羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

米澤穂信と古典部

米澤穂信と古典部

米澤穂信と古典部

 古典部シリーズを作者が語るということで読みましたが、様々細かいところまで考えて作られているのが分かる一冊です。

ミステリー作家同士の対談は話すことが高度過ぎて、凡人には立ち入れない領域になってるのは流石でした。

また、米澤先生のミステリーへの思いや、小説を書くことや内容を考えることの考えが分かって貴重な情報でした。

まだまだ、この一冊では米澤先生の全てではないと思いますので、先生の他作品や古典部シリーズを追いかけていって、知っていこうと思いました。