羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

つれづれ、北の坂探偵舎 シリーズ

 

つれづれ、北野坂探偵舎 物語に祝福された怪物 (角川文庫)

つれづれ、北野坂探偵舎 物語に祝福された怪物 (角川文庫)

 

 

 

河野裕先生の送る、作家と編集者たちか一つの作品のために動く物語。

 

シリーズ全6冊で、作家・雨坂続と編集者・佐々波蓮司が作品の打ち合わせをするように謎を解いていくという形式は最初は慣れず、違和感を感じたが、読み進めていくうちに自然となっていて物語に引き込まれます。

 

作家、小説、編集、読者、読書に関して深く追い求めていく終盤の展開はあまりに残酷で、どこか優しく感じました。

 

河野裕先生の作品で特殊だと思う作品でした。