが強くありました。

話の全体を通して、社会人になっている人には思い当たるところが多かった。

読んでいてこれは…と立ち止まる部分が多くて、痛みなしには読めないです。

だが、その痛みが人として成長出来る要因になっていて、読み終えた後には晴れ晴れとした気持ちになりました。


芳野、河合が掴んだ。いや、未来に踏み出した瞬間には拍手を送りたくなること間違いなしです!


社会人は読んで、痛みを乗り越えていこう!

29とJK7 〜さらば、情景〜

29とJK7 ~さらば、憧憬~ (GA文庫)


憧れる鋭二に追いつこうとする、花恋と渡良瀬に落とし穴が待っていた…

(あらすじ)

「お前、ラノベの編集者をなんだと思ってたんだよ」「ヤクザ」多数の企業が参画するコラボレーション企画「お仕事小説コンテスト」に応募した花恋に受賞の連絡がきた。プロデビューに喜ぶ花恋と鋭二。だが「編集との改稿作業」というプロの洗礼が待ち受けていた。一方、渡良瀬の発案による合同センターのコンテスト参画も発表され、世間の注目を大いに集めていた。事態の進捗にかすかな違和感を覚える鋭二に、幼なじみの沙樹は語る。「あたしも挫折してたのよ。編集者として」“禁断の”年の差ラブコメ第7弾!


前巻から不信感が付き纏っていた御旗の本質が露わになり、花恋と渡良瀬の希望を摘み取ることに。

今までは社内での争いだっただけに未知な敵だったが故に油断したな。

鋭二が憧れていた人物だったというのと、あくまで様子を見ようとする姿勢だっただけに強く出られずにいた。


ただ、もう我慢しなくていい。

教え子2人がコケにされて、黙っているのは槍羽鋭二のやり方ではない。

徹底的に御旗を後悔させてほしい。

憧れにさようなら。


また、沙樹の編集者時代の話や鋭二や花恋が憧れていた作家の背景などは読んでて苦しくて、どこまでが事実なんだろうと思った。外からでは分からない苦悩があったんだろう。

城尾さんの策は生々しくて、これで落ちないのは難しいでしょう笑

真織は鋭二と花恋の尻叩き担当がはまってました。良い関係です。


花恋と渡良瀬は辛い経験だっただろうが、これを機会に更に成長していってほしいですね。



次巻で最終巻。

どんな結末になるのか。

期待です!