羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

講談社文庫

詩的私的ジャック

面白い。 ミステリーとして、歌詞の通り、1人ずつ死んでいく。それも密室で。いったい何が起こっているのか不気味で、最後まで引きつけられました。 密室を作った方法もそうだが、密室にする動機も気になって仕方なかったが、犀川先生の言う通り、動機なん…

笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE

館モノミステリー。 巻数を重ねて、様々なタイプのミステリー話を読めるのは嬉しいが、今回はあまりにも煮え切らない締めだったのは残念でした。 事件の被害者達や関係者の思惑もハッキリせずにモヤモヤする終わりで、犯人の動機も分からずに締めくくられる…

凍りのくじら 文庫版

辻村先生の作品はまだ、数冊しか読んでいないが、その中でも屈指の満足度! 辻村先生の作品でこれ以上のものはあるのか?と思ってしまうくらい面白かった。 主人公・理帆子の冷めた生き方は当てはまる人はいるのではないか。多数よりは少数派かもしれないが…

家族シアター 文庫

家族小説。読み終えたら、向き合える家族と一緒にいるのは良いなと思いました。 今作は家族間の距離が近いからこそぶつかり合ってしまう模様を描いている。 一緒に住んでいるからこそ、分からなくなってしまう。 そんな状況から脱していくのが気になって仕…

冷たい密室と博士たち

すべてがFとなるよりもまっすぐ、本格ミステリーでした。 密室のトリックや犯人の動機がさっぱり分からなかったですが、どうやって事件が構築されたのか気になったので犀川先生にあっさり説明された時は唖然としました。 自分の中で気にも止めてなかった、…

すべてがFになる

初森博嗣作品。有名作ですが、理系要素があるのでちょっと敬遠してましたが、かなり面白かったです。 確かに理系要素があり、トリックや事件に使われた部分で分からないところはあったがそれでも楽しめるように作られていたなと感じました。 タイトルのすべ…

凜として弓を引く

タイトルと表紙が美しくて、ノーマークの作品でしたが読みました。 見事に期待以上に楽しめる作品で、やっぱり勘に従うのも良いですね。 内気な少女がある日、弓道と出会い、これまでとは違う経験をしていくうちに成長していく青春弓道小説。 主人公の楓が周…

スロウハイツの神様(下)

上巻からの気になる伏線を回収しつつ、怒涛の畳み掛けで感情がぐらぐら揺さぶらて、疲れるのに読む手が止まらなかった。 上巻で、ん?と思っていた部分や謎だったことも全てひっくるめて描き切っているので、これ以上ないくらいの幸福な締めだったと思いま…

スロウハイツの神様(上)

辻村先生の作品で何読もうかなと思ってたら、クリエイター達の同居生活ということで気になって手に取りました。 クリエイター達がそれぞれの目標やそこに至れてない現実が描かれている。そこのもどかしい気持ちは重たくのしかかってきます。 また、各々の心…

本のエンドロール 文庫

素晴らしい物語でした。印刷会社という本が出来上がるまでに欠かせない仕事をしている人達の矜持を感じました。本を作るのは作者や編集だけでないというのがよく伝わってきました。 自分はよく小説を読むが、作者、イラスト、レーベル、あらすじ、帯は気に…

コンビニなしでは生きられない 文庫

ふと気になるタイトルをしていて、緩い感じのミステリーかと勝手に想像してましたが、物騒な事件から始まり良い意味で裏切られました。 どの話もコンビニだからこそ、起きる事件になっていてこだわりがあって良いです。 また、働いたことがなくても使うこと…

掟上今日子の婚姻届 文庫

婚姻届とは?って思いましたが、そういうことですか。記憶を維持できない今日子さんだからこその価値観が存分に語れていて、興味深かったです。 今回は登場人物が少なく、犯人を当てるというよりは動機や裏側を探っていくスタンスで今日子さんの様々な面も見…

魔王 文庫

伊坂幸太郎先生にしては珍しく、スッキリ解決という話ではないのが特徴でした。 魔王は安藤兄が不思議な能力を得て、それを利用し自分の道を突き進む話だがなんとも言えぬ畳み方で呼吸に繋がっていく。呼吸では安藤弟が兄が死んでから不思議な能力が目覚め…

完パケ! 文庫

映画作りに熱を注ぐ青春物語で、ただ明るいだけではなく心の隅にこびりつく気持ちも掘っていて、感情が揺れるような作品でした。 主人公は2人いて、切実に映画に力を入れられる安原と器用で優秀な北川が手を組んで相乗効果を生んでいて良かったです。 最初…

霊視刑事2 雨空の鎮魂歌

1巻が死者と話せて、事件を追っていくのが珍しく映りましたが、今巻は夕雨子と野島が信頼しあっているからスムーズに進んでいるのが逆に物足りなかったです。 とはいえ、1話1話の読み終えた後は死守が報われる落ちになっているので心が暖かくなるのは健在で…

霊視刑事夕雨子1 誰かがそこにいる

霊感を持つ夕雨子が刑事として仕事をしていき、事件ごとに出会う幽霊に寄り添って心残りを晴らしていく。 情に厚い夕雨子が霊感を持っていることで、死んでしまった人の無念をなくして成仏させていくことの余韻が出ているように思いました。 なぜ死んだのか…

サブマリン

チルドレンの続編。 今回は少年犯罪でも重い殺人問題について書かれていた。 未成年の重罪への世間の風当たりの強さは行き場のない気持ちをどこかに向けたくなる人間の弱さからなのかなと。 被害者が加害者を怒るのはまだ分かるが、関係ない人が怒りだして…

チルドレン

自分の中の信念を曲げずに貫く陣内が憎たらしくも嫌いになれない人物で、陣内に引っ張られるように読み進められました。 陣内は明るい陽気な部分と薄暗い陰な部分が秘められていて、そのバランスが絶妙でした。彼が吐く言葉は暴論に聞こえるが、心に届くもの…

掟上今日子の退職願 文庫版

退職願を出すのはよく考えてからに。(あらすじ)退職願を胸ポケットに忍ばせ、波止場警部は揺れていた。 彼女の最後の事件は、公園の噴水に浮かび上がった水死体。 しかしその不可解さゆえ、名高い忘却探偵・掟上今日子と協力捜査することになり……。 辞めたが…

掟上今日子の遺言書 文庫版

タイトルに遺言書が入ってるのと、表紙が暗くてアンニョイな感じがして、重い話なのかと思ったが、その通りにしないのが、作者らしいです。シリーズ1巻に登場していた厄介が再び登場して、空から降ってきた女子中学生にあたり、怪我をすることから始まらなく…

病弱探偵 謎は彼女の特効薬 文庫版

病弱少女・マイの唯一の楽しみは幼馴染・ゲンキが持ってくる謎を解く事。探偵とワトソンのような2人だが、思春期の男女ということで、ミステリーだけでなく、ラブコメとしても見れて楽しい。基本はゲンキの報告でマイは謎を解くから、ちょくちょく外すのはミ…

掟上今日子の挑戦状 文庫版

今回はアリバイ、密室、ダイイングメッセージを題材にした中編一本、短編二本が収録。1話目のアリバイは犯人目線が多めだったけど、動機が予想の斜め上を狙ったもので、まんまと騙された。ぐぬぬ。2話目の密室はよくよく考えていくと分かったのかなと。ただ…

掟上今日子の推薦文 文庫版

毎巻語り手が変わる形式なのか、残念と思ったら今回の守を読み終えたら愛着が湧きましたので次巻以降も慣れていくんだろう。謎は凄い難しいわけではない(登場人物の少なさと場面が限られていた為)が楽しく読めました。やっぱり今日子さんのキャラクターとし…

旅猫リポート

旅猫リポート (講談社文庫)作者: 有川浩出版社/メーカー: 講談社発売日: 2017/02/15メディア: 文庫この商品を含むブログ (7件) を見る (内容)野良猫のナナは、瀕死の自分を助けてくれたサトルと暮らし始めた。それから五年が経ち、ある事情からサトルはナナ…

掟上今日子の備忘録 文庫版

本屋に寄ったら前から気になってた掟上今日子の文庫版が売っていて、迷わず即買いしました。単行本とドラマの存在は知っていたのですが、どちらの媒体も苦手なので忌避してました。だけど最近、心変わりして、食わず嫌いは良くないと思い、改心してきました…