羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

講談社文庫

有限と微小のパン

約900Pの長編で読むのが疲れました。 ただ、読み応えある内容だったのが良かったです。 S&Mシリーズ最終巻。最初のすべてがFになる以来の真賀田四季という天才の登場で、分けがわからない事件へと発展していく。凡人には犀川先生と真賀田四季の会話につい…

掟上今日子の家計簿 文庫

今回はメタなミステリー構造談義と言ったところ。 1冊丸々先生の好奇心が詰まっているようで、苦手な人は苦手かもしれないです。 最初の事件の殺人動機にはこんなのもありかと新たな発見をしました。無鉄砲な犯人の動機は読めないよな。犯人の心理状況も加…

黒と茶の幻想 (下)

下巻。 上巻から気になっていた部分が中盤前くらいで疑問は解けて、どうするのかと思ったら、大人しそうな節子の冷静な一面にドキッとしました。とはいえ、話してわがだまりなく旅を終えてホッとしました。 今作は様々な謎と題して、登場人物の深層心理と向…

放課後 文庫

東野圭吾先生のデビュー作を読みました。 学校で起こる殺人。しかも密室。構えながら読んでいて終盤のある部分まで読めば犯人にたどり着きました。トリックは半分くらいですけど。 わりとフェアなミステリーになっていて好印象でした。 大胆なトリックでし…

黒と茶の幻想 (上) 文庫

上巻とはいえ、かなりスローな出だしなのかな。 男女4人の旅の間の会話を中心に展開していく。 昔からの付き合いで気さくに話し合う空気感に落ち着くなと思ったら、鋭く胸を突いてくることも。 小さな、不思議な謎をこうなんじゃないかと話していく、合って…

数奇にして模型

今回はストレートな謎解きと思いきや、事件ではない部分が印象的でした。 国枝先生の考えや新キャラの大御坊、萌絵の友人、知人のラブちゃんと金子の顔見せなどがありました。 事件は密室のトリックや犯人の目的や動機が分からない事が多かったが、明かされ…

やがて海へと届く 文庫

映画観てから原作へ。 原作を読んだら映画化にあたり改変されたんだなと確認出来たが、悪いことではなく、むしろ適した形だったと思えました。 親友・すみれが震災で行方不明になる。心にぽっかりと穴が空いてしまう真奈。 周りは親友の死を受け入れていく…

今はもうない

萌絵の語りで事件が話されるということは様々な予想が立てられるが、自分は最後の最後に気づきました。遅いか。 1冊全体を通した仕掛けの正体にはやったなと思いました。 ただ、語り手である笹木が魅力的ではないのと、西之園のおかしさ、不審な点があるか…

麦の海に沈む果実 文庫

理瀬シリーズ。 前日譚から気になっていた、三月は深き紅の淵をの本の正体。 曖昧な部分もあるけど、真相を知ると驚かされました。 怪しげな雰囲気漂う学園に理瀬が転入して、起こる不可解な事件の数々。ファンタジーな世界観とミステリー、そして理瀬のミ…

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb

素晴らしい人生逆転劇。 人生で上手くいかず、つまづいていた人達が集まって原因となったグループに反撃して、自分の人生を取り戻していく終盤には手に汗握る展開でした。 前半から中盤にかけて、人生で落ちぶれていく様子が描かれていて、胸が痛む。 だか…

卒業

初めて東野圭吾先生の作品を読みました。 青春、学生らしい物語に期待が膨らみましたが、ビターな読み応えでした。 明るい部分はあるが、それ以上に事件の起きたきっかけや理由、犯行動機に関して心が重たくなる背景がありました。 事件が起きた理由や動機…

三月は深き紅の淵を 文庫

独特の雰囲気を持った作品でした。 三月は深き紅の淵をという誰が書いたのか、なぜ回収したのか分からない小説を鍵にした特殊な物語でした。 各話統一されることなく、三月は深き紅の淵をが存在していて1.2話読んだ時は軽く驚きました。一体、どういうことだ…

夏のレプリカ

前巻の裏側の物語。萌絵の友人、杜萌にスポットが当たっていて、彼女の悩みには揺さぶられるものがありました。 萌絵も犀川先生に見せる顔ではなく、友人に見せる顔があり、それは珍しく見えました。 読み終えて、タイトルの意味と表紙の意味に連動して気づ…

幻惑の死と使途

マジシャンのマジック中に起きた不可思議な死のトリックを暴くために動く萌絵と達観している犀川先生。 萌絵の現実の事件への食いつき方は危ういを通り越している感じ。何度も犀川先生に助けられていて、鈍ってきているのか。 警察に関しても、萌絵に振り回…

まどろみ消去

S&Mシリーズ外では初の森博嗣先生の作品。 刊行順で読み進めていこうと思っていたので、今作を読みました。 短編集って、ある程度まとまりを意識してしまうものですが、今作はまったく意識してないんじゃないかと思ってしまうくらい、不思議な雰囲気の短編…

半落ち 文庫

凄い物語を読んだ。 そんな気持ちになりました。 1人の警察官がアルツハイマーを患った妻を殺した。自主的に事情を明かしていく中、決して語らない空白の二日間の行動が、警察官、検察官、記者、弁護人、裁判官、保安官などの様々な立場の人に影響を与えて…

線は、僕を描く 文庫

単行本既読。単行本読んだ際は正直、作品の魅力に気づけなくて描写が薄い印象だったが文庫で再読してみたらガラッと印象が変わりました。 多分、前よりも読解力や楽しむツボが変わっているから、今は今作の魅力を感じとれたのかなと。 作品との出会うタイミ…

封印再度

今回は犀川先生と萌絵のイチャイチャの間に密室の事件が挟まれている感じがして、散らかっている構成だなと思いました。 ただ、密室としてはかなり惹かれるシチュエーションで真相が気になって仕方なかったです。 状況が複雑で、密室の作り方や犯人像を考え…

ぼくのメジャースプーン 文庫

素晴らしすぎて、感情が揺さぶられること間違いなし。 罪を罪だと分からず、馬鹿みたいに残酷なことをする犯人に対してどんな罰を与えるのか考えていく"ぼく"の思考や倫理観や人に対する罰について教えてくれる先生のお話に夢中になって、読んでいきました…

詩的私的ジャック

面白い。 ミステリーとして、歌詞の通り、1人ずつ死んでいく。それも密室で。いったい何が起こっているのか不気味で、最後まで引きつけられました。 密室を作った方法もそうだが、密室にする動機も気になって仕方なかったが、犀川先生の言う通り、動機なん…

笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE

館モノミステリー。 巻数を重ねて、様々なタイプのミステリー話を読めるのは嬉しいが、今回はあまりにも煮え切らない締めだったのは残念でした。 事件の被害者達や関係者の思惑もハッキリせずにモヤモヤする終わりで、犯人の動機も分からずに締めくくられる…

凍りのくじら 文庫版

辻村先生の作品はまだ、数冊しか読んでいないが、その中でも屈指の満足度! 辻村先生の作品でこれ以上のものはあるのか?と思ってしまうくらい面白かった。 主人公・理帆子の冷めた生き方は当てはまる人はいるのではないか。多数よりは少数派かもしれないが…

家族シアター 文庫

家族小説。読み終えたら、向き合える家族と一緒にいるのは良いなと思いました。 今作は家族間の距離が近いからこそぶつかり合ってしまう模様を描いている。 一緒に住んでいるからこそ、分からなくなってしまう。 そんな状況から脱していくのが気になって仕…

冷たい密室と博士たち

すべてがFとなるよりもまっすぐ、本格ミステリーでした。 密室のトリックや犯人の動機がさっぱり分からなかったですが、どうやって事件が構築されたのか気になったので犀川先生にあっさり説明された時は唖然としました。 自分の中で気にも止めてなかった、…

すべてがFになる

初森博嗣作品。有名作ですが、理系要素があるのでちょっと敬遠してましたが、かなり面白かったです。 確かに理系要素があり、トリックや事件に使われた部分で分からないところはあったがそれでも楽しめるように作られていたなと感じました。 タイトルのすべ…

凜として弓を引く

タイトルと表紙が美しくて、ノーマークの作品でしたが読みました。 見事に期待以上に楽しめる作品で、やっぱり勘に従うのも良いですね。 内気な少女がある日、弓道と出会い、これまでとは違う経験をしていくうちに成長していく青春弓道小説。 主人公の楓が周…

スロウハイツの神様(下)

上巻からの気になる伏線を回収しつつ、怒涛の畳み掛けで感情がぐらぐら揺さぶらて、疲れるのに読む手が止まらなかった。 上巻で、ん?と思っていた部分や謎だったことも全てひっくるめて描き切っているので、これ以上ないくらいの幸福な締めだったと思いま…

スロウハイツの神様(上)

辻村先生の作品で何読もうかなと思ってたら、クリエイター達の同居生活ということで気になって手に取りました。 クリエイター達がそれぞれの目標やそこに至れてない現実が描かれている。そこのもどかしい気持ちは重たくのしかかってきます。 また、各々の心…

本のエンドロール 文庫

素晴らしい物語でした。印刷会社という本が出来上がるまでに欠かせない仕事をしている人達の矜持を感じました。本を作るのは作者や編集だけでないというのがよく伝わってきました。 自分はよく小説を読むが、作者、イラスト、レーベル、あらすじ、帯は気に…

コンビニなしでは生きられない 文庫

ふと気になるタイトルをしていて、緩い感じのミステリーかと勝手に想像してましたが、物騒な事件から始まり良い意味で裏切られました。 どの話もコンビニだからこそ、起きる事件になっていてこだわりがあって良いです。 また、働いたことがなくても使うこと…