羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

早川書房

ブラックサマーの殺人

ストーンサークルの殺人の続編。 今回もボリュームがある1冊だが、飽きさせないハラハラした展開をしていて、楽しく読めました。 ポーが昔捕まえた犯人が実は殺人をしていなかった疑惑があがり、次々とポーにとって悪夢のような状況が整えられていく。 前作…

ストーンサークルの殺人

分厚い1冊だが、読み進めていくうえで必要な分量だったのだなというくらい、情報が詰められているので満足度が高いです。 作品の中心にある連続殺人の方法や規則性はグロいものがありました。 その事件を起こすに至った経緯もモヤモヤするものでしたが、最…

君の話

夏に浸りたくなる作品なので再読しました。 久しぶりに読み返して、初めに読んだ頃は何て思ったのか気になりました。 数年前に一度読んだぶりだったので、忘れていました。 記憶って、いつまでも保持していたいなと思うけど、実際は難しい。 そんな記憶を題…

第八の探偵

発売前からミステリー作家達がTwitterで呟いていて、登場人物が作家と編集者ということで気にならざるを得ない。 数学の理論を用いる作家と編集者が1冊の本に収録されている短編を1話ずつ読み上げて解説していく形式で進む。だから登場人物が作家と編集者だ…

楽園とは探偵の不在なり

斜線堂先生の孤島と館モノのミステリー。 題材が題材だけに作風が硬くなるかと思いきや、2人以上殺したら地獄に堕とす天使がいるというファンタジーさが作品全体に大きく影響を与えていて、不思議と読みやすくなっていました。 主人公の青岸焦はかつて名探…

なめらかな世界と、その敵

去年、2019年に出て、好評だったので読みました。そしたら…(あらすじ)いくつもの並行世界を行き来する少女たちの1度きりの青春を描いた表題作のほか、脳科学を題材として伊藤計劃『ハーモニー』にトリビュートを捧げる「美亜羽へ贈る拳銃」、ソ連とアメリカ…

君の話

君の話作者: 三秋縋,紺野真弓出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2018/07/19メディア: 単行本この商品を含むブログを見る (内容)二十歳の夏、僕は一度も出会ったことのない女の子と再会した。架空の青春時代、架空の夏、架空の幼馴染。夏凪灯花は記憶改変技術…