羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

創元推理文庫

幸運は死者に味方する

探偵・ペンテコスト、助手・パーカーが共に女性で妙に癖になる人物像で彼女達が事件の謎を追っていくのを見るのが楽しかったです。 年の差が母娘ほどあるのに2人の間にある信頼関係がブレることなく進むのは良いですし、互いに補い合うように捜査をしていく…

卒業したら教室で

市立高校シリーズの最新刊! 目次から仕掛けられていて、高校生達のミステリー作品だよな?と疑うようなもので笑いました。 内容としても卒業シーズンらしく別れや今までの思い出が頭によぎるもので良い雰囲気でした。 また、葉山くんの柳瀬さんへの気持ち…

家庭用事件

短編集。 時系列がバラバラで雰囲気も軽いので気軽に楽しめました。最後の話以外は。 最後の5話の優しくないし健気でもないはそれまでとガラッと変わってメッセージ性、社会で取り上げられるべき事柄が入ってきて驚くと同時に上手くミステリーに組み込んで…

昨日まで不思議の校舎

またもや市立高校に潜む闇が暴かれる。 いったい、この高校はどうなっているんだ… 1巻の壁男の件がここにきて浮上してくるとは思ってもいなかったです。 最初は学校の七不思議の話は軽い雰囲気になりがちで前半から中盤までは日常に起きた謎みたいで好奇心…

いわゆる天使の文化祭

文化祭という独特な雰囲気ななか不思議な貼り紙があちこちに出現して、変なイタズラが起きたなと思っていたら葉山くんがあるものを発見したことにより事件に重みが出ていく。 文化祭の一部中止を阻止するために葉山くん、柳瀬、ミノで動いていくがもう少し…

まもなく電車が出現する

短編集。気軽に読めましたが今までの話よりはサラッといきすぎて物足りないのは否めないですね。 軽い息抜きにちょうどいいです。 どの話も謎の裏にある犯人の動機が様々でした。理由はわかるがそこまでするかと思ってしまいます。 今日から彼氏ははこのシ…

さよならの次にくる<新学期編>

卒業式編からの続きで新学期。 伊神さんが卒業してこれからは出てこないのかなと思っていたらがっつり出てくるのは名探偵の宿命ですかね。 新キャラの佐藤さんが明らかに怪しいが葉山くんからしたら気づかないものだね。 佐藤さんはかなり頭が切れていたか…

さよならの次にくる<卒業式編>

2作目にして伊神さんが卒業するというのは驚きました。 また、その伊神さんの卒業式後葉山くんが追いかけていくのは青春だなと思いつつ、消えた伊神さんという謎もあり一筋縄にはいかないあたり伊神さんだなぁと。見つけるまでに伊神さんの昔話を知っていき…

理由(わけ)あって冬に出る 

市立高校シリーズ1巻。 シリーズの最新刊が3月に出るそうで、記憶が曖昧になっているので読み直していこうかなと。 なんとなく朧げながら頭に残ってましたが、何度読んでも楽しめる質が良い作品です。 主人公の葉山くんが変わり者の先輩で探偵の伊神さんに…

密室から黒猫を取り出す方法 文庫版

音野順シリーズ2巻。 今回もまたバリエーション豊富なトリックの数々に驚かされました。 表題作はシチュエーションは好きですが、真相はちょっと都合の良さが気になってしまいました。 個人的に好きだったのは人喰いテレビと音楽は凶器じゃないのトリックは…

踊るジョーカー 名探偵音野順の事件簿

表紙に惹かれて読みました。(小市民シリーズ好き) 主人公である音野順が消極的に事件を解いていく短編集。 ここまで弱気な探偵は珍しい。友人でワトソン的立ち位置の白瀬白夜が音野のためだったり、自分の執筆のために音野に見せ場がくるように事件などを引…

ブルーローズは眠らない 文庫

単行本既読。 ぼんやりと覚えていたがまたしても騙された。 ジェリーフィッシュは凍らないとはまた違った事件の複雑さで読み進めていくうちに徐々に明らかになっていく事態にくらいついていくのに必死になってました。 今と過去、日記、前半に見せられてい…

放課後探偵団2

素晴らしい企画! 辻堂先生の作品は読んだことがなかったが、他の武田先生、額賀先生、斜線堂先生、青崎先生の作品は読んでいて好きな作家さん達なので、そんな方達が学生青春ミステリーを題材に短編を描いて下さるなんて嬉しい限りです。 どの話もそれぞれ…

新宿なぞとき不動産

不動産とミステリー、頭に浮かばない組み合わせだったので気になって読みましたが、主人公澤村と後輩神崎の関係や不動産を利用する様々な事情を謎に捉えて踏み込んでいくのが面白かったです。 お人好しで損ばかりする澤村の誠実さは好きだなぁ。神崎もそれは…

サーチライトと誘蛾灯

虫にまつわるミステリー。(あらすじ)昆虫オタクのとぼけた青年・エリ沢泉(えりさわせん。「エリ」は「魚」偏に「入」)。昆虫目当てに各地に現れる飄々(ひようひよう)とした彼はなぜか、昆虫だけでなく不可思議な事件に遭遇してしまう。奇妙な来訪者があった…

犬はどこだ

ただの軽い依頼からとんでもないとこへ着地するミステリー。(あらすじ)開業にあたり調査事務所“紺屋S&R”が想定した業務内容は、ただ一種類。犬だ。犬捜しをするのだ。―それなのに舞い込んだ依頼は、失踪人捜しと古文書の解読。しかも調査の過程で、このふた…

最良の嘘の最後のひと言

嘘にまみれたバトルの先にあるものは。(あらすじ)世界的な大企業・ハルウィンが「4月1日に年収8000万で超能力者をひとり採用する」という告知を出した。審査を経て自称超能力者の7名が、3月31日の夜に街中で行われる最終試験に臨むことに。ある目的のために…

終わらない関係 巴里マカロンの謎

久しぶりの小市民シリーズの新刊!小佐内さんと小鳩君の日常を読めるなんて、幸せすぎて、ページをめくる手が止まらない、止まらない。久しぶりの新刊で、作品の雰囲気、空気を忘れてしまってそうという心配がありましたが、全然問題無いです。小佐内さんと…

ジェリーフィッシュは凍らない 文庫

以前から気になってたが、文庫化したので読みました。帯に書いてある通り、「そして誰もいなくなった」の似ている風みたいだけど、詳しくは知らないけど、こんな感じかと思いました。また、模様作だとしても、小型飛行船を起きる謎は面白かったです。墜落事…

放課後の名探偵

高校生男女の多感な時期だからこそ、起きる事件。嫉妬や見栄、傲慢、そんな感情から起こる謎はどれも軽く感じて読みやすかった。だが、当のキャラ達は真面目に生きて、こんな事件を起きている。良い学園の謎でした。色々な話があるが、中でも「誰がGを入れた…

叫びと祈り

海外をモチーフにした謎の短編集。独立した話かと思いきや、全てが繋がる最後にあっ!と驚かされました。最初からどこか違和感があるなと思ったけど、気のせいかと見逃してたら最後に伏線回収されてて、巧みな構成でした。それそれの話がその地域特有のもの…

名探偵の証明

諸行無常。時代は常に移り変わっていく。かつて名探偵として名を馳せた屋敷啓次郎が自分の老いと戦い、そして名探偵の宿命に立ち向かう話。渋いおじさんが好きな人は絶対に読んでほしい。若い名探偵の蜜柑が持て囃される中、屋敷は過去の後悔と向き合い、答…

屋上の名探偵

日常の謎が読みたくなったので、読みました。内容としてはもうひと押し、なんかほしいなと思いました。シスコン主人公・悠介と屋上に潜んでる名探偵・蜜柑が協力し合い謎に挑む。蜜柑は過去に嫌なことがあり出来るだけ目立たないようにしているが、その知性…

名探偵に薔薇を

虚構推理の城平京先生のデビュー作素晴らしいの一言。二部構成になっていて、一部、二部片方でも楽しめるようになっています。しかし、両方読むとズシリとした重みを感じる真相を感じられるので、是非最後まで読んでもらいたいです。童話をモチーフにしなが…

切れない糸

切れない糸 (創元推理文庫)作者: 坂木司出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2009/07/05メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 7回この商品を含むブログ (44件) を見る (内容)周囲が新しい門出に沸く春、思いがけず家業のクリーニング店を継ぐことになった大学…

体育館の殺人

体育館の殺人 (創元推理文庫)作者: 青崎有吾出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2015/03/12メディア: Kindle版この商品を含むブログ (2件) を見る (内容)風ヶ丘高校の旧体育館で、放課後、放送部の少年が刺殺された。密室状態の体育館にいた唯一の人物、女…

真実の10メートル手前

真実の10メートル手前 (創元推理文庫)作者: 米澤穂信出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2018/03/22メディア: 文庫この商品を含むブログ (6件) を見る 王とサーカスより先にこちらが文庫化されましたが、買ってから後回しにしていました。作者の米澤さんは…

王とサーカス

王とサーカス (創元推理文庫)作者: 米澤穂信出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2018/08/30メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る 待ちに待った文庫版。さよなら妖精読んで、心掴まれた私は調べた。そしたら、ベルーフシリーズという形になって…

午前零時のサンドリヨン

午前零時のサンドリヨン (創元推理文庫)作者: 相沢沙呼出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2013/03/22メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見る (内容)ポチこと須川くんが一目惚れしたクラスメイトの女の子、不思議な雰囲気を纏う酉乃初は、凄…

何が困るかって

何が困るかって (創元推理文庫)作者: 坂木司出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2017/12/20メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る 坂木司ワールド全開の短編集。次から次へと繰り出される話がどれも、短いから書くの難しいだろうがどれも不気味…