羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

キャラ・ライト文芸

名探偵の証明 蜜柑花子の栄光 文庫

名探偵のあり方を探求し続けたシリーズの最終巻。 前巻から登場した祇園寺が再び登場してきて、蜜柑と相方の日戸が振り回される。 蜜柑の名探偵として試される連続謎解きにカタルシスを感じつつも違和感があり、全てが収拾していく結末は見事としか。 途中…

虚構推理短編集 岩永琴子の純真

今回も短編集。中編も混ざりながらだが、面白さは損なわれておらず、どの話も思考を捏ねくり回す琴子の言葉に振り回されて痛快だった。 毎巻の如く、作品のコンセプトでもあるからだが、情報を拡大解釈するのが素晴らしい。 読めば読むほど、その発想があっ…

スロウハイツの神様(下)

上巻からの気になる伏線を回収しつつ、怒涛の畳み掛けで感情がぐらぐら揺さぶらて、疲れるのに読む手が止まらなかった。 上巻で、ん?と思っていた部分や謎だったことも全てひっくるめて描き切っているので、これ以上ないくらいの幸福な締めだったと思いま…

星詠師の記憶 文庫

阿津川先生の作品で唯一未読だったので文庫化して嬉しい。 厚い一冊ですが、最初の仲の良い兄弟が家庭環境に負けずに生きていこうという導入や被疑者を射殺してしまった刑事の行く末など、掴みが抜群でした。 また、未来予知という能力をここまで複雑にして…

スロウハイツの神様(上)

辻村先生の作品で何読もうかなと思ってたら、クリエイター達の同居生活ということで気になって手に取りました。 クリエイター達がそれぞれの目標やそこに至れてない現実が描かれている。そこのもどかしい気持ちは重たくのしかかってきます。 また、各々の心…

フーガはユーガ 文庫

優我と風我。双子には誕生日にだけ起きることがある。 それは意識が入れ替わるということ。 恵まれない家庭環境で、その特別な能力があったから、2人で生き延びれた。 入れ替わりは地味で使い方が難しいと思っていたが、柔軟な発想で効果的に使っていて上手…

7.5グラムの奇跡

目が普通に機能して、世界が見えるということがどれだけの奇跡か。 この作品を読んで、改めて見えることの有り難さを痛感しました。 主人公・野宮が最初はミスして周りにフォローされてばかりだったが、誠実に目を見て話す彼の人柄が評価されるようになって…

ペッパーズ・ゴースト

まさにペッパーズ・ゴースト!意味は是非最後まで読んで確かめて欲しい。 伊坂幸太郎先生の集大成ということですが、そういうことは気にせず読んでほしい力作でした。 主人公・檀先生は他人の飛沫を摂取すると、相手の翌日の未来が見えるという不思議な能力…

本が紡いだ五つの奇跡

帯に書かれていた、本を愛するすべての人に!という台詞が気になって読みました。 読み終えて、はぁ〜と心に染み渡る連作短編集でした。 登場人物の揺れ動く心情を描くのが抜群に優れていて、読んでいて心に訴えかけられるものがありました。 編集者として結…

魔女の娘

現代の世界観で魔法使いが存在するという舞台設定に惹かれて読みましたが、面白かったです。 現実の生活がある世界の裏で魔法という非現実的な世界もあるのだと思うとワクワクします。 ただ、その反面。 魔法使い、魔女になりたくても魔力を持たずに断念し…

探偵は教室にいない 文庫

単行本が大好きで読み返したりしていた作品で、文庫化されるのは嬉しい。 しかも、単行本にはなかった作者のあとがきが入っている。 内容としては、中学生男女4人とひきこもり探偵が登場する青春日常ミステリー。 各話スポット当てられる子たちが話の終わり…

廃遊園地の殺人

斜線堂有紀先生は作品を生み出す速さもさることながら、特殊な設定を用いて面白い作品を出すのが凄い。 今回はタイトルからして不気味で、何がやってくれるんじゃないかと予感しましたが、やはりタイトルに込められている通りでした。 プレオープンの遊園地…

僕が答える君の謎解き 2 その肩を抱く覚悟

素晴らしい! 1巻同様、青春とミステリーが組み合わさっていて満腹です! 特にミステリーとしてガチガチのロジカルが展開されていて、解決パートで真相が明かされると、あぁ!と気付かされるのが気持ちいい。 最初のカンニング事件の濡れ衣を晴らす過程や次…

開化鉄道探偵 文庫

発売時から表紙やあらすじで気になってはいたが、手が出せてなかった。 もう勢いで読もうと思いきって買いましたが、満足出来る作品でした。 探偵に弱い人からすると、今作の探偵ポジの草壁が魅力に見えるでしょう。 飄々と事件を探っていく振る舞いが良い…

誰も死なないミステリーを君に 眠り姫と五人の容疑者

ナンバリングがないので、なんだろうと思ったらが、前日譚だからか。 死線が見える志緒が苦しんでいた時に佐藤と出会い、志緒の重みを取り除こうとする佐藤の考えは志緒にとって大きかっただろう。また、佐藤にとっても志緒の能力に救いを感じているようで…

誰も死なないミステリーを君に 2

誰も死なないよう、死の予兆、いわゆる死線が見える人を調べて守っていく佐藤と志緒。 志緒の友人・飛鳥が莫大な遺産相続が舞い込むからなのか、否か。 獅加観家に潜む裏側を知っていくうちに、思いもよらぬ事態に。 飛鳥だけでなく、その周りの人達に現れ…

誰も死なないミステリーを君に

再々読ということで大筋は覚えていて、細かなところは抜けていたので、またまた楽しめました。(幸せ) 今作は読めば読むほど発見があって、味わえます。 何度読んでも美しい構成と台詞の数々に虜になっとしまいます。 現実で誰も死なないミステリーを作るの…

鬼人幻燈抄(2)-江戸編 幸福の庭 文庫

1巻の後、甚夜が成長したのが伺える。 激動の始まりから、旅して強くなって頼もしくなっている。 鬼と人は敵対するものだと思うが、中には手を取り合って支え合えることもあると懐の広さを感じました。 人の生活に紛れていたり、様々な鬼の生き方があるんだ…

リバーサイド・チルドレン 文庫

叫びと祈りでガッツリ作者に心掴まれたので、次作のリバーサイド・チルドレンは楽しみにしてました。 今回も異国カンボジアを舞台にしていて、本筋とは離れた情報描写がうまくて頭の中で主人公達が過ごす風景が想像出来て、それだけでも心地よいです。 主人…

叫びと祈り 文庫

作者の別作品が文庫化されるので読み返しました。 外国の様々な場所が舞台になっていながら語り手が多言語を話せる日本人ということで、話に入りやすいのは大きいです。 また、場所や風景、感情等の描写が上手いので、文章読んでいて頭に入ってきやすいです…

君と漕ぐ4 ながとろ高校カヌー部の栄光

遂に舞奈が大会デビュー! 今まで学ぶことばかりで、試合になると傍観するしかなかったから、やっと仲間達と同じくカヌーが出来ることになったのは感慨深いものがあります。 大会で舞奈は悔しさ、喜びを経験して、感情剥き出しの姿を見れて、読んでいてグッ…

自由研究には向かない殺人

タイトルに惹かれて読みましたが、読んで良かったです! 今年読んだミステリー作品の中でも屈指の面白さでした。 主人公のピップが非常に魅力的で、物事に対しての向き合い方や友達への配慮などが優れている。 そんな彼女が地道な調査や綱渡り的な活躍を見…

異能持ち名探偵大集合の似鳥先生の最新作 推理大戦

発売を知ってから楽しみにしていた作品で、似鳥先生が名探偵を取り扱うって珍しくて興味津々でした。 推理ゲームを行うために日本だけでなくよその国からも名探偵を集めるということで、各国から名探偵を選ぶまでの過程もしっかり描いているのは丁寧で良か…

君の話

夏に浸りたくなる作品なので再読しました。 久しぶりに読み返して、初めに読んだ頃は何て思ったのか気になりました。 数年前に一度読んだぶりだったので、忘れていました。 記憶って、いつまでも保持していたいなと思うけど、実際は難しい。 そんな記憶を題…

アイアムマイヒーロー!

晴れ、時々くらげを呼ぶでデビューした作家の新作ということで楽しみにしてました。 ふらふら生きてきた主人公がある日、突然過去に別人となってタイムスリップする。 不思議な現象のおかげで、自分の小さな頃の無邪気さと向き合うことに。 大学生まで生き…

君に恋をするなんて、ありえないはずだった 課外授業は終わらない

今年初めに君恋シリーズを読み返していて、改めて作品の良さを確認していましたが、やはり君恋のすれ違い、迷いながらも気持ちを自覚していく作風が好きだ。 この短編集の発売が決まった時はまさかと思ってましたが、出てくれて嬉しいです。 靖貴と恵麻の恋…

本のエンドロール 文庫

素晴らしい物語でした。印刷会社という本が出来上がるまでに欠かせない仕事をしている人達の矜持を感じました。本を作るのは作者や編集だけでないというのがよく伝わってきました。 自分はよく小説を読むが、作者、イラスト、レーベル、あらすじ、帯は気に…

シンデレラ城の殺人

タイトルを知った時から読みたいと思っていた作品で、期待を飛び越える着地が見れて非常に満足なミステリー作品でした。 シンデレラが名探偵で容疑者。もうこの字面だけで惹かれる物語でした。 主人公・シンデレラは口先が上手くて、屁理屈が上手い。そんな…

Butterfly World 最後の六日間

ミステリーとして霧に包まれたような起こる筈がない謎の殺人が起きて、その事件の解決までの筋道がなんと美しい。 丁寧に可能性を調べて、そして絞る。 最後の解決編での提示は読んでいて圧巻でした。 凝っている事件だが、実はあっさりとしているのは中々…

兇人邸の殺人

剣崎シリーズ第3巻。 今回はテーマパークで斑目機関によって生み出された首切り殺人鬼に追われながら、近くに潜む殺人犯にも気を配らなければならないという厳しい状況に。 何が何でもクローズドサークルを作ろうとする熱意が感じられました。 様々な方法で…