羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

ライトノベル

姉ぶる初恋相手に絶対敗けない!

両片想いで義理の姉弟、最近の流行りを入れつつ、ラブコメを追求していく作者のらしさも含んでる面白いラブコメです。 互いに好きで付き合う前に両親の再婚により、姉弟になって家族になるという縛りをどう乗り越えていくのか。 主人公(弟)・修一郎とヒロイ…

むしめづる姫宮さん3

青春の光を見せてくれたこのシリーズも最終巻か。 虫という題材は地味だったのかなぁ。 思春期の子供達の悩みや気持ちの揺らぎを虫の特性と重ねていき、最後に自分の本性と向き合っていくのが好きだったので、もっと読みたかったです。 また、羽汰が様々な…

経験済みなキミと、経験ゼロなオレが、お付き合いする話。

タイトル通り非処女でビッチなギャルの月愛というヒロインはかなり攻めた設定。 ラノベでは徐々に増えていくとは思うが、扱いづらいのは確か。 しかし、月愛は男を頻繁に変わっていて周囲からビッチと揶揄されているが、根はピュアなのが分かるのが良いです…

千歳くんはラムネ瓶のなか4

前巻とはがらりと変わり、スポ根巻。 バスケに一直線で元気溢れる陽が抱える劣等感のは意外でしたが、自身の熱意が周囲に伝わるのは確かな信頼関係がないと無理だ。 それでも諦めずにガムシャラに前に進む陽だが、壁にぶつかる。 その壁は一年前、朔もぶつ…

わたし以外とのラブコメなんて許さないんだからね

表紙をかざるヒロインの有坂さんがかわええ小説。 ひたすら主人公・瀬名とイチャイチャする様を見せられ、これは最近流行の両想い系のラブコメだ。 ただ、好きすぎるあまりすれ違ってしまいそうになるが、周りの人達に助けられながら進んでいくのは良い。 …

ひきこまり吸血鬼の悶々3

今回は状況やコマリ側だけでなく敵側のことまで描いていたのでエンジンがかかるのが遅めだし、コマリの愉快な日常が少なかったかな。 ただ、コマリが本気出してからの熱量は毎巻のように熱い。 敵側の暗い部分を徹底的に描いていた分、敵の思惑を吹き飛ばす…

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件3

絶好調の甘々両片思いラブコメ。周と真昼達が進級したことにより、周りのクラスメイトとの距離も変わっていく。周はイケメンの優太と友達になり、真昼は千歳とさらに仲良くなる。周は昔あった傷を思い出して、気が滅入るときに真昼がサッと近づいてきて隣に…

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる15

表紙のインパクトがありますね。 攻め攻めの姿勢で好きです。 今回、カオルが大暴れするのかと思いきや、嵐の前触れみたいに各所でやばい雰囲気を撒き散らすような動きだったので、これは次巻が楽しみです。カオルの闇深さとどう対峙していくんだろう。 そし…

育ちざかりの教え子がやけにエモい2

1巻で起こしたひなたの行動がクラスメイトに影響を与えていて、その変化を人物ごとに書かれていて、1巻よりサクサク進んでました。 今回は達也とひなたが過ごすシーンが少なくて、あまり達也にストレスを感じることがなかったです。1巻で甘やかしてるのが妙…

恋愛する気がないので、隣の席の女友達と付き合うことにした。

タイトル通り、主人公・和泉が恋愛する気がないヒロイン・友近と偽の恋人関係を結ぶことになる。 最初は自由な友近に振り回されていたが、和泉が向かう方向を決めてからは一直線に目的に突き進んでいく姿は良かったです。 田舎の孤島でスローライフをしよう…

灰と幻想のグリムガル level.12 それはある島と竜を巡る伝説の始まり

久しぶりに楽な気持ちで読める日常でした。過酷な戦闘やランタとの別れや、メリィの死などがありましたが、なんとかやっている。たまには心やすまる時間も大切ですね。クザクがどんどんパーティーに馴染んできたように思います。ハルヒロへの信頼や好意、そ…

灰と幻想のグリムガル level.11 あの時それぞれの道で夢を見た

メリィがハルヒロをかばって死んだ。その事実は消えない。だか、ジェシーが示した一つの方法により、息を吹き返した。ジェシーの提案を飲むだけでも死んだ人間を蘇らせる禁忌に触れることで葛藤をしましたが、いざ蘇らせて、何が変わっていくのか、今までど…

1LDK、そして2JK。Ⅲ 〜夏が始まる。二人はきっと、少し大人になる。〜

子供から大人になる前にやりたい事、自分の意思を固めるために落ち着ける場所があるのは良いことだなと。 子供の頃に自分に寄り添ってくれる大人がいたら甘えてしまうのは分かる。だが、自分のことは自分で決めないといけない。 楽しい同居生活はとても幸せ…

継母の連れ子が元カノだった5 あなたはこの世にただ一人

ドラマCD化もして、勢いがある連れカノの新刊。前巻で随分と成長してみせた結女が水斗を攻め続けるのかと思ったら、いさなの外堀を埋めていく様になすすべもなく流されていく残念さ。これは先が思いやられますね。苦笑水斗も水斗で意地を張って、結女に素直…

クラスメイトが使い魔になりまして4

完結。 寂しい限りだけど、1巻の時点では想像出来ないくらいに素直に気持ちを吐き出せるようになった、想太と千影を見れたから満足のいくシリーズだったと思います。 神様に弄られて、世界線が幾度も変わって離れてはくっついてを繰り返しても、一緒にいる…

友人キャラの俺がモテまくるわけないだろ?3

イラストレーターの変更とのことだが、表紙や口絵、挿絵もあまり違和感なく見れたので、問題なし。 話としては表紙の通り、真桐先生が主役。 今まで頼りの存在だったが、そのイメージは今巻で崩れ去りましたね笑 困ったら酒に逃げ、優児に愚痴る。 まさかこ…

落ちこぼれ天才竜医と白衣のヒナたち

人形剣士は断ち切れないの次作は、幼女がドラゴンを癒していく医療ファンタジーだった。 前作はシリアスな感じでしたが、今作はゆるーく読めて、かつドラゴンを治療するということに熱意を注ぐ少女達の奮闘に心が踊ります。 言葉だけではなく、気持ちを込め…

いつか僕らが消えても、この物語が先輩の本棚にあったなら

永菜先生がスニーカー文庫だけでなく、MF文庫からも出すなら読むしかない。 ラノベに限らず小説家の物語でした。 小説家を目指している人にはたまらなく刺さるだろうし、目指しいない人でも手に汗握る展開が伝わるようになっていました。 小説家を目指す、…

スパイ教室03 《忘我》のアネット

前巻の裏側に起こったこと。 前巻の謎の引きで、えっ?何が起こった?と思わせといて、あっさり始まっていく。 次第になぜ不穏な空気が流れていたのかを知る。 物語の構成、読者を騙すという仕掛けに関しては当たり前の様に巧みに行われていて、ただ読み進…

灰と幻想のグリムガル level.10 ラブソングは届かない

ランタが抜けて、どこか寂しげなハルヒロ達。思えば、どんな時もランタが良くも悪くも口うるさかったから、皆士気を保てていたのかな。基本みんな大人しいから、余計に大事な存在だったんだなと。そして、ハルヒロ達がピンチに。今までとは違い、ハルヒロ頼…

魔女に育てられた少年、魔女殺しの英雄となる

ファルまろさんのイラストと魔女の家族モノということで気になって読みました。出だしは非常にゆったりとしたのんびり過ごす微笑ましい家族の形でした。主人公であるアルがある程度歳を重ねて、外の世界を見にいってからは様々な新しい知識が身についていく…

痴漢されそうになっているS級美少女を助けたら隣の席の幼馴染だった2

高校2年生の夏は進路で頭が痛くなる時期ですが、そこに恋愛のもつれが加わるとさらに大変なことに。主人公・椋が鈍感という言葉だけで表せないくらい地雷を踏み歩いてるのに違和感があるが、そこは…ね。幼馴染の姫奈がかなり攻めの姿勢だった、だが椋の方が…

さいはての終末ガールズパッカー

作者はオリンポスの郵便ポストでデビューしてから作品を積み重ねていき、どの作品も共通して、人の心が揺れるような話を書いていて、今作もそうでした。文明が滅んだ世界で、旅をする少女・レミと自動人形・リーナが旅の先々で出会う人達と関わっていき、そ…

灰と幻想のグリムガル level.9 ここにいる今、遙か遠くへ

ランタがパーティーを裏切った形になりながらも、どこかで皆信じているのが良いね。初期のランタなら信じられないかもしれないが、積み重ねてきたものがあるから、簡単には崩れない。ハルヒロがランタをハッキリと信じてるのは、パーティーで1番ランタと話し…

友達の妹が俺にだけウザイ5

最初の数巻以降控えめだった真白が積極的に動き出した。真白の父の来襲も重なって、真白との関係を周囲に見せるために明照は真白とのデートをすることになる。その裏で、最近気づいた彩羽のうざ絡みの中に潜んでいる可愛さに気づいた明照が彩羽が心を休めら…

灰と幻想のグリムガル level.8 そして僕らは明日を待つ

グリムガルに戻ってきて早々に2人1組でバラバラになり、混乱することになるとは。ハルヒロとユメのコンビは特に真新しさみたいなのは感じなかったが、メリィとランタ、シホルとクザクの絡みは珍しかったので、序盤は気楽に読めました。ランタはハルヒロの不…

とってもカワイイ私と付き合ってよ!

とってもカワイイ猫被りなヒロイン・結朱が自分の為にクラスで冷めているゲーマー主人公・和泉と偽の恋人関係を結ぶ。クラスの人気者の結朱が処世術として、冷静な考えがありつつ、意外と攻められると脆いし、おっちょこちょいというギャップが可愛い。最初…

ひげを剃る。そして、女子高生を拾う。4

久しぶりの続巻が読めて良かったです。イラストレーターのぶーたさんの回復を待っていたのなら仕方ないですね。前巻から間が空きましたが、読み始めたら一気に作品に入り込めたのでなんも問題はないです。ページ数は多くはないが、ずしんとのしかかってくる…

灰と幻想のグリムガル level.7 彼方の虹

またもや知らない未知の世界に入り、話す言葉や文化が違う場所に入ったハルヒロ達。さぐりさぐりに情報を集めていき、生活を送っていくのはスリルがあって良いです。なんか久しぶりに緊張感が漂う冒険になってました。ミスをしたら死ぬみたいな。そして数巻…

2020年 上半期オススメのライトノベル新作20選

凄い今さらだけど、2020年の上半期に発売されたライトノベルの新作で面白くて、読んでほしいオススメ作品を紹介していきます。コロナなどの影響は少なからずあると思います。ですが、作品の命をそれで失われてほしくないなと。気になった作品は是非読んでほ…