羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

ライトノベル

魔女と猟犬 2

骨太ファンタジーシリーズ第2巻。 無事に続巻が出てくれて嬉しいです。 PVなども出ていて出版社も力が入っているようで良かったです。 さて、表紙の彼女が今回の主役の雪の魔女である。氷の城に閉じこもっている彼女・ファンネルを引き摺り出すのは簡単なこ…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 8

毎巻熱いバトルがあるからこそ、短編集で日常を覗けるのは良いですね。 短編集だが1話1話でスポット当てているキャラクターのことをより深く知れるので、満足度が高かったです。 ヘスティアファミリアに移籍した命はちょっと気の毒だなと思っていたが、タケ…

七つの魔剣が支配するVII

三年生に進級して、一年生の頃からは想像出来ないくらい強くなっていくオリバー達に姿は感慨深い。 下級生からすると憧れられたり、嫉妬されたりと大変なことになりそう。 強くなってはいるが、まだ上には上がいて油断していると死んでしまう世界なので緊張…

ホヅミ先生と茉莉くんと。 Day.2 コミカライズはポンコツ日和

ホヅミ先生と茉莉の関係が落ち着いていて、安定感がありますね。 2人で作った作品が好調で本屋でも大々的に売られているのは、読書好きとしても嬉しい限りだ。 上手くいっているから、今巻は穏やかな流れだったのは良いようだけど、物足りなさが残りました…

虚ろなるレガリア Corpse Reviver

最近、ファンタジー作品は絞って読んでいてこれは!となる作品とはあまり出会えてなかったが、今作は非常に面白かったです! 三雲岳斗先生の作品は一種のブランドというか、型にはめつつその中で登場人物達を暴れさせるのが上手いイメージですが、今作も素晴…

とらドラ!1

アニメ全話見ていて、面白いのは分かっていたが何故か読んでいなかったラブコメの名作。 内容が分かっていても終盤はグッとくるものがありました。 竹宮先生の文章は読みやすくて、頭の中に入り込んでくる感じがありました。 好きな相手にアタックするため…

カノジョに浮気されていた俺が、小悪魔な後輩に懐かれています4

表紙の通り真由がぐいぐい攻めてくる。 2.3巻で腐れ縁の彩華との距離を考えたり、元カノの礼奈との関係を修復したりと悠太の目が他に向いていたので、久しぶりに悠太と真由の話になりました。 ぶっちゃけると彩華と礼奈と比べると真由が幼く感じてしまうから…

ひげを剃る。そして女子高生を拾う。5

もう、表紙だけで終わりを感じられて泣きそうになりますね。ぶーた先生の絵が素晴らしすぎる。 吉田と沙優の日々が好きすぎて終わってしまうのが寂しいと思ってしまうが、しっかり沙優の成長を見届けたいという気持ちで一気読みしました。 吉田と沙優の同居…

ひげを剃る。そして女子高生を拾う。 Each Stories

短編集。 店舗特典と書き下ろしが収録されているので、緩い話と胸を突く話の差がよく出ていました。 短編は短編でも店舗特典のは本当に短いので知っているいないで変わってしまうかも。 短編でも緩い話と胸を突く話の差がよく出ていました。 前半の特典はほ…

ひげを剃る。そして女子高生を拾う。4

沙優の兄・一颯が訪れて吉田と沙優の同居生活に区切りをつけなければならないことに。 遂に沙優の過去が明らかになる重要な話。 なぜ、家を出たのか。そのきっかけとなる胸が苦しくなる出来事や家庭の状況などが明かされて、沙優が逃げ出すのも納得です。 …

スパイ教室05 《愚人》のエルナ

セカンドシリーズの開幕はクラウスの取り合いから始まる。 灯より格上である鳳チームが出てきて、クラススを引き抜くということで灯にピンチが。 スパイのチームとして灯は外から見れば生緩く見えるかも知れないが、互いを想って団結する時は下馬評を覆す魅…

クラスに銃は似合わない。

SF、ミリタリー、ラブコメ、詰め込まれている題材を上手くかけ合わせていくので不思議な読み応えでした。 作品を構成している題材をどれも出そうとしているので、ある程度は仕方ないがまとまり切れてなくて、だがそうした混ぜていくことで逆に癖のある作品…

探偵はもう、死んでいる。5

前巻から続いている強敵・シードとの対決は熾烈を極めましたが締めはしっかりとしていて、シードの力の代償やうちに秘めた気持ちなどを知れて良かったです。 圧倒的な力を持ち、残虐性も見えるシードにも考える背景があり、ただの敵にならずに良かったと思…

ひげを剃る。そして女子高生を拾う。3

すっかり馴染んだ関係。 吉田と沙優の互いの中で気持ちは育っていて、もう以前の出会ってない頃とは違う気持ちが芽生えてくる。だが当人達は気づいてなくて周りが気づくという。 2人が自覚した時にどうなっていくのか。 矢口に遭って、自分の傷と向き合った…

現実でラブコメできないとだれが決めた?3

おいおいマジかと言いたくなる衝撃を迎える結末でした。想像を遥かに超える結末に揺さぶられました。確かに清里が動かないな思ってはいたがそう来るのかと悔しくなるがこれが現実か。 生徒会選挙というイベントの定番をなぞりたいが、日野春が立候補しない…

パパ活JKの弱みを握ったので、犬の散歩をお願いしてみた。

絶妙にズレているラブコメを描くのが非常に上手い持崎先生がガガガ文庫で作品を出すなら読むしかないと思い読みましたが、癒されたり、考えたり、スッキリしたり、日常の中で揺れるJKの心理描写が上手くて、惹き込まれました。 最初はタイトルの通り、主人…

ひきこまり吸血姫の悶々5

前巻の引きからヴィル回とは知ってはいましたが、良かったです。 コマリのメイドであり相棒で変態だけど頼りになるヴィルがコマリの側から離れている間のコマリが感じた寂しさや複雑な思いが、反転してヴィルを助け出そうとする展開を盛り上げていました。 …

子ひつじは迷わない 贈るひつじが6ぴき

4.5巻で迷走していたが、今巻で盛り返してきたなと思っていたら一区切りだったのは残念だなと。 ヒロイン達の仙波、佐々原、会長の成田への気持ちが募ってきていて、彼女達の戦いはこれからなんだろう。 続き、これから成田達のラブコメ争いは始まりそうな状…

恋は双子で割り切れない

表紙とタイトルから良いラブコメの匂いがぷんぷんしますね。 作中でも主人公とヒロインの胸中を表すシーンであまり見ない特殊な表現がされていて、より登場人物の気持ちが伝わるようになっていたりと随分仕掛けてくる作品だなと。 力が入っている証拠ですね…

ひげを剃る。そして女子高生を拾う。2

後藤さんに振られたことから始まった吉田と沙優の物語だが、肝心の後藤さんがなぜ吉田を振ったのかが明らかに。 ただ、後藤さんの言い分に納得はいかなかったが、吉田が素直に自分の気持ちを吐いて、筋を通すように突きつけたからある程度納得のいく落とし…

ひげを剃る。そして女子高生を拾う。

今となっては同居系ラブコメが多く見られるようになっているが、この作品が売れたからだと個人的に思います。詳しい数値などは知りませんが、肌感覚でそうかなと。 近々最終巻が出るのとアニメが始まっていて読み返したくなりました。序盤は緩い、ありがち…

俺がピエロでなにが悪い!

主人公・樹が真っ直ぐな気持ちで病気で落ち込む少女・茉莉ちゃんを笑わせたいという目標を抱えていて、応援したくなる物語でした。 ラブコメ要素もありつつ、青春要素が濃厚で素晴らしい読後感でした。 樹がストリートパフォーマーを目指すきっかけが描かれ…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7

ファンタジー世界でよくある夜の街の世界に踏み込んでいて、やりたくないことをやらなくてはならない春姫と出会ったベルが彼女を助けようとするが、誰かを助けることは容易ではなくて助けた後のことまで考えて動かないといけない。ただの優しさだけで動くの…

子ひつじは迷わない 騒ぐひつじが5ひき

楽しい楽しい文化祭。 全体的に賑やかな雰囲気でしたが、文化祭特有の話がしつじ喫茶くらいで他は平時でも出せる話だったのは残念でした。 個人的に文化祭だからこそ起きたミステリーが読みたかった。 あまりのめり込めなかったですが、佐々原、仙波、会長…

クラスの大嫌いな女子と結婚することになった。2

結婚を隠しているからこそ、本音で友人の陽毬と話せない朱音の焦ったい気持ちがよく伝わってきました。 あと、陽毬が才人へアプローチをするため、朱音は陽毬を応援するが、徐々に我慢出来なくなっていって、たまらずに心から溢れでた台詞は破壊力がありま…

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 14.5

俺ガイルが読めるのは嬉しいなぁ。 特典の短編集だからボリュームはないが、1話1話噛み締めるように読みました。 やはり八幡達の日常はややこしくて拗れているが愛着があって、良いなぁと耽りながら読めました。 八幡の語りは相変わらず癖があって安心して…

結婚が前提のラブコメ4

1巻のように婚活に力を入れていて、非常にのめり込めました。 せっかく婚活という題材を使っているのにラブコメ要素が多くなっているのが気になってましたが、今回は軌道修正を果たしていて良かったです。 ダメンズにばかり惚れてしまう、まひるさんにスポ…

千歳くんはラムネ瓶のなか5

毎巻厚みのあって、素晴らしい青春ものですが今回は千歳達の高校2年生の夏休みという、もう戻れない大切な日々が瑞々しく切り取られていて、わいわいしつつ切ない感情が混ざり合っていたり、ヒロイン達の悩める乙女心や男の秘める想いが感じ取れて濃密な青…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 6

今回はダンジョンではなくファミリア同士の抗争に発展して、ベル達は厳しい戦いを強いられる。さらに、2巻から放置されていたリリのファミリアの問題も絡んできて、1冊でよくまとめたなと。 格上であるアポロンファミリアから戦いを挑まれて、ベルが特訓し…

蒼と壊羽の楽園少女

世界観が作り込まれているから、ファンタジーとして大事な雰囲気が固まっているのは大きかったです。 先が見えない物語だからこそ少女と少女の仲で築かれる関係が尊いですね。 主人公・吸血人形イスカと世界の謎に近い魔女少女・アメリの背景がしっかり描か…