羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

GA文庫

ひきこまり吸血鬼の悶々4

今巻も厚いページ数でしたか正直前半に削っても良いのでは?と思う場面はありましたがコマリが巻き込まれるなら仕方ないのかな。 新キャラのカルラはコマリと似た境遇で、和菓子屋という夢はあるが跡継ぎを求められる環境がそれを許さないというふうに気持ち…

貴サークルは"救世主"に配置されました

まさか同人活動が世界の平和に繋がるとは笑 あらすじを読んだ以上にファンタジー要素が強くて最初は面食らいましたし、なぜそうなるのがという説明が足りていませんでしたが、話が進むにつれて気にならなくなる不思議。 創作とファンタジーという未知な組み…

〆切前には百合が捗る

妹さえの最終巻の確かあとがきの後にあった軽い企画かと思ったら本当に出版されるとは思ってもなかったです。 百合人気はラノベでも高まりつつあるからですかね。 最初の同姓愛者である主人公・愛結が周りから排斥されるのは辛いな。 言葉が広まっていても、…

友達の妹が俺にだけウザい6

なんだか初期の面白さがなくなってきた。多分創作の方がおざなりになってきて、恋愛色が強くなってしまうと物足りなくなってきたからだ。 創作と恋愛のバランスが良かったのに、それが崩れたのは残念。 ただ、彩羽が迷って悩みながらもある人物の発破により…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

王道ファンタジーとして骨太シリーズの1巻。 久しぶりに一から読み返していきたいと思ったので読み返しました。 ベルが祖父の教えを胸に出会いを求めるために冒険者になったのは単純な動機ですが、そこはきっちり壁にぶつかるから嫌な感じはしません。 冒険…

天才王子の赤字国家再生術8 〜そうだ、売国しよう〜

遂にシリーズ8巻にもなってくると敵が大きくなってきますね。 それでも切り抜けるウェインの逆境を切り抜ける知恵と度量は健在で安心感があるので、最後にはひっくり返すだろうと思えます。 しかし、ウェインの凄さがどんどん広がっていくと同時に側にいる…

きみって私のこと好きなんでしょ?2 とりあえずデートでもしてみる?

1巻で仮のお付き合いすることになった黒矢と白森先輩はデートをする。 周囲には秘密だけど、秘密にしている分やりたい放題やる開き直りの良さが作品として良いテンポを作っている。 大体、白森先輩が黒矢をからかって引っ張っていくが、ところどころで黒矢…

僕の軍師は、スカートが短すぎる 〜サラリーマンとJK、ひとつ屋根の下

素敵な年の差同居ラブコメでした。 読み始める前までは軍師ってどういうことだ?と思っていたが、心理学の知識を駆使してサポートしていくというものでした。 主人公の史樹は終電帰り残業当たり前の社畜サラリーマンだが、定時で上がりたい。 史樹と同居す…

カノジョの妹とキスをした。2

不純愛ラブコメ。 まさかこうなるとは… 予想を超えるくらいドロドロになっていきそう。 晴香のターンだと思っていたが、予想以上に潔癖で身体を許さない。事情はあるんだろうけど、それを話さないと博道は信じられないよ。 好きが呪縛になっていきそうだけ…

竜と祭礼3 ー神の諸形態ー

地道に様々な人と関わり、自分が知らない思考を知ることで研ぎ澄まされていくのが分かるし、毎巻のように読んでて予想つかない結末にたどり着くのが楽しい。 離れていたイクスとユーイが再会した最後のあたりは情報量が多くて頭が重くなるが、与えられた情…

ひきこまり吸血鬼の悶々3

今回は状況やコマリ側だけでなく敵側のことまで描いていたのでエンジンがかかるのが遅めだし、コマリの愉快な日常が少なかったかな。 ただ、コマリが本気出してからの熱量は毎巻のように熱い。 敵側の暗い部分を徹底的に描いていた分、敵の思惑を吹き飛ばす…

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件3

絶好調の甘々両片思いラブコメ。周と真昼達が進級したことにより、周りのクラスメイトとの距離も変わっていく。周はイケメンの優太と友達になり、真昼は千歳とさらに仲良くなる。周は昔あった傷を思い出して、気が滅入るときに真昼がサッと近づいてきて隣に…

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる15

表紙のインパクトがありますね。 攻め攻めの姿勢で好きです。 今回、カオルが大暴れするのかと思いきや、嵐の前触れみたいに各所でやばい雰囲気を撒き散らすような動きだったので、これは次巻が楽しみです。カオルの闇深さとどう対峙していくんだろう。 そし…

痴漢されそうになっているS級美少女を助けたら隣の席の幼馴染だった2

高校2年生の夏は進路で頭が痛くなる時期ですが、そこに恋愛のもつれが加わるとさらに大変なことに。主人公・椋が鈍感という言葉だけで表せないくらい地雷を踏み歩いてるのに違和感があるが、そこは…ね。幼馴染の姫奈がかなり攻めの姿勢だった、だが椋の方が…

友達の妹が俺にだけウザイ5

最初の数巻以降控えめだった真白が積極的に動き出した。真白の父の来襲も重なって、真白との関係を周囲に見せるために明照は真白とのデートをすることになる。その裏で、最近気づいた彩羽のうざ絡みの中に潜んでいる可愛さに気づいた明照が彩羽が心を休めら…

やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく

クールを装っているが中身はチョロいヒロイン・小雪が人のちょっとした情報から相手を察してしまう主人公・直哉が出会うことで始まるラブコメ。互いに周りの人と壁を作ってしまう性格だがこの2人は相性が良く、気持ちを隠さないでいられる関係なのが良いです…

ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?6 〜とびっきりの王子様〜

ウラ、カナの過去を。(あらすじ)織原さんとの秘密の交際が家族にバレた桃田だったが、思いがけない形で家族が増えたことをきっかけに、 彼女との関係も一層深まっていた。 ところが―― 「ウラが……部屋から出てこない!?」 文化祭のクラス代表になった浦野が、…

俺の女友達が最高に可愛い。2

2巻は後輩の女友達こと、琴吹。(あらすじ)「お前、俺のこと好きだったの!?」 中村カイ、16歳。人生で初めて女の子から告白され、しかも相手は美少女――仲良くしていたバイトの後輩、アニメ大好き布袋琴吹さん! 青天の霹靂とも言えるこの事態にカイの頭は大混…

天才王子の赤字国家再生術7 〜そうだ、売国をしよう〜

フラーニャが意識を高めていく。(あらすじ)ディメトリオ皇子とその家臣達は、会議の場で困惑していた。 (どうしてこいつがいるのだろう) 会議に参加しているナトラ王国王太子ウェインも思っていた。 (どうして俺がここにいるんだろう) 三皇子のいがみ合いで…

竜と祭礼2 ー伝承する魔女ー

最高の読み心地でした。(あらすじ)おまえは初めて作った杖を憶えているか。 王都の護りの要「杖壁」が何者かに解かれた。魔法杖職人見習いであるイクスは、姉弟子のラユマタに半ば押し付けられるかたちでその犯人の調査に臨むことになる。 調査の協力者は、…

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる14

遂に明かすときが来た。(あらすじ)「エイタを『偽彼氏』にしていた事実を、みんなにちゃんと話すこと」 パチレモン復活への協力を姫香に仰ぐ真涼に対し、姫香はそう告げた。 ついに真涼はクリスマスのイベント後に、打ち明けることを決心する。 パチレモン復…

ひきこまり吸血鬼の悶々2

コマリの力がすこーし明らかに。そして友達ができた。(あらすじ)「たとえ世界がひっくり返っても私は引きこもる!!!」 第11回GA文庫大賞《優秀賞》 自己評価↓最低 他者評価↑最高 ダメダメ美少女が大勝利! 「ごめん。お前、誰だっけ」? コマリが意図せず煽って…

カノジョの妹とキスをした。

ラノベでは珍しい不純愛。沼へようこそ。(あらすじ)俺が人生で初めての恋人・晴香と、交際一ヵ月にしてやっと手を繋げた日、親が再婚し晴香そっくりな義妹 が出来た。名前は時雨。似てるのも当然。時雨は家庭事情で晴香と離ればなれになった双子の妹だったの…

きみって私のこと好きなんでしょ?とりあえずお試しで付き合ってみる?

好きな先輩に好意を見抜かれるなんて…(あらすじ)「ねえ黒矢くん、きみって私のこと好きなんでしょ」? 「な、なんでわかったんですか!?」 片想いを見抜かれること。それは陰キャ高校生――黒矢にとって死にも等しい恥辱だった。 相手は文芸部の先輩で超絶美少女…

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件2

少しずつ、歩みよる。甘い関係。(あらすじ)もどかしく、焦れったい。 でも着実に、一歩一歩。 自堕落な一人暮らしの周と、“天使様"とあだ名される学校一の美少女・真昼。関わりのなかった二人だが、ふとしたきっかけから交流が始まり、食事をともにするよう…

29とJK8 〜そして社畜は今日も働く〜

遂に最終巻。(あらすじ)「これだけは言っておきます。社畜にプライドはないが、魂はある」尊敬していた編集者、御旗と訣別し、自社のサイトでお仕事小説の連載を発表した槍羽。執筆を担当の花恋は、取材のため、変装してコールセンターの現場で働くことに。…

29とJK7 〜さらば、情景〜

憧れる鋭二に追いつこうとする、花恋と渡良瀬に落とし穴が待っていた…(あらすじ)「お前、ラノベの編集者をなんだと思ってたんだよ」「ヤクザ」多数の企業が参画するコラボレーション企画「お仕事小説コンテスト」に応募した花恋に受賞の連絡がきた。プロデビ…

29とJK6 〜あなたの隣を歩きたい〜

遂に鋭二は30歳に…そして周りの人も変化する。(あらすじ)「三十歳になった。なってしまった」ついに誕生日を迎えた社畜・槍羽。出世した以外なんにも変わらない彼だが、周囲は放っておかない。娘の真織と婚約させようとする夏川社長は、JK花恋に現実を突きつ…

29とJK5 〜消えない模様〜

3.4巻で溜まりに溜まったフラストレーションから解放されるクライマックスは必見です!(あらすじ)突如、姿を現したCEOアルカンフェルによるクビの宣告。隠し撮りされたJK・真織との“淫行写真”で窮地に陥る槍羽。一方、進学校で思うような成績を残せず、挫折…

29とJK4 〜夢のあとさき〜

大人って偉くなればなるほど縛られる。知らないうちが幸せだったんだと気付かされるんだ。(あらすじ)大出世した槍羽を待っていたのは、旧友・剣野との対決だった。彼は大銀行の審査役としてリストラを断行、槍羽と仲間たちを追い込んでくる。そんな槍羽を悩…