羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編7

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編7 (MF文庫J)

 

文化祭。

長谷部の復讐、龍園の裏切り、動こうとしない櫛田、様々な障害がありつつ、クラスのメイド喫茶を成功に導くために様々な手を打つ清隆が流石。

長谷部の復讐に関しては地味だけど、効くやり方。しかし、対処の伏線は予想出来たが、心に来るものがあった。

龍園の裏切りに関しては、してやられました。

1番意外だったのは櫛田についてで。

どう扱うのか気になっていたが、そうなったかという驚きがあり、上手くいったな。

性格はアレだが、能力はあるからな…

 

表紙のBクラスの2人に関しては今後が気になるアプローチをしていて、個人的に神崎が一之瀬クラスの同調圧力に立ち向かっていくのか期待しているので、掘り下げられるのを楽しみにしてます。

 

文化祭の成功だけでなく、清隆に歯向かう敵を相手をせずとも排除してみせるのは、痺れる。

他のクラスや南雲会長にも目を向けていて、今後に向けての伏線も巻いていた。

 

最終的に全ては清隆の思い通り。だからこそ、清隆の本意が気になる。

一之瀬クラスに熱を入れそうなあたり、清隆は一之瀬クラスに移るのかな。

 

 

「下手に口外しない人物だとおまえくらいしか浮かばなかった」

体育祭が終わり、高度育成高校初の文化祭が迫っていた。クラスに壁を作る長谷部や三宅、そして高円寺のような非協力的な生徒がいつつも、メイド喫茶の準備を秘密裏ながらも着々と進める綾小路たち。だが龍園はその動きを見逃さず堀北クラスとの協力契約を突如破棄。龍園クラスもまたコンセプトカフェの開催を宣言、さらに売上での一騎打ちを要求する。
一方、Aクラスへの可能性を失った自クラスに失望した神崎、そして綾小路に対決を反故にされ様子の変わった南雲生徒会長。2人に綾小路が自ら働きかけを始め――!? 「南雲生徒会長に提案があります。今度はオレから生徒会長へ勝負の提案をさせてもらえないでしょうか」

夏休みの空欄探し

夏休みの空欄探し

 

似鳥鶏先生の最新作は青春モノ。

暗号を解くというミステリー要素があるが、それよりも男女4人が一夏の青春を謳歌している様子が印象的でした。

思春期特有の男のモヤモヤした感情を見事に掘り下げていて、クラスで目立つ清春と目立たない主人公・ライの友情、相互理解していく様子がとても良かったです。

 

暗号を解くうえで、様々な場所に行ったりして、遊んでいるのはまさに高校生の大切な時間のように思えました。

 

作品全体的に仕掛けられている秘密や違和感はそのままにして、最後まで読んでいく方が楽しめるのかなと。

最後まで読んだら、青くて苦い、青春の味が感じられます。

 

真相が明かされて、不思議だった点が繋がっていく様子は見事でした。

 

壁にぶつかりながらも最後まで諦めなかった、ライの姿に成長を感じられて、眩しかったです。

 

あの夏、僕は人生と恋の謎にぶち当たった――。 会員が2名しかいないクイズ研究会会長の高校2年生・成田頼伸(ライ)は、クラス内で「じゃない方」と呼ばれている。ライと同じ姓で、野球部サッカー部より人気であるダンス同好会に所属する成田清春(キヨ)がクラスにいるからだ。クラスで「成田君」といえば、キヨのこと。「役立たたない」ことが好きなライと、大学受験に向けて効率重視で「役立つこと」が好きなキヨ。二人は対照的だ。ファミリーレストランで謎解きをしている姉妹に出会い、彼女たちの謎解きを手伝ってあげたライは、「他にも暗号がある。知恵を貸して欲しい」と頼まれる。姉妹と、偶然出会ったキヨの四人で、謎解き手伝うことになり――。 すべての謎が明かされた時、切なさと温かさが胸を満たす、青春恋愛ミステリー。

2022年8本目映画 恋は光

先日、公開された恋は光を観に行きました。

 

人が恋しているとその人がキラキラ光って見える主人公が恋とは、なんだと考えていく。

恋を知りたい、恋を諦めている、普通の恋が出来ない、そんな悩みを抱えている少女達と主人公が恋について、あれこれ考えていき、自分の気持ちを捉えていく様子は青春でした。

恋を正しく語れる人がいないというのは確かにそうかもしれない。

 

不透明な恋の定義に翻弄されながらも、話し合っていくのはコントじみていたりしていて、アプローチの仕方が面白かったです。

 

原作を読んでない状態で読みましたが、楽しむことが出来ました。

 

 

黄泉のツガイ

黄泉のツガイ 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)

 

荒川弘先生の最新作!

いつも後追いだったので、1巻の発売から読めて嬉しいです。

 

今作は現代を舞台にツガイというファンタジー要素を取り入れています。

説明もなく、流れるがまま進んでいきます。

まるで映画みたいなテンポ感で読んでるこちらも主人公のユルと同じように変わっていく現実に巻き込まれていくようでした。

 

今まで見ていたものは作り物で、これからは目に入れてなかった現実を見ていくことでユルがどう変化していくのか。

また、ユルがどうして周囲に騙されていたのか。

気になる点が多々ありますので、今後が楽しみです。

 

 

魂を目覚めさせろ!!!「鋼の錬金術師」の荒川弘最新作
山奥の小さな村落で暮らす少年のユルは、野鳥を狩り、大自然の中で静かに暮らしていた。しかしユルの双子の妹のアサは、何故か村の奥にある牢の中で「おつとめ」を果たしているという。それはまるで幽閉されているかのように…。穏やかな村に浮かぶ不自然な謎、この村に隠された秘密とは一体…!?未曾有のツガイバトルここに開幕!!

発注いただきました!

発注いただきました! (集英社文庫)

 

短編、エッセイ、それぞれ企業から出されたお題に答えた作品の数々。最初はちょっと心配していたが、流石は朝井リョウ先生。どの話も惹きつけられる魅力があって、最後までワクワクして読めました。

朝井リョウ先生の自由奔放でありながら、読み始めたら掴んで離さない、物語の数々でした。

 

企業からこういう依頼を受けるのかと知れて良かったですし、書き上げた短編の感想も味があって良かったです。

エッセイに関しては抜群の切れ味で、やっぱり上手いなぁ。

 

短編、しかもお題が決まっている。制限がありながらも、依頼に応えていく作者の力を感じられました。

作風も幅広くて、こんなに発想力があるのが驚きました。

 

これが本当の「お仕事小説」だ!
直木賞作家・朝井リョウが、名だたる有名企業からの「ご依頼」に応えに応えた作品集!
発注内容→作品→感想戦と、赤裸々な構成でお届けします

桐島、部活やめるってよ』での鮮烈なデビューから10年。著者の元には様々な企業からの原稿依頼が寄せられた。原稿枚数や登場人物、シチュエーションなど、小説誌ではあまり例を見ないようなリクエストに、著者はどのように応えてきたのか!? 普段は明かされることのない原稿依頼内容と、書き終えての自作解説も収録。文庫化に際し、さらに1作品を追加。ある意味で「集大成」な作品集。

変人のサラダボウル (3)

変人のサラダボウル 3 (ガガガ文庫)

 

今巻は正直、グッとくるところはなかった。

それでも、各人物の変化が禍々しくて、気づいたら読み終わっていた。

なんでか知らないけど、中毒的な魅力があります。

 

サラが小学校を支配し、友奈は新たな学校で立ち位置を決める、リヴィアは相変わらず予想外の方向へ行く、ブレンダは空回り。大きな出来事はないが、じわじわくるものがあります。

サラは器が子供じゃないから、明らかに浮く。それが面白い方向へ行っていました。

友奈は惣助の影響を受けて、目指すところが決まるのは驚いた。

1番驚いたのは惣助がモテまくるあたりだが。

 

今シリーズで1番ぶっ飛んでいる、リヴィアは一体どこまで行くのやら、遊び過ぎでは笑

 

表紙の2人の影の奮闘はいつか実を結ぶのが否か。

 

 

異世界の姫は学校へ、女騎士はパチンコへ。

惣助の尽力で戸籍を手に入れ、学校に通うことになったサラ。
頭脳、メンタルともに規格外のサラは、当然のように入学早々波乱を巻き起こすのだった。
一方、中学でぼっちになってしまった友奈にも、人生の転機となるような出来事が訪れ、惣助に想いを寄せるブレンダ&閨の悪女二人も、変化した状況に対して動き出す。
そして何故かバンドでメジャーデビューを目指すことになったリヴィアは、パチンコでの負けを取り戻そうと沼にハマっていた――。
ブコメ度やや高め?で繰り広げる、変人達の奇想天外おもしろ群像喜劇第三弾!!

魔女と猟犬 (3)

魔女と猟犬 3 (ガガガ文庫)

 

久しぶりの続巻で分厚い。正直、登場人物を把握するのが大変だった。しかも入り乱れての乱闘は中々。それでも終盤の乱戦を描き切っていたのは見事と言うしかない。

前半は記憶を掘り起こすのに力を使ってしまったので、次巻は出来たら早めが嬉しい。忙しいんだろうなぁ…

 

今回の悲劇の中心にいた2人に関して、良い意味で騙されました。今後どうなるのだろう。

おとぎ話や最初のエピソードにすっかり、心が締め付けられた分、そうなってくれたかと嬉しかったです。

残酷な世界ではあるが、特殊な能力が物語を盛り上げてくれていて、良いですね。

 

前巻の結末でロロが凍らされたので、今巻ではロロが凍っていた分出番が少ないのは残念。ロロとテレサリサの関係が好きなだけに、次巻は期待しますよ。

 

ロロの戦闘が好きなんだよ。

 

わちゃわちゃ感が凄いがまとまっていたのでよしとしよう。

 

“海の魔女”とイナテラ海の女海賊


“鏡の魔女”テレサリサと“雪の魔女”ファンネルは、キャンパスフェローの女騎士ヴィクトリアと共に船に乗り、大陸を南下していた。

そして、彼女たちの傍らには、九使徒の一人・召喚師ココルコとの死闘で酷い重傷を負ったままファンネルの魔法で凍らせた黒犬ロロの身体――。

 


一行が向かっているのは共和国イナテラの<港町サウロ>。大陸最南端の町だ。

そこには、とある人魚のおとぎ話が伝わっている。大切なものと引き換えに、どんな願いも叶えてくれる“海の魔女”が登場するのはその物語だ。

 


“海の魔女”には、死にかけた男を蘇らせたという逸話もあった。

肉体に何らかの変化を作用させる魔法の使い手なら、ロロの重傷を癒し、瀕死の状態から復活させることができるかもしれない。

 


だが、“海の魔女”は、イナテラ海で名を馳せる海賊の一人だ。

海を行き来する貿易商人や探検家たちにとって彼女はまさに海の厄災。話が通じるかどうかもわからない相手だった……。

 


一方、王国アメリアもまた“鏡の魔女”たちが船で南下中との報告を受け、九使徒たちが行動を開始していた。

 


このライトノベルがすごい!2022」にもランクインした、超人気ダークファンタジー第3弾!