羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

ミステリー

グラスバードは還らない

今作もまたタイトルの意味が分かる最後になっていて非常に切なくて、胸が苦しくなる作品になっていました。 グラスバードってどういうこと?と思っていましたが終盤に明かされた時は頭をガツンと殴られた気持ちになりました。 予想してなかったことが急に降…

踊るジョーカー 名探偵音野順の事件簿

表紙に惹かれて読みました。(小市民シリーズ好き) 主人公である音野順が消極的に事件を解いていく短編集。 ここまで弱気な探偵は珍しい。友人でワトソン的立ち位置の白瀬白夜が音野のためだったり、自分の執筆のために音野に見せ場がくるように事件などを引…

戦力外捜査官3 ゼロの日に叫ぶ

毎巻のごとく終盤に盛り上がる展開を持ってくるのは流石としか言えないです。 今回はスマホアプリや大衆に根付いている傍観者体質について厳しく追求していて、中々しんどい展開でした。 ウィルスはどこからも入ってくるというのは知ってはいましたがパンデ…

ゴールデンタイムの消費期限

次々と作品を生み出していく斜線堂先生の新作は元・天才達を再び舞台にあげようとするリサイクル計画の間にそれぞれが自分自身と向き合っていくというもの。 今までの作者の作品からすると珍しく尖っているところが少なく、真っ直ぐに主題に向き合っている作…

ブルーローズは眠らない 文庫

単行本既読。 ぼんやりと覚えていたがまたしても騙された。 ジェリーフィッシュは凍らないとはまた違った事件の複雑さで読み進めていくうちに徐々に明らかになっていく事態にくらいついていくのに必死になってました。 今と過去、日記、前半に見せられてい…

監獄に生きる君たちへ

ミステリーとして素晴らしいのはもちろん、登場人物の動かし方が良く、題材にしている社会問題を組み合わせるのがとても上手いのでメッセージ性が強いのが魅力でした。 いきなり閉じ込められた少年少女が過去に起きた事件について改めて見つめ返していくこ…

ナゾトキ女とモノカキ男。未来を写すカメラと人体消失

学園ミステリーということで軽い気持ちで読み進めて、実際中盤までは主人公・壱時が早來とわちゃわちゃ愉快に学園の謎を追っていくものでしたが、中盤になり壱時と早來が使っている超理具という不思議な物を悪用してくる事件が出てきて雰囲気ががらりと変わ…

錬金術師の消失

1巻も面白かったが、今回は大掛かりなトリックか仕掛けられていて想像の斜め上の真実が待っていました。 自分が鈍いだけかもしれないですけど、単純に凄いなと。頭がぽかーんとしてしまいました。 急いで見取り図を確認してたら、確かにその可能性も頭に入れ…

僕は天国に行けない

表紙が良いなと思ったらくっかさんのイラストで川谷さんがデザインをやっているんだったら納得です。 誰だって生きていればどうして生きているのか分からなくなることがあると思います。 今作はどうせ人は死ぬのに前向きに生きれるのか不思議で仕方ない鳴海…

教室に並んだ背表紙

相沢先生の作品で印象に残っている、「雨が降る日は学校に行かない」の雰囲気に似ていてとても好きです。 mediumで相沢先生を知った人はびっくりするかもしれないがこういう日常の苦しみも魅せられる作家さんなんだよなと再確認出来ました。 女子中学生達の…

戦力外捜査官2 神様の値段

シリーズ第2巻。 宗教団体を相手にするということで今回も派手な事件に発展していきました。 宗教がテーマで流されて宗教にのめり込む危うさが描かれていました。 設楽の妹・未来が心の弱さにつけ込まれて溺れてしまった。 未来は心酔しきっていたから痛い…

孤島の来訪者

前作はタイムトラベル、今作は正体不明の生き物・マレヒトが事件の鍵になっていて、かつ孤島という設定。 素晴らしいミステリーでした。 特殊設定ミステリーということで、マレヒトという正体不明の存在が殺人を進めていくので先が読めずに無気味な雰囲気で…

霊視刑事夕雨子1 誰かがそこにいる

霊感を持つ夕雨子が刑事として仕事をしていき、事件ごとに出会う幽霊に寄り添って心残りを晴らしていく。 情に厚い夕雨子が霊感を持っていることで、死んでしまった人の無念をなくして成仏させていくことの余韻が出ているように思いました。 なぜ死んだのか…

放課後探偵団2

素晴らしい企画! 辻堂先生の作品は読んだことがなかったが、他の武田先生、額賀先生、斜線堂先生、青崎先生の作品は読んでいて好きな作家さん達なので、そんな方達が学生青春ミステリーを題材に短編を描いて下さるなんて嬉しい限りです。 どの話もそれぞれ…

だから僕は君をさらう

表紙の雰囲気とタイトルに誘われて買いましたが、読み心地良かったです。 なぜさらうのかというのかが大事なことで、最初に出頭するのを見せて、いかにしてそこに至るまでが、上手く描かれていました。 犯罪者の父を持った主人公・守生の周りに様々な傷を持…

新宿なぞとき不動産

不動産とミステリー、頭に浮かばない組み合わせだったので気になって読みましたが、主人公澤村と後輩神崎の関係や不動産を利用する様々な事情を謎に捉えて踏み込んでいくのが面白かったです。 お人好しで損ばかりする澤村の誠実さは好きだなぁ。神崎もそれは…

放課後の嘘つきたち

ガガガ文庫でジャナ研でデビューした作者の新作です。 タイトルにある通り、主人公・修、幼馴染・白瀬、皮肉屋・御堂、それぞれが後ろめたいものを抱えていて嘘をついている。 それは3人が協力して様々な事件を追っていくうちに明らかになっていく。 関わっ…

蟬かえる

前作のサーチライトの誘蛾灯を文庫で読み、続きを読みたいなと思ってたので文庫を待とうかと思ってましたが、待ちきれずに単行本で読みました。 自分の好きなミステリー作家さん達が絶賛していましたが、それも頷けるミステリーでした。 表題作の蝉かえるは…

探偵は友人ではない

待ちに待った続巻。 前作、探偵は教室にいないですっかり心が掴まれたので、楽しみにしていました。 今回もまた青春とミステリーが絡み合っていて、読み心地が良いです。 バランスがうまくて、話の中で無駄が一切なく描かれているので読みやすいし各話の読…

探偵は教室にいない

発売前から楽しみにしていて実際に読んだらハマった青春ミステリー作品です。 続巻が出るのが決まったので改めて読み直しましたが、登場する中学生の感情の揺れを上手く拾いあけでいるので日常の会話に惹かれます。 なので、どの人物も好きになること間違い…

探偵くんと鋭い山田さん2 俺を挟んで両隣の双子姉妹が勝手に推理してくる

今、注目のシリーズ第2巻。 1巻からあまり間をおかずに2巻が出るのは嬉しいですし、コミカライズ化も進んでるようで、盛り上がっていくと良いな。 2巻もミステリーとしてとっかかりが上手くて読める読める。 依頼も様々で、話ごとに読み口も色々変わってく…

ホワイトラビット

伊坂幸太郎作品に最近ブームになっていて、最近本屋に行ったらよく並んでる今作を楽しみにしていました。 ノンシリーズなので前知識は必要がないので入りやすいかと。 読み終えた後は上質な変な小説。という不思議な感触でした。 時系列ずらしたり、意味が…

ゴミ箱診療科のミステリー・カルテ

ステイホームの密室殺人にこちらの話がチラッと挟んであり、興味が湧いたので読みましたが正解でした。 医療ミステリーとして専門用語がありましたが、楽しめました。 働かないが能力はある上司三神さん、生意気な後輩宗方や愉快な仕事仲間達に囲まれながら…

揺籠のアディポクル

ジェリーフィッシュは凍らないで有名な市川憂人先生の新作。 1年に1冊ペースが早いのか遅いのか分からないが、どの作品も読み応えがあるのでいつまでも待てます。 今作は無菌病棟で起きた殺人。 その殺人が起こるまではタケルとコノハのじゃれあいに頬が緩…

五色の殺人者

今年の鮎川哲也賞の受賞作品はどんなミステリーだと期待してたら見事に読者の隙を突くようなトリックと犯人の姿が目撃者によって違う色を指しているという魅力的な設定を上手く利用した力作でした! 介護施設で殺人が起きるので、犯人を見たのを覚えていら…

向日葵を手折る

作者の別作品を読み、気になる作家さんだなと思ってたら新作が出ていたので読みました。 率直にいうと辛さや痛みを感じつつ幸せに包まれる読後感でした。 辛い、痛い、というのは登場人物の綺麗な内面と汚い面が見事に描かれていたからだと思う。 主人公の…

戦力外捜査官 姫デカ・海月千波

タイトル通り、戦略外捜査官になるまでのドジっぷりには目を当てられない。 だが、戦略外になってからが本番。 普通だったら何もしなくていいという意味だけど、海月は何してもいいと捉える。 最初は噛み合わないバディだったが、設楽が海月が真面目に事件…

チルドレン

自分の中の信念を曲げずに貫く陣内が憎たらしくも嫌いになれない人物で、陣内に引っ張られるように読み進められました。 陣内は明るい陽気な部分と薄暗い陰な部分が秘められていて、そのバランスが絶妙でした。彼が吐く言葉は暴論に聞こえるが、心に届くもの…

さよなら僕らのスツールハウス

思春期の一部である大学生の時にシェアハウスで男女が過ごしていったら、それは何かあるだろう。 シェアハウス内で起こる謎や、メンバー内の中で交わる思惑などがまさに青春という感じで、読んでいてこういう風に生活を共にしていけるならと羨ましくもなり…

僕の目に映るきみと謎は

「誰も死なないミステリーを君に」でぐんっと知名度を上げた井上悠宇先生の新作。 怪異の正体をミステリーの定石である5W1Wの法則を持って暴いていき、怪異の呪いを潰していく。 主人公・真守と幼馴染で霊能探偵・恋子が互いに協力していくが、2人の関係やか…