羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

魔女に育てられた少年、魔女殺しの英雄となる

魔女に育てられた少年、魔女殺しの英雄となる (角川スニーカー文庫)


ファルまろさんのイラストと魔女の家族モノということで気になって読みました。

出だしは非常にゆったりとしたのんびり過ごす微笑ましい家族の形でした。

主人公であるアルがある程度歳を重ねて、外の世界を見にいってからは様々な新しい知識が身についていく。

だが、アルは育ての親であるメーティーが魔女であり恐れられていることを知ってしまう。そこでアルが"魔女を殺す"と決意するのが優しくて堪らないです。


魔女・メーティー、狼・ヴェルフと過ごすだけでなく、守りたい。だから強くなる。

魅力的な主人公になっていきそうですし、無事に魔女を殺せるのか気になります。


兄貴分のアランやツンデレお嬢様のソフィアも良いキャラしていて、これからもアルといてほしいです。


メーティーがなぜ恐れているのか明かされるのを待ってます。


(あらすじ)

人里離れた森の奥。そこには魔女と狼、そして一人の少年が暮らしていた。両親に捨てられた少年アルを拾った後、不器用ながらも過剰な愛情を注ぎ育て、魔法や知識さらには世界の広さを教える為に旅に連れていってくれた魔女メーティー。二人の暮らしは、刺激的であると同時に幸せに満ち溢れていた。ある日、人々に恐れられる“禍事を歌う魔女”の存在を知ったアルはそれが―居場所のなかった自分に家族の温もりを教えてくれたメーティーであったことを知る。自身の知る彼女と世間の認識の違いに戸惑いつつ、アルはとある覚悟を決め―?数奇な運命の下に出会った二人が紡ぐ、“家族”の絆の物語。第4回カクヨムWeb小説コンテスト特別賞受賞作。


痴漢されそうになっているS級美少女を助けたら隣の席の幼馴染だった2

痴漢されそうになっているS級美少女を助けたら隣の席の幼馴染だった2 (GA文庫)


高校2年生の夏は進路で頭が痛くなる時期ですが、そこに恋愛のもつれが加わるとさらに大変なことに。

主人公・椋が鈍感という言葉だけで表せないくらい地雷を踏み歩いてるのに違和感があるが、そこは…ね。

幼馴染の姫奈がかなり攻めの姿勢だった、だが椋の方が覚悟が出来ていないのは残念。

椋に告白して振られた鳥越や元カノの篠原が悶々とした心情は良かったです。


嫉妬や劣等感など、青春のままならないことが描かれているが前に進んでいくのが良いですね。

だが、最後に落とされた爆弾がどのような影響を与えていくのか、関係が拗れていきそうです。


(あらすじ)

高校二年生の春。満員電車で困っている幼馴染の伏見姫奈を助けたことをきっかけに、疎遠になっていたはずの彼女との関係を再び歩み始めた高森諒。 
「くっついちゃったね」 
この件をきっかけに、学校でS級美少女として認められる姫奈にアプローチされる諒だが、どうやらそんな彼女の積極的な行動に気づいていないようで……? 
「……わたしは、まだ、片想い」? 
さらに加速していく姫奈からの積極的な想いと、その気持ちに薄々と気づき始める諒――幼馴染とのすれ違いの様に歯がゆくてもどかしく感じる、ため息が漏れるほどの甘い物語、第2弾。 




さいはての終末ガールズパッカー

さいはての終末ガールズパッカー (電撃文庫)


作者はオリンポスの郵便ポストでデビューしてから作品を積み重ねていき、どの作品も共通して、人の心が揺れるような話を書いていて、今作もそうでした。


文明が滅んだ世界で、旅をする少女・レミと自動人形・リーナが旅の先々で出会う人達と関わっていき、その人が抱えているものにそっと背中を押すような話で、読んでいて心に染みるエピソードばかりでした。

どの話も甲乙つけがたい内容で、あらすじ読んで気になった人にはとにかく読んで確かめてほしいです。

自分の死が近づいていく中、いったい何を残すのか。

死ぬ前に輝いていく覚悟が感じられました。


レミとリーナのそれぞれの心情が辛くて、終盤は心が痛みましたが、最後に明かされた真実にはハッとさせられました。

読んでいて、違和感があった部分が繋がっていくのは良いですね。

おかげで本を閉じた後も作品の暖かさが心に残るようになってました。


そして、レミとリーナのやりとりには確かな信頼関係があり、2人の絆が美しかったです。


(あらすじ)

どうせ終わるこの世界だから。最後の時まで二人でいたい。 
記憶を失った自動人形《オートマタ》の少女リーナ。出来損ないの人形技師でトラブルメーカーのレミ。百億歳を過ぎた太陽が燃え尽きようとする凍える世界で二人は出会った。 
「ねえ、レミ。私、もうすぐ死んじゃうかもしれないんだ」 
「リーナは私が直してあげるから!」 
人類の文明が滅んだ世界で、頼る者もいない。それでも壊れかけた人形の死を食い止めるため、二人の少女は東の果てにあるという《楽園》を目指す。 
――きっと間に合わない。でも、最後の最後までレミと一緒にいたい。 
終わりゆく世界で二人の旅は続く。





灰と幻想のグリムガル level.9 ここにいる今、遙か遠くへ

灰と幻想のグリムガル level.9 ここにいる今、遥か遠くへ (オーバーラップ文庫)


ランタがパーティーを裏切った形になりながらも、どこかで皆信じているのが良いね。

初期のランタなら信じられないかもしれないが、積み重ねてきたものがあるから、簡単には崩れない。

ハルヒロがランタをハッキリと信じてるのは、パーティーで1番ランタと話して向き合っているからこそだな。

ハルヒロとランタは正反対だがらこそ互いに意識して認め合っているのが分かり、良かった。

ランタもハルヒロを認めていて、だからこそ真意を分かってもらえなかったのが気に入らないんだよな。

ランタの葛藤も実に男くさくて好きでした。


また、ハルヒロとセトラが擬似恋人関係になり、モヤモヤするメリィの心境がぐちゃぐちゃに揺らいでいたが、神官という立場が気持ちに蓋をしているのが問題か。どうにか前向きになれたが、これからハルヒロとメリィはどうなる。

ユメのランタへの気持ちはグッとくるものがありました。

シホル、ユメ、クザクも心の内側と向き合っているのが分かり、自分の弱さをどう克服していくのか楽しみです。


ランタはやっぱりかっこいい。


(あらすじ)

ジャンボという名のオーク率いるフォルガンとの戦いが混迷を極める最中、ハルヒロたちはかつてない危機を迎えていた。ランタのフォルガンへの寝返り。そして、一人また一人と散り散りになっていく過酷な撤退戦。パーティのみんなの安否がわからないまま、ハルヒロたちは自分たちにとってパーティの仲間が、どんな存在だったかを再認識していく。失いそうになってはじめて知るそれを、ハルヒロたちは本当に失ってしまうのか、それとも―。霧深き千の峡谷で、“孤独”という敵と相まみえる時、灰の中から生まれし冒険譚は新たな一幕を紡ぎはじめる。


夏、君と運命の恋をするはずだった

夏、君と運命の恋をするはずだった (角川文庫)


夏にタイムリープはよく合うなぁ。

高校の時に運命的な恋をした夫婦、が出産間近に交通事故に巻き込まれて死ぬことに。

目を覚ましたら高校の時に戻っていて、離れ離れになった夫婦が運命的な再会を遂げるために四苦八苦する物語。


好きな相手の名前や存在を忘れたり、以前経験した日々とはがらりと変わっていることの数々で作者は鬼かと。しかも運命の相手ではなく別の人に妥協しそうになったときはヤキモキしました。絶望的な状況から、どうやって再会するのか気になるような展開でした。


疑問に思っていた出来事の謎が優しく糸を解いていくような伏線回収には暖かさや美しさを感じました。

そして、様々な壁を乗り越えて再会を果たす最後にはグッと拳を握りたくなりました。

素晴らしい愛でした。



(あらすじ)

高2の初夏、運命の出会いをした。教室の窓から飛ばした紙飛行機を、彼女がキャッチ。月日は流れ、俺たちは結ばれて、もうすぐ子供にも会える。幸せだった…不慮の事故で、高校時代に「タイムリープ」するまでは。戻ったのは、彼女と出会う10日前。同じくタイムリープしたらしい彼女を抱きしめた瞬間、世界は突如ひび割れる。繰り返されるタイムリープ、その度に薄れる彼女の記憶。苦しいほど切ない、やり直し青春ミステリ!



友達の妹が俺にだけウザイ5

友達の妹が俺にだけウザい5 (GA文庫)


最初の数巻以降控えめだった真白が積極的に動き出した。

真白の父の来襲も重なって、真白との関係を周囲に見せるために明照は真白とのデートをすることになる。

その裏で、最近気づいた彩羽のうざ絡みの中に潜んでいる可愛さに気づいた明照が彩羽が心を休められる相手を探していく。


真白が彩羽の明照への好意に気づき、ぐいぐい攻めに入る真白が不器用ながら真っ直ぐに明照に気持ちをぶつける最後に真白の魅力が詰まっているように思いました。

真白の決意を見たり、明照の考えを聞いてしまい、彩羽の心中はバラバラに…

真白の次は彩羽が闇落ちしていくのか、続きが気になりますね。

そして、彩羽と真白の親が出てきて、親の介入は慎重にしてほしいなーと。

まだ、明照達は子供だから親には見抜かれるよな。


明照は彩羽を、真白は彩羽を、彩羽は明照を。それぞれが違う方向に感情を向けているのですれ違っていきそうだけど、どうなるか。

真白の決意で揺らぐ彩羽。

絶妙な采配ですね。

次巻が楽しみです。


音響の音井さんや新キャラの友坂が良いキャラしてるから、今後の出番が気になります。



(あらすじ)

ウザくてかわいい女の子は実在する! メンバー間で秘密がバレたりバレなかったり明照がウザかわ彩羽についての認識を少し改めたりと、恋と友情に揺れ動く「5階同盟」に、新たな騒動が巻き起こる。 
「キミら、ちゃんと恋人関係をやれてるのかい」? 
月ノ森社長、襲来。痛いところを突かれて危機に陥った「5階同盟」を救うべく、明照は真白と結託し、ニセ恋人関係をアピールするための夏祭りデートの計画を練りはじめる。しかし、もちろん彩羽がその動きを黙って見ているはずもなく――? 
打ち上げ花火、誰と見る? 人気爆発のいちゃウザ青春ラブコメ、恋の嵐が吹き荒れる第5巻! 



カッコウの許嫁1

カッコウの許嫁(1) (週刊少年マガジンコミックス)



山田くんと7人の魔女の作者の新作ということで読みました。


キャラクターが生き生きとしていて読んでいて引き込まれる。

そして、取り違えっ子という家庭状況だからこそ、感情が渦巻いていくラブコメになっていきそうでこれからが楽しみな作品です。

主人公の凪と許嫁のエリカや凪が想いを寄せる瀬川などがどう拗れていくのか。

実妹から義妹になり、結婚出来る複雑な立場の幸がどう動くのか気になります。


主人公やヒロイン達がそれぞれ芯を持った生き方をしていて、良いですね。

人間関係の矢印がそれぞれ違う方向を向いていて、どんどんもつれていきそうだけど、どう舵を取っていくのか気になります。


(あらすじ)

赤ちゃんの頃に取り違えられ、今は名門私立に通う高校 2年の海野凪。ある日、これから許嫁に会いにいくという超お嬢様女子高生・天野エリカと偶然出会い、彼氏のフリをしてくれと半ば強引に頼まれてしまう。だが、その時の二人は知る由もなかった。エリカは凪と取り違えられた子どもで、凪はエリカの許嫁相手だということを……。「取り違え子」から始まる人生交錯ラブコメ開幕!