羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

ストライクフォール4

ストライクフォール4 (ガガガ文庫)

 

待ち望んでいて、遂に発売された新刊。

数年前から出ていなかったが、待ち望んでいた。

既刊の中で1番の厚さを誇るだけあってズッシリとした重みのある物語で読み終えた後の満足感が半端ないです。

雄星がわりと詰みかけている土俵際で悔しさを感じつつ現実と戦おうとするのは良い。

自分の立場をなくして、足元が見えなくなりそうでも周りがサポートしてくれるのは助かりますね。

先が見えず暗い気持ちになる前半から中盤までと対比するように、終盤に雄星が自分の価値を見つけるところは熱くてたまらないです。読んでる側もアドレナリンが出るくらい夢中になれました。

 

強豪相手に引かないシルバーハンズの激闘は素晴らしかった。

選手だけでなく、監督、コーチ達が一丸となって巻き返そうという気持ちが前に出るのは応援したくなります。

 

環のサポートは流石で、彼女がいなかったら雄星が政治家の食い物にされてただろうなと。切れ者だが、危ういところがありそうで心配だ。

 

スポーツ、戦争道具、両側面が浮き彫りになり、裏の陰謀が表に出てきていて、均衡がいつ崩れるのか心配。

単純にはいかない世界で、足掻く雄星達の活躍が今後も楽しみです。

 

 

「コストを払い合う。それがチームだ」

「新しい時代が来た。今シーズンは、激動をもって歴史に残るだろう」

慣性制御、そして散兵戦術が公になった結果、宇宙戦闘ドクトリンは根底から覆された。

第24シーズン、火星ラウンド。
“誇りある白”シルバーハンズは、ガーディアンズと激突する。
最高のフィジカルを持つ女性選手、カレン・フェニックスを擁する軍チームだ。

滾る雄星だが、自身がリンカーとして機能しきれないなか、チームの成績は下降線を辿っていた。
そんなとき、人工的にチル・ウエポン耐性を増強された選手・シルヴィアが送り込まれてきて――?

チームと雄星、ともに正念場を迎える一戦が、幕を開ける。

BEASTARS vol.10

BEASTARS 10 (少年チャンピオン・コミックス)

 

 

前回、アクシデントが起きたタオとキビの動揺が心配だったが、杞憂でした。

まさかこんなにも真っ直ぐに仲を修復するとは思わなかった。互いに友と思っているからこそなのかな。

 

レゴシとピナはリズに対して警戒するが、リズの方が上手と見える。ただ、レゴシとピナの意地や変化も魅力で、分からなくなってきた。

クールだったピナが恐怖を知り、縮こまらずに覚悟を決めたのは素晴らしいとしか。

レゴシが蛾の幼虫を食べて、蛾と会話するところは、会話が深くて生命について考えさせられました。

蛾さん…

レゴシの祖父との確執もいつか完全に晴れると良いな。

 

ハルちゃんが弱っている時にレゴシがビシッと言えるのは良いですね。

ただ、ルイ先輩がもう一度ハルちゃんと向き合う必要はあるな。

 

さて、レゴシとリズの決闘はどうなる。

 

テム食殺事件の真犯人は身近にいた!! 真相を突き止めたレゴシと、その場に居合わせたピナは、その瞬間から真犯人の殺意の標的となり…!?

 

 

 

負けヒロインが多すぎる!

負けヒロインが多すぎる! (ガガガ文庫)

ガガガ文庫の青春ラブコメの勢いが止まらないな。

今作に登場するヒロイン達はいわゆる負けヒロインに位置する少女達で、彼女らの振られ芸に思わず笑ってしまう。

恋愛に破れるのは悲しいものがありますが、ギャグテイストなので、そこまでしんみりする事が少ないので胸が痛くなることはあまりないので、安心して読んで欲しい。

 

負けヒロインって不思議な魅力がありますが、不遇なヒロイン達の心情をよく描いていて、振られていても、これから頑張れと応援したくなります。

それぞれ関係性はない状態から、主人公・温水を中心に繋がりが生まれていくのは良いなーと。

 

個性豊かなヒロイン達で、みんな魅力的だが、どこかしたら欠点があるのが愛おしくなりました。不器用で感情ぐらぐらに揺れまくるので、読んでいて頬が緩みます。

 

これからどんな青春が始まるのか楽しみで仕方ないです。

 

今作のキモは温水の包容力か、流されるがまま負けヒロイン達の気持ちを受け止めつつ流していき傍観しているのが結構大事なことだと思います。


 

温水妹のブラコンっぷりも中々パンチが効いてました笑

 

 

「え? マケインって誰のこと?」

クラスの背景である俺――温水和彦は、あるとき人気女子・八奈見杏菜が男子に振られるのを目撃する。

「私をお嫁さんにするって言ったのに、ひどくないかな?」
「それ、いくつの頃の話?」
「4、5歳だけど」

それはノーカンだろ。
これをきっかけに、陸上部の焼塩檸檬、文芸部の小鞠知花など、負け感あふれる女子たちが現れて――?

「温水君。女の子は2種類に分けられるの。幼馴染か、泥棒猫か」
「なるほど、大胆な分類だ」

負けてこそ輝く彼女たちに、幸いあれ。
負けヒロイン――マケインたちに絡まれる謎の青春が、ここに幕を開ける!

名探偵の証明 密室館殺人事件 文庫

名探偵の証明 密室館殺人事件 (創元推理文庫 M い 10-4)

 

前巻の屋敷の最後について、どう書かれているのか気になっていましたが、あまり言及されてなかった。

書くだけ野暮か…

ただ、蜜柑が屋敷の影響を受けていたのでそういう事なんだろう。

 

蜜柑が名探偵としてのあり方に悩んでいるので語り手にならず、代わりに蜜柑を憎んでいる斜に構えた態度の少年・日戸が身勝手な気持ちが前に出ていて嫌な気持ちになりました。

だが、事件に巻き込まれていくうちに蜜柑の名探偵としての在り方に感化されて憎しみや自分の凝り固まった考えが柔らかくなっていったのは良い変化でした。

 

事件そのものも伏線を回収していくのは見事で、犯人の思惑や別の立ち位置にいたとある人物の目的を見抜いた蜜柑の推理は素晴らしかったです。

名探偵として求められているものに苦しみながらも、自分が出来ることを固めていく方が良い。

 

名探偵の側には助手が必要で、蜜柑が独りではなくなったので、これからどう動いていくのか気になりますね。

 

 

気がつくと密室館と呼ばれる館にいた日戸涼。実力派のミステリ作家・拝島登美恵が、取材と偽って涼を含めた男女八名を、この密室館に監禁したようだ。顔を兜で隠した男など明らかに不審な人物に加え、現代の名探偵として誉れ高い蜜柑花子までいる――!! 館内で起こる殺人を論理的に解けば解放する、と拝島は言うが果たして? 出口のない館の中で次々に起こる殺人事件。トリックの解明に挑む蜜柑花子の苦悩と渾身の推理、さらに“名探偵の宿命”をフレッシュな筆致で描くシリーズ第二作。

ストライクフォール3

ストライクフォール3 (ガガガ文庫)

 

雄星が1軍へ昇格して自分が犯した罪を自覚しつつ、周りの一流に触れて成長していて良かったです。

1軍の選手達も迷惑をかけられていたから、厳しい態度は仕方ないが、実力を示せば許すというのはスポーツマンらしくて良いですね。

 

今まで雄星を励ましたりしていた無邪気なアデーレが自分の肌に合わないリーダーを任されるようになり、壁にぶつかり心が折れそうになりながらも雄星と支え合っている関係は熱いです。ただ、雄星の女性関係は複雑になっていきそうですが笑 

 

環が動き出して、雄星とは違う立ち位置から支援していて、それがどのように影響していくのかは未知ですが、やり手な彼女の活躍が楽しみです。

 

ストライクフォールの政治的な負の面が見えても、スポーツという希望の光として支持されるときもある。難しいけど、良い方向に進んでいくと良いなと。

 

架空のスポーツなのに、読んでたら本当にあるんじゃないかと錯覚する物語の世界感が堪らない。この作品が持つ面白さは本物だ。

 

シーズンオフを迎え、雄星はシルバーハンズの一軍強化キャンプに参加を許される。憧れの存在たちに厳しい言葉で叱咤される日々。だが、決して隔意だけではない“一軍の矜恃”に触れ、雄星はプロとしての生き様をその身で学んでいく。そんななか、紅白戦でリーダー機をつとめたアデーレが、第一リーダー機のケイトリンを撃破してしまい…?いま、波乱の新シーズンが幕を開けようとしていた―。“王の御手”を持つ黒騎士もついに復活!?ますます熱く加速するスペースグラフィティ、騒然の第3弾!

2021年 上半期に読んだおすすめのミステリー作品10選

今年の上半期に発売されて、おすすめのミステリー作品を紹介していきます。

どの作品もミステリーとして読み応えがあるのはもちろんですが、登場人物にも魅力がありました。

シリーズモノも数冊ありますが、1冊として面白いので気にせず読んでもらいたいです。

 

 

 

 個人的に好きだったのは人喰いテレビと音楽は凶器じゃないのトリックはまさにそう来るか!と言わずにはいられないトリッキーなものが仕掛けられていて、真相が明らかになってからの余韻は堪らなく好きです。https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2021/01/31/210000

 

 

 

 帯に書いてある通り本格ラブコメ本格ミステリを織り混ぜられていて、1冊で甘々の喧嘩っぷるみたいな関係としっかり突き詰められている謎の過程が楽しめて、お得な作品でした。https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2021/02/18/210000

 

 

 謎としては複雑に絡まっている葛城家の裏側やトリックが重なりあっていて、解くのが非常に難しいと思いました。

犯人が行っていた工作や誘導が非常に巧みでさっぱり分かりませんでした。だからこそ、犯人を炙り出していく葛城の対話や仕掛けには納得のいくものがあり、スッキリしました。https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2021/02/16/210000

 

 

 

 

 スリードを誘うものだったり、情報が不足している状況から徐々に真相に近づいていく緊迫感があり、気になって仕方ない展開になっていました。

語り手で探偵役の鹿野の謎に対する嗅覚、調査が優れていて、だからこそ混乱する真相に意をつかれるような気持ちでした。https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2021/02/24/210000

 

 

 登場人物達が迷って生きているが、自分の幸せを掴むために選択をして生きて行こうと前向きになっていくのは素晴らしかったです!

人の弱さや脆さを描いていたからこそ、1話1話が深く突き刺さってきました。https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2021/03/06/210000

 

 

 

 目次から仕掛けられていて、高校生達のミステリー作品だよな?と疑うようなもので笑いました。また、葉山くんの柳瀬さんへの気持ちを伝えるために葛藤したり諦めそうになりながらも友人に救われて向き合えるようになって良かったです。https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2021/03/11/211500

 

 

 

 

 バトル、逃亡、ミステリー、悲劇、様々な要素がてんこ盛りのシリーズ第3巻で、久しぶりの続巻は中々のボリュームがあり、驚きましたが読み終えてみたら必要な分量だったなと思いました。https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2021/04/17/213000

 

 

 

 骨太な歴史ミステリーで、1話1話の真相に至るまでの難しさと解いた後に残される現実がとことん突き詰められていて、素晴らしいです。

なぜ、事件が起きたのかというのと解けた後にも油断ならない事情が見えて、各話に重みがありました。https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2021/05/03/210000

 

 

 

 

 タイムリープの繰り返しの特殊設定に悩む主人公・菜月の心情が綿密に描かれているからこそ周りの人達と距離を置いて悩む気持ちに感情移入しやすくなっていました。

周りに信じてもらえずに気持ちに蓋をしていた主人公・菜月が悩んだり迷ったりしながらもクラスメイトの死を回避するため奔走する姿に釘付けにされます。https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2021/05/01/210000

 

 

 

 

 

 

 ジョン、漣、マリアの過去が明らかになる短編集で、どの話もスポットが当たる人物の掘り下げが抜群に上手いうえにミステリーとしても短編という制約がありながら凝ったというか、そこを突くかと唸るばかりで1話1話噛み締めるように読みました。https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2021/06/21/210000

 

 

 

 

 

2021年 9本目 映画 東京リベンジャーズ

アニメ観ていて、面白くて映画も観に行きました。

なんといっても、ヤンチャな登場人物達の再現度が凄いです。

特に北村匠海さん、吉沢亮さん、山田裕貴さんは2次元が3次元に来たような錯覚を起こしそうなくらいでした。

その他のキャストも旬の役者を揃えていて、見応えがありました。


個人的に北村匠海さん、磯村勇斗さんの演技が痺れました。

 

映画の尺の都合がありますが、ストーリーはよくまとめられていたと思います。時折、ん?と思いましたが、タケミチがリベンジするのが大事なので、仕方ないかと。


区切りの良い感じに締めていたが、シリーズ化してほしい映画だと思いました。


人生、負けっぱなしで腐っていたタケミチが大切なヒナのために人生を変えようと踏ん張っていくストーリーは魅了です。


シリーズ化して欲しいです。



f:id:WING31:20210720202509j:plain