羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

リエゾン ーこどものこころ診療所ー(11)

リエゾン(11) ーこどものこころ診療所ー (モーニングコミックス)

 

ドラマ化おめでとうございます。

さておき、今回は障害を抱えた大学生への就職活動の支援と子供の習い事について。

 

就職するにしても、様々な困難が待っているのか勉強になります。

環境的にも、人間関係、そして障害を抱える自身への葛藤、ぼろぼろになるのも無理ない。

倒れる前に自分を見つめ直せないと、長引いてしまう。

就職する場所は自分に合っている場所なら、のびのび生きていけるよなと。

 

習い事に関しては大人にも当てはまる問題で、空白を埋めようとスケジュールを埋めていっても息詰まる人もいるということ。

ボーっとする時間も大事だなと。

 

累計120万部突破!!(※紙+電子含む)
発達障害を抱える児童精神科医の物語、TVドラマ化決定!!!
就職活動で「普通」を目指すがあまり自分自身を見失ってしまう大学生。親が「将来のために」と通わせた習い事で息苦しさを感じてしまう子ども。大切なものを犠牲にする前に、本人、周囲の大人が持つべき視点とは。児童精神科医は、患者が自分らしくいられる環境作りを提案する。第11巻は「就職活動」「習い事」の2編を収録。
「全国学図書館協議会選定図書」になった児童精神科医の物語に『コウノドリ』の鈴ノ木ユウ氏共感!!
「子どもの成長は嬉しい。ただ時に、親は不満を感じたり、不安になったり、自信をなくしてしまうことだってある。僕はそんな時、ただ息子を抱きしめます。この世にはこんなにも暖かいものがあるんだよって、いつも教えてくれるから。『リエゾン』を読み終わった後、ただ子どもを抱きしめてみてください」

女子的生活

女子的生活 (新潮文庫)

 

坂木司先生の作品は読むと元気が湧いてきて、良いです。

性の悩みをテーマにしていて、女性の処世術を描きつつも男の生きづらさも見ているので、終始フェアな物語だなと。ミキが男で女の社会を生き抜いていく力強い姿勢には勇気が貰えました。

ミキが生きづらさとぶつかるたびに、はっちゃけるエネルギーがあって、彼女に引っ張られるように前に進めます。

男女の悩みだけでなく、人としての差別にも触れていて、悩みを抱えている人に寄り添っているような感覚がありました。

まだまだ、続きが読みたいです。

 

おしゃれして、好きなインテリアで部屋を飾って、(ブラックだけど)アパレル勤務。みきは憧れの“女子的生活”を謳歌していたが、ある日、マンションの部屋の前に不審な男が。「あの、ここに小川って奴が住んでるって聞いたんですけど―」マウンティング、モラハラ毒親。次々現れる強敵に、オリジナルな方法でタフに立ち向かうみき。読めば元気が湧いてくる痛快ガールズ・ストーリー。

此の世の果ての殺人

此の世の果ての殺人

 

凄く良かった。

終末、廃退した空気、淡々と進む展開。非常に好みのシチュエーションで、楽しんで読めました。滅びるのが決まった世界で、死を待つのみの状況で起きる殺人。興味が湧かないわけがない。

事件を追っていった末の結末は苦さがありつつも明るい光がありました。

ただ、難点としては真犯人の動機がいかにもな感じだったのは物足りなかったです。しかし、ミステリとしてぐいぐい引っ張られる魅力がありました。

小春とイサガワの会話や関係性は特殊な状況でも揺るがないもので、物語が進行するうえで安心感がありました。

互いに背負っているものがあったが、最後には荷物を下ろせた感じがあり、良かったです。

 

滅びるのが決まった世界で生きる営みはどんなものだろうと考えてしまう作品でした。

犯罪が起こるのは、無理がないのかもしれない。

 

―滅びゆく世界に残された、彼女の歪んだ正義と私の希望
正義の消えた街で、悪意の暴走が始まったー

小惑星「テロス」が日本に衝突することが発表され、世界は大混乱に陥った。そんなパニックをよそに、小春は淡々とひとり太宰府で自動車の教習を受け続けている。小さな夢を叶えるために。年末、ある教習車のトランクを開けると、滅多刺しにされた女性の死体を発見する。教官で元刑事のイサガワとともに、地球最後の謎解きを始める――。

東大に名探偵はいない

東大に名探偵はいない (角川書店単行本)

 

東大出身作家を集めたアンソロジーというのは珍しいですね。

個人的に市川先生、辻堂先生作品が好きなので、読みました。

2作家はもちろんですが、どの短編も粒揃いで面白かったです。

 

読んだ後スッキリする話やイヤミス的な締めをする話もあったりと、揺さぶられました。良い感じに作風がばらけていて楽しめました。

シリアスは市川先生、伊予原先生、結城先生、浅野先生。

ユーモアは辻堂先生、新川先生。

 

新川先生の砕けっぷりはタイトルから匂うが。話としてはふざけたところから真面目に推理まで移るのは非常に好みだった。

辻堂先生の可愛さと危うさ、東大に行く為に勉強している間に欠け落ちてしまったものを描いていて、納得の落とし方でした。

結城先生の東大をこれでもかと使いまくったイヤミスはほんっっっとに呑まれるかと思った。締めがまた効いてくる。

浅野先生はミステリとして二転三転する状況と語り手の苦悩を繋げていて、安定感があった。余韻が良い苦さ。

市川先生は青春、現実にあったことを混ぜていて、上手く騙しに来ていました。解決の起点が良い場所を突いていました。

伊予原先生は研究者の業とシビアな事実を交ぜていました。崩れ落ちそうになる結末から、前を向く姿は印象的でした。

 

好きな作家がいるならば、読んでみたら良いと思います。とはいえ各話読み応えあるので、今作を機に好きな作家と出会えるかもしれません。

 

東大卒&東大生作家による「東大ミステリ」アンソロジー!

収録作
「泣きたくなるほどみじめな推理」 市川憂人
1995年、憧れの従姉を失った私は、彼女の痕跡を探すため東大の文芸サークルに入った。

「アスアサ五ジ ジシンアル」 伊与原 新
地震研に突然届いた1枚のはがき。虹で地震を予知したという「ムクヒラの電報」との関連は。

「東大生のウンコを見たいか?」 新川帆立
東大卒のミステリ作家・帆立は、親友リリーとともに農学部で起きたウンコ盗難事件の犯人を探す。

「片面の恋」 辻堂ゆめ
五月祭の準備中、クラスメートの熱烈な恋を一瞬にして冷めさせた「片面」の意味とは。

「いちおう東大です」 結城真一郎
美しく完璧な妻がまっさきに提示した新居の条件は、「東大が見えるところ」だった。

「テミスの逡巡」 浅野皓生 (東大生ミステリ小説コンテスト大賞受賞作)
卒業生の医師を取材した学生メディア「UTディスカバー」のもとに、彼は人殺しだという告発状が届く。

後宮の烏 4

後宮の烏4 (集英社オレンジ文庫)

 

寿雪の優しさが仇になるのは嫌だな。徐々に寿雪の良さが広まっていくことで反乱分子だとみなされてしまうのは切ない。生まれのしがらみがより深くなってきた。

後宮では影が薄い存在だったが、徐々に存在感が増えてきて、扱いに困るように。

読者からすると寿雪の懐の深さが分かるが、後宮内には届かない。

高峻とも距離が空いてしまったのは残念。高峻は立場が立場だから複雑だね。

救いは側近が寿雪を信頼していることか。

温螢が軽いキャラながら性質は寿雪に近いのが分かり、好きになりました。

衛青、寿雪は距離を測りそこねているのが、今後どう響いてくるか心配だ。

 

 

今宵も、夜明宮には訪いが絶えない。泊鶴宮の蚕室で、大切な繭がなくなったという宮女…。一方、花娘を通じ城内での謎多き失せ物探しも舞いこんで!?烏妃を頼る者は日に日に増え、守るもののできた寿雪の変化に、言いようのない感情を抱く高峻。やがて二人は、真実眠る歴史の深部へ。鍵を握るのは名もなき幽鬼か、あるいは―。圧倒的中華幻想譚、待望の第四弾!!

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか18

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか18 (GA文庫)

 

待っていた新刊。

ベルやオラリオ中を洗脳していたフレイヤへの怒りが収まらないオラリオの面々。

強敵フレイヤファミリアが相手ということで、かなり厳しい綱渡りを繰り広げていました。

圧倒的な力の前に屈するのかとハラハラしながらも、微かな可能性を拾い上げるベル達。激闘の果てにたどり着いた結末には暖かさがありました。

前半から中盤までのフレイヤファミリアの蹂躙からの、どんでん返しには胸が熱くなりました。

様々なキャラクターの奮闘が描かれていたが、個人的にはリリをMVPに推したい。

フィンからの教えがあったとはいえ、よく指揮を取っていた。

 

フレイヤファミリア、ベル達連合軍、それぞれの理由があり、事情がある。深く描いたこそ、厚みのある戦争になってました。

 

最終的に寂しさを抱えた女神を救う、良い英雄譚でした。

 

白妖精は誓う。女神に捧げる忠義を。
黒妖精は刻む。ただそれだけの想いを。
小人は哭く。四つの後悔を力に変え。
戦車は進む。女神以外全てを切り捨て。
そして、猛者(おうじゃ)は問う。
夢想でも詭弁でもなく『力』の証明を。
「この身を超えられぬ者に、『女神』を救う価値などなし」
誰も、何も間違っていない。
ただ女神を想い、己(エゴ)を貫いて、かつてない『大戦』を駆け抜ける。
だから、誰よりも傷付き果てる少年は――黄昏の空に、『偽善』を告げた。
「あの人を助けるって、約束したんだ」
これは少年が歩み、女神が記す、
──【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

ツルネ ―風舞高校弓道部― 3

 

湊達が2年生になり、新体制に。様々な学校に新入部員が入り、変化が起きている描写があり、また今時の学校も登場してきて、バラエティに富んでいました。

心機一転して、再スタートを切る風舞高校。

愁の後輩に厄介者が現れたり、七緒がスタメンが落ちたりと波乱の展開がありつつ、団結力が深まったりしていく様子が見事でした。

 

一回り、弓引きとして精神的に成長していく姿は見事でした。

ただ、最後の落ちに関してはいきすぎていて、引っかかるものがありました。

 

今作は風舞だけでなく、他の高校の面々も魅力があり、楽しくなってきました。

 

願わくは刊行ペースが上がって欲しいなと。