羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

ペンギンは空を見上げる

ペンギンは空を見上げる (創元推理文庫)

 

最高の読書体験でした。

ちょっとしたミステリがありつつも軸は少年、少女の成長物語。

思春期の葛藤と成長、そして希望が詰まっていて、心に響く成長物語になっていました。

心洗われるとはこのことか。

主人公・ハルがなぜ風船ロケットを飛ばし、宇宙を目指すのか。周囲に心開かずに、人に頼らないのか。疑問がありつつも進んでいく。

金髪の転校生である、イリスと接していく友情を築いていくことがあったり、幼なじみの三好との関係、学校内での陰湿なイジメ、親子の難しい関係、色々ありつつも全てが明らかになることで込み上げてくるハルの感情を大切にしたいと思いました。

ハル、イリス、三好、それぞれが背負っていたものを乗せて飛んだ風船ロケットに目頭が熱くなりました。

ハルとイリスは似たもの同士で、同じような悩みを抱えていたからこそ、分かり合えたのだと思うと尊い関係を見せて貰えたなと思いました。

また、周りの大人達がハル達に寄り添ってくれる人達で、暖かい雰囲気になっていたのは良かったです。

 

子供から大人まで、幅広い層に届いて欲しい物語でした。

 

タイトルも読み終えて見ると、胸にグッとくるものがあります。

 

小学六年生、風船で宇宙撮影に挑む。
奮闘するハルくんを、きっと応援したくなるはずです――
読み終えたあとは、もっと。
第34回坪田譲治文学賞受賞作

将来、NASAのエンジニアになりたい小学六年生の佐倉ハルくんは、風船による宇宙撮影を目指しています。できる限り大人の力を借りず、自分だけの力で。意地っ張りな性格もあってクラスでは孤立、家に帰っても両親とぎくしゃくし、それでもひたすらひとりで壮大な目標と向き合い続けるハルくんの前にある日、金髪の転校生が現れて……。第34回坪田譲治文学賞を受賞した、ひとりの少年の夢と努力の物語。奮闘するハルくんを、きっと応援したくなるはずです――読み終えたあとは、もっと。