羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

キャラ・ライト文芸

夏休みの空欄探し

似鳥鶏先生の最新作は青春モノ。 暗号を解くというミステリー要素があるが、それよりも男女4人が一夏の青春を謳歌している様子が印象的でした。 思春期特有の男のモヤモヤした感情を見事に掘り下げていて、クラスで目立つ清春と目立たない主人公・ライの友…

発注いただきました!

短編、エッセイ、それぞれ企業から出されたお題に答えた作品の数々。最初はちょっと心配していたが、流石は朝井リョウ先生。どの話も惹きつけられる魅力があって、最後までワクワクして読めました。 朝井リョウ先生の自由奔放でありながら、読み始めたら掴…

晴れ、時々くらげを呼ぶ

優しくて暖かい小説です。 単行本で読んでいましたが、表紙が変わっていて、可愛らしかったので読みました。 良い読書でした。 様々な実在する小説が会話に出てきていて、知っている人はニヤけてしまう。チョイスが良い。 タイトルのクラゲを呼ぶというのは…

本格王2022

参加している作家陣に惹かれて読みました。 結果、素敵な短編の数々に出会えました。 個人的には、道尾先生、芦沢先生の短編が飛び抜けて好きでした。最初から最後まで気が抜けないうえに、結末までたどり着いたら頭から離れない余韻があったのが良かったで…

競歩王

競歩という競技は知ってはいるが、どんな気持ちで歩いているのか、何を目標にやっているのかを知らなかったが今作を読めば競歩というのは我慢と爽快感が隣り合わせの良い競技なんだなと勉強になります。 最高のスポーツ小説でした。競歩という競技について…

ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 V 信頼できない語り手

今回は別シリーズの登場人物が参戦してくるが、知らなくても問題ないです。 推理小説としてかなりフェアな事件だったなと。ただ、真犯人に関してはたどり着ける余地があったかは分からない。李奈の行動には驚いた。 ある程度は予想出来るシチュエーションだ…

天久鷹央の推理カルテIII: 密室のパラノイア

小鳥遊と鷹央の関係は安定しているが、それを崩しにいくことで揺らしていくのは良かったと思います。 小鳥遊と鷹央の関係は仕事上同じ場所にいられるのだなと再確認出来ました。社会人として上からの辞令には逆らえない。別れそうになる2人にハラハラしつつ…

プリズン・ドクター

最近、岩井圭也先生の作品にハマっていて、今作は刑務所の医者という未知な職場を舞台にしているので気になりました。 主人公の史郎が母の介護についてや自分のやりたいことではない刑務所で医者の仕事をすることについて、考えていき、変化していく様子は…

高校事変 X

田代ファミリーとの戦いが終わり、穏やかな日々がと思いきや、さらに激化していくとは思いもしませんでした。 今までは半グレ相手だから無双出来ていたのか。 今回、戦場に出ることになった結衣だが、軽く捻られる。今まで通りいかずに苦戦するのが珍しかっ…

教室が、ひとりになるまで

皆が仲良く。それは出来るに越したことないが、強引に作られた仲良し空間には嫌気しか生まれない。 それは無理矢理自分を押し殺さないと周りから外れるのを意味するから。 そうならず、自然に仲良くなれると良かったんだが。 スクールカーストの苦しさは結…

レジェンドアニメ!

ハケンアニメのスピンオフ。瞳、香屋子、並澤、王子、それぞれのその前とその後が垣間見ることが出来て、より彼、彼女らが近くに感じることが出来ました。 映像化により、刊行が決まったのか分からないが、とにかくクリエイターやプロデューサー達のひりつ…

JK

松岡圭祐先生の新作は少女が肉体を駆使して、悪を滅ぼす様は見事。 それは良いことか、悪いことか。 客観的にはやりすぎかもしれないが、作中の序盤での不良達の悪行を見ている為、心が痛まない。 家族想いで周りに好かれていた紗奈に襲いかかる悲劇に非常…

入れ子細工の夜

阿津川先生の濃いミステリーって感じがして、読んでいて疲れる部分もあるが作者のミステリー愛がほとばしっているようで良かったかなと。 固定観念などがあると到底真相にたどり着けないような、自由奔放な揺さぶり方をしてきて、楽しい読書でした。 作者の…

ハケンアニメ!

映画観て、再読。1度目より物語に入り込めました。 文章への慣れや社会人が主役の小説を読み慣れている今だから刺さりました。 アニメ作りに関わる人達の必死な思いと自分の仕事に対する熱量に心揺さぶられました。 アニメ作りの困難な部分を描くからこそ、…

俺ではない炎上

読み応え抜群の逃走劇に、意外な犯人、先が読めないハラハラ感が読む手を止まらせない。 怒涛の展開だが、最後まで一気読みです。 読み始めたらもう最後までいくしかない。 そんな魅力がありました。 SNSで呟かれる無責任な言葉、仕事でついボロが出てしま…

青い春を数えて

青春の痛みをよく描いた短編集でした。 各話の少女達の葛藤やもがきを追っていくのが楽しかった。息苦しい学生時代でも喉元通り過ぎれば熱さを忘れる。しかし、苦しいひと時を忘れるのは容易ではない。 学生ならではの視野の狭さ、だがそれが良い。 部活、…

高校事変 IX

優莉結衣と田代ファミリーの戦いが終わる。 深い因縁が出来ていたからこそ、勇次の暴走具合にいよいよだなと思えました。 結衣は発熱に侵されながらも下劣な勇次と最後の戦いに挑む。結衣は自分のことを冷静に見れているが、勇次は冷静な判断も出来ずに罪を…

流浪の月

映画化を機に読み返しましたが、再び物語に呑まれました。 世間では誘拐とされている事件も蓋を開けてみれば、救いの時間だった。 更紗と文の同居は世間から許されないものだったかもしれないが、許される必要があるだろうか。 世間は事実を拡大解釈して決…

高校事変 VIII

後がない田代ファミリーの悪あがきが凄い。遂に核爆弾まで出してきたか。 そして、様々な半グレ達を使って、優莉結衣を殺そうとする。 それでも結衣を仕留めきれずに田代ファミリーは結衣の反撃に遭うのだから、敵対するだけアホ。 変に欲張るから結衣を仕…

慟哭は聴こえない: デフ・ヴォイス

もう、このシリーズ大好き。 障害を抱えている人達の叫びや苦しみには心が苦しくなるが、その状況は現実でもあるのだと思うと勉強しないといけないなと思う。 今回は短編構成だがどの話も粒揃い。各話、テーマに沿った展開で、最後まで読むとひしひしと切な…

ルームメイトと謎解きを

素晴らしい謎解きと先が気になって仕方がないように巻かれた伏線でした。 読み終えるまで、没頭して読めました。 探偵と助手のデコボココンビに青春を感じつつ、本格ミステリらしく容疑者を絞っていく推理過程が丁寧で良かった。読んでいる読者も2人と同じ…

有限と微小のパン

約900Pの長編で読むのが疲れました。 ただ、読み応えある内容だったのが良かったです。 S&Mシリーズ最終巻。最初のすべてがFになる以来の真賀田四季という天才の登場で、分けがわからない事件へと発展していく。凡人には犀川先生と真賀田四季の会話につい…

陰の季節

警察小説で、事件というよりも警察内のいざこざを描いていて、警察官の苦悩がより感じられました。 事件というよりも人事、密告、無断欠勤など地味なふうに思えるが、真相を辿っていくたびに謎が深まると共に真相にたどり着いた時に浮かび上がってくる苦い…

星やどりの声 文庫

良い家族小説でした。 読み終えて、心が前向きになれます。 父親を亡くした家族の人生の分岐点を視点を変えて描いていくことで、全員の心にあったシコリを見つけられて、かつ解消されていく過程が見れるので、なんと素晴らしいことか。心理描写に長けている…

天久鷹央の推理カルテII: ファントムの病棟

1話目は軽い雰囲気、2話目はちょっとシリアス、3話目は締めでもあるので深みがありました。 安定感のある物語でした。 医療、病院、病気を絡めた人間ドラマになっていて読み応えがあります。 医療のトリックを使うことで、一体何が起きているのか分からず、…

恋せぬふたり

ドラマを観ていて、内容は知っていたが文章でも高橋さんと咲子の関係に惹かれました。小説ならではの、2人の心境が覗けたのが良かったです。ドラマでもモノローグはありましたが、咲子視点だったので、高橋さん視点は珍しく感じました。 変更していた点とし…

うつくしが丘の不幸の家 文庫

以前から気になっていた作品で期待してましたが、期待以上の小説でした。 不幸の家と噂されていた家で暮らしていた家族と、今住もうとする家族の物語。 代々住んでいた人達の家族事情は考えさせられます。読んでいて、悩む家族の人がどう立ち直っていくのか…

高校事変 VII

高校事変の前に起きた甲子園での事件。そこに結衣は立っていた。まだ人を殺し慣れていない様子に初々しさを感じてしまう。 もう7巻まで達すると感覚がおかしくなるよ。 結衣が殺しに目覚めざるを得ない環境が悪い。 昔の事件と今が交差して、不審な謎を暴い…

431秒後の殺人: 京都辻占探偵六角

紙魚の手帖に表題作が載っていて、読んでいたので面白さは知っていたが、それ以外の短編も惹きつける謎の死とトリックで、読み応え抜群でした。 各話、最後の最後まで分からないのが良い。 事件の状況が独特で、どのように殺人をしたのか分からないので、読…

龍の耳を君に 文庫

前巻で終わらずにシリーズ化してくれたのは嬉しいです。 荒井が家庭、仕事で悩みながらも困っている人を見捨てられない優しさがある。 その性分が今回、人助けにつながっていて良い。 ろう者がろう者を犯罪にハメたり、障害を持っている人が証言をしたり、…