羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

魔女と猟犬 2

魔女と猟犬 2 (ガガガ文庫)

 

骨太ファンタジーシリーズ第2巻。

無事に続巻が出てくれて嬉しいです。

PVなども出ていて出版社も力が入っているようで良かったです。

 

さて、表紙の彼女が今回の主役の雪の魔女である。氷の城に閉じこもっている彼女・ファンネルを引き摺り出すのは簡単なことではなかった。

だがロロとテレサリサが協力して、何とか話をつけられて良かった。ただし、そこに至るまでの道中がスリルがありましたがロロの能力の高さが光っていました。

 

氷の城で繰り広げられる死闘は人や様々な種族が入り乱れていて血がたくさん流れる展開でしたがよくまとめていたなと。

 

ファンネルの背景がしっかり最初に描かれているので、ファンネルの変わっていく心境の変化がどれだけ大変か分かっていたので、終盤は盛り上がりました。

ただ、ファンネルを城から出す代償は大きくて、2巻でこの厳しさ…と思って今後が心配ですが、期待したいです。

 

テレサリサが語っているように魔女は異端の存在なので、今後出てくる魔女が話が通じない相手だったらと思うとビクビクしますね笑

 

ロロの弱さも見えて、そこはテレサリサとファンネルが支えるといいなと


構成は堅くて物語運びが上手くて、しかし展開は予想を超えてくるので読んでいて、夢中になりますね。

 

静寂に包まれた“氷の城”で巻き起こる殺戮

“鏡の魔女”テレサリサと共にレーヴェを脱出したロロは、魔力の影響で眠り続けるデリリウムを連れてキャンパスフェローへと戻ってくる。だが、王国アメリアによって陥落された故郷は、流血と破壊に蹂躙され見る影もなかった……。

ロロとテレサリサは城下町に作られた隠れ処にて、城から逃げ延びた者たちと合流する。領主バド・グレースの留守を預かる宰相ブラッセリ―と、 <鉄火の騎士団> の副団長であり、ハートランドの妻であるヴィクトリアをはじめとする九十二名の者たち。

彼らは隠れ処を捨て、 <北の国> へ向かうことを決断する。そこには、バドが生前に同盟を結んだ雪王ホーリオが治める <入り江の集落ギオ> がある。きっと助けになってくれるはずとの目算からだった。そして、ロロには <北の国> へ行くもうひとつの目的があった。それは、氷の城に住むという“雪の魔女”を味方につけること――。

その頃、王国アメリアの王都にあるルーシー教の総本山“ティンクル大聖堂”には、魔術師の最高位を冠する九人の者――“九使徒”が集められていた。

 


衝撃的な展開で刊行と同時に大きな話題を呼んだ本格ダークファンタジー『魔女と猟犬』。その待望の続刊がついに登場。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 8

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8 (GA文庫)

 

毎巻熱いバトルがあるからこそ、短編集で日常を覗けるのは良いですね。

短編集だが1話1話でスポット当てているキャラクターのことをより深く知れるので、満足度が高かったです。

ヘスティアファミリアに移籍した命はちょっと気の毒だなと思っていたが、タケミカヅチ様への嫉妬具合的には一時的に離れた方が良いんだなと。

ヴェルフの鍛冶屋としての覚悟は立派で胸が熱くなりますし、一途な想いも芯があって良かったです。

シルさんの正体は明かされるのが怖くなってきました。

 

また、ベルとアイズの距離が近づいていたが、ヘスティアとの関係も考えることになるのは良いことだ。ベルがアイズ、ヘスティアに向ける好意は違っていて、どうなっていくのか行く末が気になります。

 

ヘスティアファミリアの面々のプライベートに突っ込んでいて、より彼彼女らの活躍が楽しみになります。

 

全体的に良い箸休め回でした。

 

軍神アレス率いる王国軍の突然の来襲。迷宮都市へ進撃する軍勢その数、三万。迫りくる軍靴の音に、オラリオは―何も変わらなかった。強過ぎる冒険者達の手によって市壁の外で侵略者達の悲鳴が上がる中、オラリオは平穏な日々を過ごしてゆく。小人族の求婚、愛しのボディガード、街娘の秘密、神々への恋歌―そして女神が紡ぐ愛の歌。神と子供達が送るささやかな日常編!

ゴールデンスランバー

ゴールデンスランバー

 

作品は前から知っていたが、分厚いから敬遠していました。

だが、読んだら後悔しました。

分厚い1冊だが、全てが必要なことなので読み進めていくうちに気にならなくなる面白さでした。

首相殺しの濡れ衣を着させられた主人公がただただ、逃げる。誰が仕組んだのか見えず、周りが敵だらけの状況だが、かすかな糸を伝って逃げていく素晴らしい逃走劇でした。

主人公の昔からの人柄を知っている人達は彼が犯人だと誰も思わないのは素敵だなぁと。

繋がり方が露骨じゃなくてそっと繋がり合っているのは良いですね。

逃走に疲れた主人公に送られる、元恋人や父親の痛烈なメッセージは読んでるこちらにも響くものがあり、込み上げてくるものがありました。

 

伊坂先生は理不尽から逃げずに挑む作品が多い中、今作は戦わずに逃げるに徹していて珍しく感じました。

状況が状況だけに逃げるという選択を徹底して行うというのは逆に戦うということなのかなと思いました。

 

映画も観てみたいと思いました。

 

衆人環視の中、首相が爆殺された。そして犯人は俺だと報道されている。なぜだ?何が起こっているんだ?俺はやっていない―。首相暗殺の濡れ衣をきせられ、巨大な陰謀に包囲された青年・青柳雅春。暴力も辞さぬ追手集団からの、孤独な必死の逃走。行く手に見え隠れする謎の人物達。運命の鍵を握る古い記憶の断片とビートルズのメロディ。スリル炸裂超弩級エンタテインメント巨編。

ネメシス6

ネメシス6 (講談社タイガ)

 

1話目の舞台演劇で演劇の中に潜まれている殺意がどこにあるのか、アドリブの芝居の中から見つけ出すというのは先が読めなくて良かったし、着地点も妥当なものでホッとしました。

ドラマではなかった話だが、映像で見たかった感はあります。

 

2話目はなんといっても青崎有吾先生のロジカルな数字当てが美しい。ドラマとは違っていて、映像で見れなかったのは惜しい。ドラマ映えしないからか分からないが、作者らしいミステリーが読めて良かったです。

風間、アンナの仕掛けるトリックはドラマよりも小説の方が巧みに感じられました。

あと、アンナは強くなっているのはびっくりしました。

 

 

失踪したアンナの父の手がかりを探す探偵事務所ネメシスの前に垂らされた一筋の糸。
フェイクニュースを操った組織が、すべての事件の黒幕か?

社長の栗田が単身事件を追いかける間に、
探偵風真は脅迫状の届いた女優を守るため、舞台俳優デビュー!?

そして新たな仲間・詐欺師の緋邑とともに挑むのは、カジノでの
一世一代の大博奕! オリジナル小説&怒濤の展開で贈る第六弾!

五つ星をつけてよ 文庫

五つ星をつけてよ(新潮文庫)

 

帯に書かれているレビューがなければなんにも買えないというフレーズが胸に突き刺さってきます。

自分のことなのに他人の評価が気になってしまうのは、自分の中で自分を信じ切れてない部分があるからかな。

 

人は友人、思い出、趣味、親、評価、不意の衝動に縋りたくなっている。だが縋ったままでは変わらないから一歩踏み出さないといけない。その一歩を踏み出すまでの心情が抜群で、各話に登場する人物が暗闇から抜け出した後の見える世界が素敵なものだと予感出来る感覚が魅力でした。

 

自分が信じれるものを自分で見つけたら、そこからは違った人生を生きていける勇気を与えられる物語で素晴らしいです。

 

何か迷っている人はこの作品を読んでみてはどうだろうか。

 

いつからか、レビューがなければ何も選べなくなってしまった――。離婚して実家に戻った恵美は、母の介護を頼んでいるホームヘルパー・依田の悪い噂を耳にする。細やかで明るい彼女を信頼していたが、やっぱり見る目がなかったのだろうか。十歳のときに買った浴衣、二十九歳で決めた結婚。母の意見に従わなかった決断は、どちらも失敗だった。今こそ母に依田をジャッジしてほしい。けれど母の記憶と認識は、日増しに衰えている。思い悩む恵美に、母が転んで怪我をしたと依田から連絡が入り……(表題作「五つ星をつけてよ」)。ネットのレビュー、LINE、ブログ、SNS。評価し、評価されながら生きる私たちの心を描き出す6編!

七つの魔剣が支配するVII

七つの魔剣が支配するVII (電撃文庫)

 

三年生に進級して、一年生の頃からは想像出来ないくらい強くなっていくオリバー達に姿は感慨深い。

下級生からすると憧れられたり、嫉妬されたりと大変なことになりそう。

強くなってはいるが、まだ上には上がいて油断していると死んでしまう世界なので緊張感はあります。

 

今回、決闘リーグの試合に関しては戦闘している場所や戦い方が緻密で読みづらさがあった。おそらく自分の読み込み不足だと思うが…

団体戦で相手との相性やチームワークの良さがキモになっていてハラハラしました。

試合後の反省会は切磋琢磨して強くなっていくのが感じられて良かったです。

自分や仲間に厳しくなれるのは良いですね。

特にカティの成長は目を見張るものがあります。

 

序盤に匂わせて、終盤にサラッと出てきて目的を果たした骨抜き事件の犯人を次巻でどう対処するのか楽しみです。

 

 

運命の魔剣を巡る魔法バトルファンジー、待望の第7弾!

キンバリーの今後を左右する一大イベント、決闘リーグの開幕が迫る。三年生に進級し成長を見せるオリバーたちは、そのために三人一組のチームを組むことになった。同学年の中でも実力上位と目されるナナオらは、他チームから徹底的にマークされて厳しい戦いを強いられる。
一方で、例年以上に豪華な報酬と特殊なルールは、教師殺しの犯人を探すための教師陣の罠でもあった。さらに次期学生統括の座を巡る選挙戦もその影響を受け、駆け引きは激しさを増す。
そんな中、ユーリィが追いかけていた「骨抜き事件」の犯人、サイラス=リヴァーモアが動き出す。激動のキンバリーで、屍漁りの魔人は何を企むのか――。

作家の人たち 文庫

作家の人たち (幻冬舎文庫)

 

作家や編集者の非日常な生活をブラックなユーモアを交えて、遊んでいる短編集でした。

 

売れない作家達の執念や執拗に編集者に迫るテクニックは不気味すぎて笑ってしまいますが、編集者側からすると迷惑すぎる…

 

作家と言えば印税生活の印象がありますが、シビアに追い詰められていく描写があまりに痛々しすぎて泣けてきました。残酷ですけど、売れ続けるというのは大変だ。

 

もしもこんなことが起きたらと作家と編集者が思うことが実現出来る悪魔がいて、実際に願いを叶えてみせた結末は皮肉が効いていてこれは悪魔だよ。

 

ラノベの編集、文芸選考は明るい風に見せて読書好きを地獄に突き落とす捻りが入っていて、明るくて嫌なミステリだ…

 

死に間際に見せたいと願う遺作はなんともやるせない感情を描いていて希望と捉えるか絶望と捉えればいいか迷う話でした。

 

どの話も読み終えたら後に引く苦々しさや謎に明るく幕引きしたりと自由自在な闇鍋みたいな短編集でした。話の匙加減やネタのチョイスが絶妙で、ギリギリのバランスで保っているように感じました。

 

 

 

座談会は話を振り返る同時に倉知先生を掘り下げていて読み応えがありました。

 

 

文学賞のパーティーで、大手出版社四社の編集者が暗い顔で集っている。皆、ある中堅作家につきまとわれて困っているのだ(「押し売り作家」)。苦節十年、やっと小説の新人賞を受賞しデビューした川獺雲助は会社を辞めて作家に専念することにした。しばらくは順調だったが……(「夢の印税生活」)。ほか、出版稼業の悲喜交々を描く連作小説。