羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

コミック

花は咲く、修羅の如く 1

響けユーフォニアムでデビューして、様々な青春作品を描いている武田彩乃先生が原作ならば読むしかない。 舞台は小さな島と学校。 主人公・花奈が朗読が好きだが、環境や考え方に縛られて好きな朗読に打ち込むことが難しかったが、学校の先輩である瑞希が強…

税金で買った本(1)

図書館が舞台で、図書館の豆知識がありながらも硬くならずにユーモア溢れる作品でした。 主人公・平石は見た目が派手だけど知識を増やしていくことに喜びを感じるので彼の変化を見ているのが楽しいです。 図書館で仕事と利用者、未知のことに触れて、心変わ…

BEASTARS VOL.12

リズとの戦いでレゴシがルイの足を食べたのは仕方ないとはいえ、罪なこと。 そこをしっかり見せるから、肉食と草食が住む世界に説得力が生まれる。 レゴシが学校を辞めるという決断をあっさり行えるくらい、大人に近づいているのだなと。 損得では損かもし…

ブルーピリオド 6

遂に2次試験。 目指していた藝大合格目前で八虎の身体が悲鳴をあげる。 今まで努力で足りないものを補ってきたが、限界が違う来てしまった。 肉体的にも精神的にも諦めそうな状況でも踏ん張って、絵について考えを巡らせている八虎に驚きました。 また、絵…

ショーハショーテン! 1

原作、漫画が好きな小説家と漫画家とあっては読まずにはいられませんでした。 お笑いがテーマで、主人公・四十万と相方・東片がそれぞれ笑いを大事にしている2人がタッグを組んでいく。互いの背景もしっかりあって、応援したくなりました。 四十万は内気で…

アオのハコ3

三角関係の構図的に雛が損な役回りになりそうなものだが、そんなことにならなそうで安心しました。 雛が大喜と千夏の関係と自分の気持ちに気づき始めて不安に襲われるが、大喜の裏表ないハッキリとした支えに救われて、スッキリ前向きになれて良かった。 そ…

リエゾン ーこどものこころ診療所ー(7)

表紙の向山さんの表情が堪らない! いつも無表情な向山さんの過去が明らかになり、彼女もヤングケアラーだったこともあり、これからの人生を絞ろうとしている少女・足立と足立母に寄り添っていく姿には心が救われていく気持ちになりました。 頑張れて、なん…

ブルーピリオド 5

龍二が試験を放棄というのは八虎にとって、気になる出来事。 龍二が八虎を美術の世界に連れてきてくれたといっても良いくらいだから、頭がモヤモヤするのは確か。 龍二が抱えていた悩みと向き合うために八虎が優等生の殻を脱ぎ、龍二と同じところにまで降り…

カッコウの許嫁9

えりかが凪を意識し始めているが、距離感は中々変わらない。 初恋のあいが中々ぶっとんだ言動と行動力で、えりか、ひろ、幸を振り回していく。 幸やひろも良いところを見せてはいたが、あいが持っていったなと。 凪はそれぞれのヒロイン達に振り回されてい…

2番セカンド 01

タイトルて表紙に惹かれて、衝動買いしたら大当たりの名作でした! 吃音を持つ少年・あずきが苦しみながら、自分が目指すものを見つけて、がむしゃらに突き進んでいく様子は胸を打たれます。 自分も吃音で悩んでいたことがあったから、あずきが上手く話せな…

鴨乃橋ロンの禁断推理 4

キャラクター性だけでなく、ミステリー作品として良いから有栖川有栖先生が推薦していても不思議ではない。 衝撃がある推理パートも目立って良いですが、そこに至るまでのフェアな謎解きが手堅くて、雑にならない解決方法が素晴らしいです。 ロンの血筋とは…

ブルーピリオド 4

遂に藝大受験が近づいてきて、ピリピリしてくる。 桑名さんの落ちていく人を見て安心を保つのは、誰だって無意識のうちにしてしまう時があるだろう。 プレッシャーと緊張が混ざって、試されている。 八虎の器用さ、世渡り上手の部分で秀でている分、自分勝…

魔王の帰還

面白かったです! 物語と絵がマッチしていて、良いコミカライズだと思いました。 傷を抱えた姉弟が過去を、今を乗り越えようと葛藤していくのは読んでいて夢中になりました。 タイトルの魔王というのはどういう意味か。 はっとさせられる意味が込められてい…

ブルーピリオド 3

八虎は成長しているが、まだ絵書きの入口だったか。 何かをモチーフにして描くのと、テーマを与えられて創造して描くのは違うのだろう。 落ち込む八虎だが、原点である森先輩や佐伯先生から立ち直るヒントを得て、生き生きして描くことに夢中になるのは良い…

ブルーピリオド2

八虎が藝大を目指すためには親を説得するというのは大事なことで。 親の気持ちを受け入れて、自分の藝大への想い伝えることが出来たのは非常に良かったと思うし、グッときました。 藝大受験へ気持ちが上向きだったが、知らない知識や情報量、絵を描く感性や…

アニメ放送中!ブルーピリオド1

テレビアニメが始まったので読み返していこうかなと。 内容知っていても引き込まれる面白さ。 主人公・八虎が魅力的なキャラクターで、本気になれることがなく、頭も良いものだから達観している。 そんな彼が絵を描き喜びと出会い、本気になれる好きなもの…

ワンダンス06

表紙、カボか!? 随分、自信がついてきたようだ。 帯にあるが、俺は誰かの代わりじゃない。 俺は俺だ。とダンスが上手い壁谷とのバトルで怯まずに表現していくのは痺れました。 悔しがれるくらいのめり込んでいくのを見ると、本気で何かに打ち込むのは良い…

アオのハコ2

主人公・大喜が真っ直ぐに千夏先輩に恋しているのが良すぎる。 思春期特有のハプニングも良い具合に入っていて、2人の進展にドキドキするなぁ。 バトミントンで上手くなろうとする時の大喜のハッとさせられるような真剣さは熱くて好きだ。針生先輩は意地悪だ…

呪術廻戦17

悠二が乙骨に殺されて、一体どうなるんだと思っていたのでホッとした。 だけど、状況が最悪なのは変わらなくて、加茂憲倫の目的を阻止しなければならない。 そのためにどうするのかと明かされていく情報量が多くて、頭がこんがらがる… そして、五条先生の不…

リエゾン6  ーこどものこころ診療所ー

前回からの続きで、拒食症の女の子がどんどん痩せるというよりも萎んでいってしまうのを見ると、痩せるのが1番という風潮もどうなのかなと思いました。 何より、日が経つにつれて痩けていく娘を支えようとする母の心情が辛い。 友達が気づいてくれて、ぶつ…

七海みなみは輝きたい1.2巻 弱キャラ友崎くん外伝

弱キャラ友崎くんの人気キャラ・みみみを主人公に置いてのスピンオフとか原作読んでいる読者ならば読むしかない。 それに吉田はなさんの絵もピッタリで違和感ない。 本編では報われない立ち回りになっているが、こちらの外伝ではどうなるか。 母のコネを生か…

カッコウの許嫁8

新たに幼なじみが参戦してきて、さらに複雑になっていく恋愛模様。 凪の幼なじみ・あいは中々にぶっ飛んだ性格をしていて、これから場を掻き乱していくんだろうな。 ひろの許嫁問題はとりあえずは落ち着いて、考えていけるようになったのでホッとしました。…

カッコウの許嫁7

凪が一抜けと思いきや、えりかと幸も見せ場があってヒロイン達の魅力が満載で素晴らしい。 ひろとヒロイン達の繋がり方がそれぞれで、それが作品の面白さに繋がっている。 ただ、ひろの初恋相手まで出てきて、一体どうなるのか。 ひろが凪を好きという気持…

鴨乃橋ロンの禁断推理3

密室事件で濡れ衣を着せられたロンとトトのコンビの反撃の推理は見事でした。 明かされた真実の中にはロンの過去にも繋がっている情報があり、裏に潜む人物達の思惑が見えてきて、今後どう対峙していくのか気になります。 また、ロンの出生についても訳あり…

青春の魅力がたっぷり詰まっている注目の漫画 アオのハコ

真っ直ぐな青春って感じで好きだ。 ヒロインが多い作品もそれはそれで良いが、最初から主人公が好きな相手が決まっているのは一本筋が通っていて、応援したくなる。 主人公・大喜が人気のある美少女・千夏先輩に恋をしていて、ただ自分の気持ちを押し付ける…

かげきしょうじょ!! 1

学校での生活に慣れてきた、さらさ達がその時期では異例の演技の実習をしたいと思い始めてくる。 知らないこその無鉄砲なところは嫌いじゃない。 伝統校がカリキュラムを変えるのは簡単ではないが、いつかは変化は起きる。 さらさの純粋さは人を動かす。 生…

鴨乃橋ロンの禁断推理2

2巻からミステリーとして仕掛けが凝ってきて、さらに癖のある人物達が現れて面白くなってきました。 ロンが無邪気に振る舞いながらも自分の能力や過去に苦しむがトトが救っていて、良いタッグだなと。 ロンの過去の事件は真相が明かされるのは重要なところ…

かげきしょうじょ!! シーズンゼロ

テレビアニメ化されて絶賛放送中。 アニメを観て、原作を読みたくなりました。 渡辺さらさという無鉄砲に夢に直進する姿は嫌でも目に入るし、存在感がある。 さらさは男の気配がいなさそうで、実際は彼氏がいたり。普段は明るいのに暗い面もあって、惹きつ…

BEASTARS vol11

決闘の時が訪れた。 レゴシとリズの価値観のぶつかり合い、ただ戦うのではなく考えもぶつけ合って、互いに分かろうとしていくものなのは良かったです。 リズもレゴシの考えに触れて、自身の脆さを認識して弱さを知って、納得する結末なのは素晴らしいとしか…

最近読んだ、おすすめの漫画 リエゾン ーこどものこころ診療所ー

本屋でふと気になって読み進めましたが、1冊1冊に掘り下げられている子と親の抱えている悩みや苦しみが、実際にあることだと思うとズシンと胸に来るものがありました。 心の問題や病気の発見は簡単にいくことではなく、じっくりとその人の心と向き合わないと…