羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

永遠についての証明 文庫

タイトル、表紙、帯、あらすじから気になって読みましたが、グサグサ心に槍を突き刺してくる感じがして、貴重な読書体験が出来ました。 自分は数学が好きではない。そんな自分でも数学の理論を追い求めていく主人公・瞭司の孤独で天才的な生き方、考えに引…

早朝始発の殺風景 文庫

青崎有吾先生の作品にハマって、初めて単行本で買った作品なのと内容が素晴らしいので思い入れのある作品です。 文庫書き足しがないですが、表紙が単行本の時と違い、惹かれました。 改めて読み返しても素晴らしい青春ミステリーでより好きになりました。 …

花は咲く、修羅の如く 1

響けユーフォニアムでデビューして、様々な青春作品を描いている武田彩乃先生が原作ならば読むしかない。 舞台は小さな島と学校。 主人公・花奈が朗読が好きだが、環境や考え方に縛られて好きな朗読に打ち込むことが難しかったが、学校の先輩である瑞希が強…

純白令嬢の諜報員 改編1.侯爵家変革期

冷酷な諜報員でも好きな小説がある。しかしその小説の最終巻は無慈悲なもので、それを認めない諜報員,ラプターは死に際にも強く願う。その願いが叶い、好きな小説の世界に入ることに。 設定からして気になって読んでみましたが、主人公のラプターの冷たい…

2021年 下半期 おすすめの新作キャラ・ライト文芸9作品 新刊キャラ・ライト文芸6選

昨年、2021年下半期に読んだキャラ・ライト、文芸作品で新作、新刊に分けて読んだ本の中で特に勧めたい作品を紹介していきます。 新作では。 水野瀬高校放送部の四つの声 (ハヤカワ文庫JA) 作者:青谷 真未 早川書房 Amazon 表紙の4人が主人公で、それぞれが…

弱キャラ友崎くん (Lv.10)

約1年振りの新刊。 そういえば、出てなかったと。 日南の固く閉じられた心を開けられるのか。友崎は悩む。 日南の友崎に指導していた背景や日々の過ごし方を友崎は知り、どうしたら、断絶された日南の心を知れるのか迷う。 友崎は自分が日南の事を理解してい…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 16

最初からベルに好意を持っていたシルの秘密が明らかになる。 大方予想通りの秘密ではあったが、シルの気持ちが切ない。 どれだけ、好いていても契約に縛られて、ベルは他の人を見ている。報われないのは分かっていても、好きを伝えようとするシルに胸が締め…

ある魔女が死ぬまで -終わりの言葉と始まりの涙-

まず、見習い魔女のメグが師匠のファウストから余命宣告を受ける。 呪いによるもので、その呪いを解くためには人の嬉し涙を集めなければならない。 この設定だけで先が気になって仕方がない。 嬉し涙は簡単に流れるものではないし、ノルマも遥か遠い。そん…

税金で買った本(1)

図書館が舞台で、図書館の豆知識がありながらも硬くならずにユーモア溢れる作品でした。 主人公・平石は見た目が派手だけど知識を増やしていくことに喜びを感じるので彼の変化を見ているのが楽しいです。 図書館で仕事と利用者、未知のことに触れて、心変わ…

天才王子の赤字国家再生術11~そうだ、売国しよう

帝位争奪戦が遂に決着。長く続いていたから、ようやくかというところだが、争う候補達の競い合いが激しかったから仕方なし。 巻数重ねてきたからこそ、決着に至るのが感慨深いです。 ウェイン、ニニムの学友達が時代を利用して、自分の方が上だと戦うのは良…

彼方のアイドル 文庫

魔女がとけたあともからタイトル変えて文庫化。 奥田先生の作品の中ではおとなしい雰囲気の作風でしたが、どの話も読み終えると肩の荷が降りるようなスッキリ感がありました。 この作者の文章、物語のテーマは人の心の痛みやそこからどうなっていくのかを親…

BEASTARS VOL.12

リズとの戦いでレゴシがルイの足を食べたのは仕方ないとはいえ、罪なこと。 そこをしっかり見せるから、肉食と草食が住む世界に説得力が生まれる。 レゴシが学校を辞めるという決断をあっさり行えるくらい、大人に近づいているのだなと。 損得では損かもし…

2021年 下半期 おすすめの新作ミステリー7選 新刊ミステリー10選

昨年、2021年下半期に読んだミステリー作品で新作、新刊に分けて読んだ本の中で特に勧めたい作品を紹介していきます。 まずは新作から。 Butterfly World 最後の六日間 作者:岡崎 琢磨 双葉社 Amazon ミステリーとして霧に包まれたような起こる筈がない謎の…

封印再度

今回は犀川先生と萌絵のイチャイチャの間に密室の事件が挟まれている感じがして、散らかっている構成だなと思いました。 ただ、密室としてはかなり惹かれるシチュエーションで真相が気になって仕方なかったです。 状況が複雑で、密室の作り方や犯人像を考え…

僕と先生 文庫

日常とミステリーの配分が絶妙で、日常の謎として読みやすいし謎にも頭を使うので読み応えがあります。 明るい物語と見せかけて、裏に潜む問題は割と重い内容なのは、上手いですね。 怪盗が登場するが、キャラクター性は良いが考え方ややっていることを軽く…

名探偵に甘美なる死を

特殊設定ミステリーとして、何構造にも重なりあっていて、真の結末までたどり着くまでの道のりが非常に困難なものになっていました。 だが、その中身はフェアなミステリーで頭を働かせて読み進めていくのに夢中になれました。 現実とVRゲーム空間を行き来し…

ブルーピリオド 6

遂に2次試験。 目指していた藝大合格目前で八虎の身体が悲鳴をあげる。 今まで努力で足りないものを補ってきたが、限界が違う来てしまった。 肉体的にも精神的にも諦めそうな状況でも踏ん張って、絵について考えを巡らせている八虎に驚きました。 また、絵…

正欲

内容が精神に影響しそうで、迷ってましたが読みました。 見事に精神がすり減りました笑 今、多様性というのが重要になってきている世の中で果たして、多様性という意味を正しく理解出来ているのかを問いかけてくる。 多様性という言葉を聞いたり、知った風…

コンビニ兄弟2

シリーズの続巻ということで、ミツ、ツギの兄弟説明が少ないのは助かる。 正直、1巻では説明が多いなと思っていたのて。 2巻はちょっと薄いなと思ったら、内容が充実していました。 登場人物の心理描写や現実との折り合いが巧みで、感情移入していけたので…

記憶の中の誘拐 赤い博物館

続編。 今回は緋色さんが自ら動いて事件の真相を突き詰めていたのは自分の過去から来ることなのだろうか。 真実が見えない中でもあっさりと真実に迫るヒントを掴む緋色さんの鋭さよ。 そのかわり、今回は聡が緋色さんの推理に振り回されるばかりで、残念で…

ショーハショーテン! 1

原作、漫画が好きな小説家と漫画家とあっては読まずにはいられませんでした。 お笑いがテーマで、主人公・四十万と相方・東片がそれぞれ笑いを大事にしている2人がタッグを組んでいく。互いの背景もしっかりあって、応援したくなりました。 四十万は内気で…

2021年 12月 読んだ本とおすすめ作品 読書メーターから

12月はラノベを読むことが多かったので、 40冊数を超えられました。新作で印象的だったのは、斜線堂有紀先生、松村涼哉先生、額賀澪先生の新作が印象的でした。新刊では、ひげひろの三島の物語、カノうわ、声優ラジオ、嘘と詐欺と異能学園などなど読み応えあ…

アオのハコ3

三角関係の構図的に雛が損な役回りになりそうなものだが、そんなことにならなそうで安心しました。 雛が大喜と千夏の関係と自分の気持ちに気づき始めて不安に襲われるが、大喜の裏表ないハッキリとした支えに救われて、スッキリ前向きになれて良かった。 そ…

ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 II

面白い! 李奈が成長していて、物語の始まりの頃のようなふわふわしている様子がなく、周りが躊躇いそうな状況でも真実を求めていく姿勢で聞き込みをしているのを見て、立派になったなと。 時折、弱音が見える時はあるけど着実に成長しているのが感じられて…

先生と僕 文庫

大学生と中学生の微笑ましい交流の日々… だけではなく、何気ない出来事の裏に潜む悪意。 見逃していてもおかしくはない悪事を見つけることでもあって、何気ない光景から犯罪を見つけ出すという作風が気に入りました。 最初から最後まで、命の危機というのは…

幻竜苑事件 創元推理文庫

小さな少女からの依頼から幕が上がる。 幻竜苑という旅館で起こる不可解な事件、昔起きた謎の失踪、今と過去が交差するミステリーでした。 犯人のトリックには驚いたし、動機に関してはゾッとするものがありました。 しかし、俊介の真っ直ぐな心が折れるこ…

リエゾン ーこどものこころ診療所ー(7)

表紙の向山さんの表情が堪らない! いつも無表情な向山さんの過去が明らかになり、彼女もヤングケアラーだったこともあり、これからの人生を絞ろうとしている少女・足立と足立母に寄り添っていく姿には心が救われていく気持ちになりました。 頑張れて、なん…

コンビニ兄弟―テンダネス門司港こがね村店―

町田その子先生の作品は登場人物の悩みに違う角度からアプローチをしていくのが良いですね。 コンビニを舞台にした心温まる物語の数々。 1話1話、心に沁みるものがありました。 少年、青年、大人、立場が違っても悩めるというのは同じで、劇的な事が起こら…

ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論

発売当初から気になってはいたが、文豪が作品の要素に絡んでるということがちょっと躊躇いを生んでいたが、2巻が刊行されたので思い切って読んでみました。 たしかに文豪の書いた作品が参照されていましたが、物語を楽しむうえでは知らなくても問題ない範囲…

ブルーピリオド 5

龍二が試験を放棄というのは八虎にとって、気になる出来事。 龍二が八虎を美術の世界に連れてきてくれたといっても良いくらいだから、頭がモヤモヤするのは確か。 龍二が抱えていた悩みと向き合うために八虎が優等生の殻を脱ぎ、龍二と同じところにまで降り…