羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

ミステリー

名探偵の証明 密室館殺人事件 文庫

前巻の屋敷の最後について、どう書かれているのか気になっていましたが、あまり言及されてなかった。 書くだけ野暮か… ただ、蜜柑が屋敷の影響を受けていたのでそういう事なんだろう。 蜜柑が名探偵としてのあり方に悩んでいるので語り手にならず、代わりに…

2021年 上半期に読んだおすすめのミステリー作品10選

今年の上半期に発売されて、おすすめのミステリー作品を紹介していきます。 どの作品もミステリーとして読み応えがあるのはもちろんですが、登場人物にも魅力がありました。 シリーズモノも数冊ありますが、1冊として面白いので気にせず読んでもらいたいです…

コンビニなしでは生きられない 文庫

ふと気になるタイトルをしていて、緩い感じのミステリーかと勝手に想像してましたが、物騒な事件から始まり良い意味で裏切られました。 どの話もコンビニだからこそ、起きる事件になっていてこだわりがあって良いです。 また、働いたことがなくても使うこと…

原因において自由な物語

タイトル、表紙から力が入ってる作品だと伺えますが、読み始めたら納得しました。 いじめに関して、取り上げている作品は色々あるが、今作は現実的に向き合っていて好感が持てる。 綺麗事で解決した気にならずに、倫理観を持つことを考えるきっかけを作った…

名探偵の証明 文庫

シリーズの続巻が文庫化されるので読み返しました。 改めて読んでも、名探偵の生き様を貫く屋敷の姿はかっこいい。 名探偵は常に犯人と対するが、その結果次第では一般人などに馬鹿にされたり警察から厄介者扱いを受けてしまうという、名探偵の負の部分に焦…

屍人荘の殺人 文庫

剣崎シリーズの始まりの1巻。 単行本既読で映画も鑑賞済み。シリーズの新刊が発売されるので読み返しました。 内容は大体は知っているから確認するようになってしまったが明智さんと葉村くんの関係は何度読んでも良い。 気になったのは、葉村くん、比留子の…

invert 城塚翡翠倒叙集

前巻のmediumが素晴らしいミステリーだったからこそ、期待値が高かったですがそれでも大胆な仕掛けを行ってきました! 頭の想像力を試すようなトリックで、読み終えた後は自分の至らなさに打ちひしがれました… 相沢先生の手のひらの上で転がされました。 な…

medium 霊媒探偵城塚翡翠

衝撃の一作となった今作の続きが出るということで読み返しました。 一度読んで仕掛けは知っているとはいえ、圧巻の先生への挑戦状ですね。 種と仕掛けを知った上で読み進めていくと、こんなにもヒントが提示されていたのかと驚くばかりです。なぜ一度目で気…

オー!ファーザー 文庫

父親が4人いるというぶっ飛んだ設定だが不思議と惹きつけられていきました。 どんな状況だよと思っていたが読み進めていくにつれて納得してしまう不思議。 個性豊かな父親達との生活は大変だが、息子である主人公・由紀夫が受け入れている理由が何となく分…

神様の罠

粒揃いのアンソロジーで1話1話読み心地が違くて、作家性を良く感じられる短編でした。 参加している作家さん達が有名な人ばかりで、読む前から期待が持てましたが、その通りに各話面白い捻り方をしているミステリーで惹きつけられます。 中でも好きだったの…

夏を取り戻す 文庫

単行本発売時から気になっていて、どんなミステリーかと思ったら、少年の成長と大人の後悔が混ざり合って成長と変化を生み出す素晴らしい小説でした。 もちろんミステリーとしても緻密な采配で伏線を伏せたり回収したりしていて、真相を追っていく過程を読…

アルファベット・パズラーズ 文庫

アルファベットに因んだ事件が4話並ぶ短編集。 安楽椅子探偵モノで最初は軽い気持ちで読み進めていけるが事件の真相に迫っていくうちに、いったいどんな仕掛けがあるのかワクワクしました。 アルファベットの意味に込められた、想いが分かる幕引きは魅力的…

本と鍵の季節 文庫

単行本読んでいて2読目だが面白い。 図書委員の堀川と松倉が高校生らしくはしゃいだり無邪気さがありながらも苦い想いがする事件と向き合っていくミステリー。 知り合いからお願いを受けたり、2人の日常の延長からふと謎解きをすることになる短編集。 最初…

ボーンヤードは語らない

マリア&漣シリーズ初となる短編集。 ジョン、漣、マリアの過去が明らかになる短編集で、どの話もスポットが当たる人物の掘り下げが抜群に上手いうえにミステリーとしても短編という制約がありながら凝ったというか、そこを突くかと唸るばかりで1話1話噛み…

ネメシス6

1話目の舞台演劇で演劇の中に潜まれている殺意がどこにあるのか、アドリブの芝居の中から見つけ出すというのは先が読めなくて良かったし、着地点も妥当なものでホッとしました。 ドラマではなかった話だが、映像で見たかった感はあります。 2話目はなんとい…

M.G.H. 楽園の鏡像 新装版文庫

三雲岳斗先生のSFミステリ作品ということで読まずにいられませんでした。 地球から離れた宇宙ステーションで起こる不可解な殺人事件。 場面が場面だけに緊迫感がありつつもしっかり主人公とヒロインの関係や背景を描いているところが好きだなぁ。 SFミステ…

グラスバードは還らない 文庫

単行本既読です。 一度読んだ時は事件の場面やトリックが詰められなかったが今回2読目したら細かく把握することが出来て、より話に入れました。 最初のプロローグが持つ意味を考えて、話を読み進めていくと思いますが、全てが解明されてまたプロローグに還…

パズラー

ミステリーとして倫理的に事件の真相に迫っていく過程にある議論がどの話も魅力的でした。 各話の軸になる謎自体も最後まで読まないとわからないようになっていて読む手が止まらないですね。いったいどんな真相か気になって仕方ないです。疑問から解決まで…

探偵は追憶を描かない

探偵は絵にならないの続編です。 フォンと別れた蒼だが、ところどころで思い出していて、いつかまた再会するのかな。 軽い依頼を受けて、小遣い稼ぎみたいな話と思いきや裏には様々な人の思惑や狙いが絡まっていて、不穏な雰囲気が漂ってきてからは怒涛の展…

探偵は絵にならない

発売時から気になってはいたが、これまで読んでなかったことが悔やまれるくらい面白かった。 全体的にオシャレな雰囲気で肌に合っていて、好きな作品になりました。 主人公・蒼が同棲していたフォンが家を出て行ったことで、彼女を探しにいくというのが筋道…

フライ・バイ・ワイヤ

青春、ミステリー、SF、それぞれの要素が絶妙に混ざり合っていて、かつ事件の不明瞭さが物語を引っ張っていて、読み応えがありました。 なぜ被害者は死んだのか、犯人の動機なども理由がハッキリ明らかになるので満足度が高いです。明かされてみたら納得の…

未来を、11秒だけ  文庫

特殊設定ミステリーとして物の記憶を見える能力以外にも未来が見える能力など能力者が現れて、事件もあっさり解決と思いきや、全貌は見えずに進んでいくからこそ臨場感があり、結末に至るまで油断出来ないのが良かったです。 ミステリーとして、ヒントは散…

ネメシス5

ネットとテレビの違いはリアルタイムで互いに向き合えるか向き合えないかなどは中々皮肉ですが、真実とフェイクが混ざり合っている内容は現代の社会の問題に触れているのかなと。 情報が溢れていて情報を掴むことに必死になっているので、その情報は本当に…

すみれ荘ファミリア

迷える大人達が自分の行く道を決めていくのに救いを感じました。 世の中や周りに流されない場所、すみれ荘に住む住人の裏側が見えて、それがまた切実な気持ちが孕んでいて心に突き刺さってきます。 それぞれが抱えている問題は現実にもありそうで、当たり前…

貴方のために綴る18の物語

1日1話読むだけで金を貰うなんて、なんとも胡散臭い。 一体何の目的かと疑いながら読み進めましたが、1話1話が単純に面白かったです。 しかし、話の結末は様々で何を表しているのかは最後まで見抜けませんでした。 まさに題名通りな内容で、ただ"貴方"に綴…

ネメシス4

ドラマ先行で話は知っていたつもりですが、展開が変わっていたので、新鮮な気持ちで読めました。犯人へのアプローチだったり、調査方法などが違って、こちらの方が好きでした。 被害者の考えが根本的に変わっていたのは驚きました。 風間さんが1人で捜査は…

辰巳センセイの文学教室 下 「こころ」を縛る鎖

下巻。 離れ離れなりそうだった辰巳センセイと円城がどうなるかと思いましたが強引な展開でまとめあげたのは驚きましたが、良い綱引きだったんじゃないかなと。 辰巳センセイの秘められた辛い過去が明らかになり、遠慮して引いてしまうかと思いきや、円城が…

辰巳センセイの文学教室 上 「羅生門」と炎上姫

表紙の雰囲気、帯、あらすじに惹かれて衝動買いしました。 青春、文学、ミステリー、それぞれの要素が損なうことなく、それどころか重なり合って魅力的な作品でした。 自分の好きな要素が詰まっているからよりハマってしまいました。 学生の未熟な心や間違い…

二人の推理は夢見がち 文庫

特殊設定ミステリーとして、物の記憶を見れるということで事件の真相に迫っていくのが興味深くて読み進めやすかったです。 能力に頼るだけでは解決までたどり着けず、主人公の沙紀があれこれ悩みながらたどり着く真相はほろ苦いものですが、現実と向き合う…

子ひつじは迷わない 贈るひつじが6ぴき

4.5巻で迷走していたが、今巻で盛り返してきたなと思っていたら一区切りだったのは残念だなと。 ヒロイン達の仙波、佐々原、会長の成田への気持ちが募ってきていて、彼女達の戦いはこれからなんだろう。 続き、これから成田達のラブコメ争いは始まりそうな状…