羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

キュレーターの殺人

キュレーターの殺人 ワシントン・ポー (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 

ワシントン・ポーシリーズの3作品目。

毎回のことだが、厚い。

しかし、それが気にならないくらい夢中になって読めました。

前1.2作品は面白いのだが、読むのに時間がかかっていました。

今巻は場面展開がスムーズだったり、ポーとティリーの関係が安定していて、役回りも決まっていて上司にも理解されているからか分からないが読みやすかった。

ポーの軽口は相変わらずだし、ティリーは成長してるし、シリーズとしての積み重ねが感じられます。

 

今回は猟奇的な犯罪で相当練った上で事件を起こす犯人を突き止めていく、ポーとティリーの調査が魅力的でした。ふとした見逃してしまいそうなヒントを逃さないポーと得意分野だけでなく苦手分野でも頑張ったティリーのバディとしての活躍が光りました。

中々尻尾を出さない犯人だが、2人の執念が犯人を追い詰めていました。

犯人への道が、そんなことから繋がるのという驚きがあり、小さな違和感から真相に向かっていくのが興味深かったです。

 

中々胸が痛むシーンがありましたが、それは今作では仕方ないのか。辛いけど幸い…なところに落ち着いて良かった。

しかし、犯人から真犯人へ向かっていき、たどり着いた結末にはゾッとしました。

たしかに伏線は巻かれていたな…

真犯人の動機に関してはそこが繋がるのかと崩れ落ちそうでした。

流石にショックを受けました。

 

素晴らしいミステリーでしたが、幕引きがビター。

 

シリーズの続刊が早く読みたいけど、また来年かな。楽しみにしてます。

 

ストーンサークルの殺人』『ブラックサマーの殺人』の刑事〈ワシントン・ポー〉シリーズ、驚愕必至の第三作登場。
人体連続切断事件の背後に潜む「キュレーター」とは?
「先が読めたと思うなら、あなたは注意が足りていない……」
著者M・W・クレイヴン自薦!

クリスマスの英国カンブリア州で、切断された人間の指が次々発見された。プレゼントのマグカップのなか、ミサが行われた教会、そして精肉店の店内で――。現場には「#BSC6」という謎めいた文字列が。三人の犠牲者の身元を明らかにしようと国家犯罪対策庁のワシントン・ポー刑事とステファニー・フリン警部、、ティリー・ブラッドショー分析官らが捜査に乗り出す。だが彼らはまだ知らない。この連続殺人の背後に想像を超える巨悪「キュレーター」が潜んでいることを……。ポーやティリー、フリンたちが相対する敵の正体とは!? 驚愕必至のシリーズ第三作。解説/若林踏