羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

龍の耳を君に 文庫

龍の耳を君に (デフ・ヴォイス) (創元推理文庫)

 

前巻で終わらずにシリーズ化してくれたのは嬉しいです。

荒井が家庭、仕事で悩みながらも困っている人を見捨てられない優しさがある。

その性分が今回、人助けにつながっていて良い。

 

ろう者がろう者を犯罪にハメたり、障害を持っている人が証言をしたり、健常者だけではなく、障害を持っている人達にも生き方や苦悩があるのだと実感させられます。

言語があれば証言は出来る。

その言語を理解されるのが難しいというのが描かれていて、胸が苦しくなります。

ただ、救いがある結末を迎えられるのでそこは安心しました。

 

苦しむ人に寄り添う物語だからこそ、成長、変化していく登場人物達に光が感じられる。

 

今回はタイトルの意味が素晴らしいくて、読み終える前と後ではタイトルを見て感じる気持ちが違うだろう。

 

 

<デフ・ヴォイス>シリーズ第2弾
丸山さんのこのシリーズを読むと、
昨日まで見えていたのと世界が変わる。
あなたにも、どうかその世界の中で、
彼らの「声」を聴いてほしい。辻村深月推薦!

手話通訳士の荒井尚人は、コミュニティ通訳のほか、法廷や警察で事件の被疑者となったろう者の通訳をする生活の中、場面緘黙症の少年に手話を教えることになった。めきめきと上達した少年はある日、殺人事件について手話で話し始める――。NPO職員が殺害された現場は、少年の自宅の目の前だった。果たして少年の手話での証言は認められるのか? ろう者と聴者の間で苦悩する手話通訳士を描いた『デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士』(文春文庫)に続くシリーズ第2弾、待望の文庫化。