羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

災厄の町〔新訳版〕

災厄の町〔新訳版〕

 

初エラリイ・クイーン作品でしたが、大満足のミステリでした。

エラリイ・クイーンというのは登場人物の探偵の名前からなのか。

クイーンは食えない奴で飄々と過ごしつつ、要所で頭脳を発揮していて、周りを動かせる能力がある。

会話や言葉のチョイスも良い具合に肩の力が抜けていて、気に入りました。

 

事件を通して、罪に問われた人、問われなかった人の隠された顔を覗かせていて、真実が明らかになった時はゾッとしました。そこまでするのかと。違和感ある流れですが真実を知った上だと見方が変わる。辛い、ビターな余韻がまた良い。

謎のヒントをしっかり拾い上げたうえで、衝撃を与えられて、読み終える頃にはふらふらです。

 

とても面白かったので、シリーズの続巻も読みます。

 

タイトルの災厄に関しては確かにそうかもと思ってしまいました。

 

結婚式直前に失踪したジムが、突如ライツヴィルの町に房ってきた。三年の間じっと彼の帰りを待っていた婚約者のノーラと無事に式を挙げ、ようやく幸福な日々が始まったかに見えた。ところがある日、ノーラは夫の持ち物から奇妙な手紙を見つける。そこには妻の死を知らせる文面が…旧家に起きた奇怪な毒殺事件の真相に、名探偵エラリイが見出した苦い結末とは?本格ミステリの巨匠が新境地に挑んだ代表作を最新訳で贈る。