羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

ライトノベル

純白令嬢の諜報員 改編1.侯爵家変革期

冷酷な諜報員でも好きな小説がある。しかしその小説の最終巻は無慈悲なもので、それを認めない諜報員,ラプターは死に際にも強く願う。その願いが叶い、好きな小説の世界に入ることに。 設定からして気になって読んでみましたが、主人公のラプターの冷たい…

弱キャラ友崎くん (Lv.10)

約1年振りの新刊。 そういえば、出てなかったと。 日南の固く閉じられた心を開けられるのか。友崎は悩む。 日南の友崎に指導していた背景や日々の過ごし方を友崎は知り、どうしたら、断絶された日南の心を知れるのか迷う。 友崎は自分が日南の事を理解してい…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 16

最初からベルに好意を持っていたシルの秘密が明らかになる。 大方予想通りの秘密ではあったが、シルの気持ちが切ない。 どれだけ、好いていても契約に縛られて、ベルは他の人を見ている。報われないのは分かっていても、好きを伝えようとするシルに胸が締め…

天才王子の赤字国家再生術11~そうだ、売国しよう

帝位争奪戦が遂に決着。長く続いていたから、ようやくかというところだが、争う候補達の競い合いが激しかったから仕方なし。 巻数重ねてきたからこそ、決着に至るのが感慨深いです。 ウェイン、ニニムの学友達が時代を利用して、自分の方が上だと戦うのは良…

狼と香辛料 (2)

ロレンスとホロの関係性が良い。 ぶっきらぼうに見えて気遣いができるロレンスと分かっていてもロレンスから好意的な台詞を聞きたいホロ、2人が徐々に相手が求めることを分かっていくのが堪らなく愛おしくもなる。 今回、ロレンスの商人として絶体絶命のピ…

クラスで2番目に可愛い女の子と友だちになった

男女の友情モノ。 クラスで目立つ天海に隠れている朝凪とぼっちの前原が密かに交流していくのが良い緩さでホッコリします。 異性の友情として、リラックスしてくつろぐというのは良いものだなと思う次第。 ただ、中盤まではただの友情で進んでいくが、その…

飛び降りようとしている女子高生を助けたらどうなるのか?3

凄く良かった。 今回は1巻の結城と初白付き合って、問題にぶつかった時の外から見ていた大谷視点のお話。 てっきり結城主人公の物語だと思っていたから不意を突かれました。 結城視点では見えなかった、ぶっきらぼうで、さばさばしたような感じの大谷が結城…

ソードアート・オンライン プログレッシブ3

今回もクエストにコツコツ挑むというものだが、ゲームの醍醐味でもあるから良いものだ。 本筋の階層ボス戦もスリルがあって魅力的だが、ゲームのちょっとした要素もやってこそだよな。 アイテム集めや裏の陰謀を突き止めたりと順番に進行していくのもありだ…

パパ活JKの弱みを握ったので、犬の散歩をお願いしてみた。 (2)

まず、続巻が出てくれて嬉しいです! 1巻でもまとまっていたが乃亜や日菜子を掘り下げて欲しかったので。 前巻から少し間が空いたので最初はどんな感じだったけと探りながらでしたが、そうだ、このイカれたやりとりこそ、真骨頂だと思い出しました。 この作…

男女の友情は成立する?(いや、しないっ!!) Flag 4. でも、わたしたち親友だよね?〈上〉

前巻で一区切りが着いて、今巻は上下巻の上巻ということでゆっくりとした雰囲気だが水面下で着々と進んでいる感じがしますね。 展開が強引でちょっとイラッともしますが、そうでもしないと物語が動かなさそうだから仕方ないか。 悠宇と日葵が付き合うことに…

声優ラジオのウラオモテ #06 夕陽とやすみは大きくなりたい?

アイドル声優プロジェクトがテーマで、ライブ対決。 特にダンスが重要になってくる。やすみと夕陽は別々のチームになることで、離れている間に片方は何をしているのか意識する。 2人ともリーダーになり、周りをまとめようとするが上手くいかない。 そんな時…

無自覚チートの箱入りお嬢様、青春ラブコメで全力の忖度をされる(2)

天津風の青春バカっぷりが1巻より控えめだったのはもったいないような、これで良かったのかなとも思う。 琥太郎や周りを振り回すのを毎巻やるのはワンパターンか。 今回は未来から来た加賀美の親が現在のクラスメイトで2人は仲違いをしている。どうにか2人…

嘘と詐欺と異能学園2

1巻が面白かったので今回はどうかなと思ってましたが、文句なしの面白さです。 騙し合い異能ゲームは良いですね。 力ではなく知で出しぬいていくジンのやり方はスカッとするし、認識を反転させるようにトリックを仕込んで、逆境で炸裂するのは爽快です。騙…

虚ろなるレガリア2 龍と蒼く深い海の間で

期待のシリーズ第2巻。 今回、前半から中盤までは世界観を広げる説明が多めで、少し退屈だった。 だが、作品を長く続けていくならば必要な事だったのかなと。 中盤以降の日本独立評議会の裏が明らかになったり、不死者の殺し方が判明したりと惹きつけられる…

彼女が好きなものはホモであって僕ではない 文庫

ずっと前から気になってが踏み出せなかった作品。 先日公開された映画を観て、これは読むしかないと奮い立ち、没入して読みました。 同性愛者の安藤と腐女子の三浦、2人は周りに自分の好き隠して生きている。 周りが醸し出す、普通はという空気と戦うのはし…

カノジョに浮気されていた俺が、小悪魔な後輩に懐かれています5

悠太と彩華の関係は少し特別なものだと思っていたが、それは互いに踏み込まないようにしていたから。 だが、今回は真由と彩華の間にあった壁がなぜ生まれたのかが明らかにするということで、踏み込むことに。 真由と彩華、互いが語る中学時代の話は女子の恋…

ひげを剃る。そして女子高生を拾う。 Another side story 三島柚葉

本編で三島が好きだったので、外伝として彼女の恋の終わりまで見れて大変満足です。 三島好きは必読です。 沙優が家に帰ってからのお話。心ここにあらずの様子の吉田を見て、焦ったくなる周りの人達。そんな時三島が動き出す。 後藤さん、橋本も接していこ…

ソードアート・オンライン プログレッシブ2

キャンペーンクエストを受けるということで、階層攻略要素はなかったが、十分面白かったです。 クエストのNPCのキズメルさんがNPCとは思えないほど生きていて、戸惑うのも無理ない。ゲームの要素だと割り切れないくらい親しくなっていくのは先行きが不安で…

探偵はもう、死んでいる。6

表紙の素晴らしさよ。 最初の飛行機で出会った君塚とシエスタの話かなと思ったら、それよりも前の話でした。 シエスタが君塚に隣に座るまでの心情が描かれていて、見事でした。 シエスタと君塚が飛行機で出会う前の物語。どれだけ2人の関係には秘密があるの…

結婚が前提のラブコメ5

婚活ラブコメもシリーズ大詰め。 前回幸せをたぐり寄せたまひるさんが婚約が決まってめでたい。 苦労している姿を見ていた分、感慨深い。 今回は牡丹ですが、彼女が抱えている問題や相手の男爵の気持ちが固まってなく、先行きが見えなかったですが、縁太郎…

霊能探偵・藤咲藤花は人の惨劇を嗤わない

綾里けいし先生がガガガ文庫デビュー。 かみさまになれなかった藤花と見守る朔。 2人の特別な関係に惹きつけられる。 幻想的な描写と普段の日常の描写が良い感じに書き分けられていて、朔と藤花の関係性だったり、一緒にいる背景が想像しやすくなっていまし…

負けヒロインが多すぎる! 2

1巻ではコミカルに失恋模様を描いていたが、2巻では込み入った部分まで踏み込んでいて、引き締まる展開。 負けヒロインの失恋を軽いものではなく、しっかり大切に扱っていたのは作品にとって、大事な指針になると思います。 自分が好きな人に好きな人がいる…

どうか俺を放っておいてくれ2 なぜかぼっちの終わった高校生活を彼女が変えようとしてくる

今回も面白かったです。 主人公・七村のぼっち語りは健在で彼の皮肉な部分がブレないのは良いところ。 呑気そうに見える七村だが、一週目の記憶が頭に過ぎり、迷い悩むのは優しいからこそ。 二週目だから、一週目との違いに思うことがあるのは当然。 設定が…

世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する2

暗殺者・ルーグの標的である勇者・エポナが掘り下げられる。 なぜ、女神が勇者を殺せというのかが分かる。 どういう事情があるのかなと思ったら、力はあるが、力に振り回されて敵味方関係なく虐殺する勇者は危険過ぎる。 力と精神がチグハグしていて、心配…

映画公開! ソードアート・オンライン プログレッシブ1

映画が始まるので読み返しました。久しぶりに読んでも面白さは褪せませんね。 キリトとアスナの初期の探り合いには懐かしさがあって良い。 そういえば、アスナは悲観して暴走してたな。 だがキリトと出会うことで、目的を見つけられてからは切り替えて前を…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeフレイヤ

フレイヤにスポットが当たる回。 自由な女神像として完璧に気の向くままに生きていて、清々しさがある。 それでいて、思いやりがあるのは良いね。 フレイヤの神としての振る舞いにも、理由があって。 それは周りを振り回すこととは釣り合ってないように見え…

世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する

前から気になっていた。 アニメ見て、やっぱり読みたいなと思い読みましたが中々良いですね。 名を馳せた暗殺者が暗殺者として生き、暗殺者として死ぬ。 その後に異世界でも暗殺者になるとは。 異世界ということでスキルやらなんやらがあり、神の思惑で自分…

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編5

久しぶりに過酷な試験が来た。 クラス全員の意見を一致させる試験。簡単そうに見えて、問いによってはドツボにハマる試験でした。 茶柱先生の過去に繋がるもので、クラスの生徒の心が浮き彫りになってくるのが、また辛い。 坂柳が率いるAクラス以外は揉めて…

灰と幻想のグリムガル level.18 わたしは世界に嫌われている

ユメの師匠・イツクシマが登場。 あれ、この人こんなに頼もしかったっけ?と思ったら、ユメに振り回されているのを見ると落ち着くなぁ。 さて、今回も危険な旅が始まり、どうなることやらと思ったら、ランタとイツクシマの絡みに珍しさを感じたり、ハルヒロ…

変人のサラダボウル

平坂読先生の新作は異種族が現代に迷い込み、巻き起こる群像劇。 異種族が現代に迷い込んできて、どう生きていくのか。主人公やその周りにどう影響を与えていくのが気になる始まりでした。 主人公はアラサー探偵の鏑矢。 鏑矢の元にサラが訪れたことで、探…