羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

オーブランの少女 文庫

オーブランの少女 (創元推理文庫)

 

デビュー短編集でこのクオリティーは凄い!

あらすじから女性の闇を描かれていそうで期待しでしたが、軽々と期待を超える1冊になっていました。

 

驚き、イヤミス、笑い、切実、ホッとする。短編集でそれぞれの話の余韻が様々で非常に良い。各話の謎はもちろんだけど、世界観やシチュエーションがいいので話ぬ惹き込まれて仕方ない。

1話ごとに違う世界を見せてくれる様で読んでいて、どんな仕掛けが待っているのかワクワクします。

登場人物の背景も練られているので、短編の短い間でもあっという間に登場人物像を掴むことか出来るのは大きいです。

 

個人敵にお気に入りは表題作と大雨とトマトです。

表題作はそうなるのかと繋がりが浮かび上がって終わるのが心地よい。

大雨とトマトはシュールなシチュエーションながら裏では…というのが大胆でクスッとしてしまう。

 

比類なく美しい庭園オーブランの女管理人が殺害された。犯人は狂気に冒された謎の老婆で、犯行動機もわからぬうちに、今度は管理人の妹が命を絶った。彼女の日記を手にした作家の「私」は、オーブランに秘められたおそろしい過去を知る……楽園崩壊に隠された驚愕の真相とは。第7回ミステリーズ! 新人賞の佳作となった表題作の他、異なる場所、異なる時代を舞台に“少女"という謎を描き上げた瞠目のデビュー短編集。