羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

底辺領主の勘違い英雄譚1 〜平民に優しくしてたら、いつの間にか国と戦争になっていた件〜

底辺領主の勘違い英雄譚 1 ~平民に優しくしてたら、いつの間にか国と戦争になっていた件~ (オーバーラップ文庫)


デラダメな行動が全て良い方向に流れていく爽快感がありました。

(あらすじ)

犯罪者や異教徒が跋扈する荒廃した最悪の土地・ベイバロン領。 
若くして家督を継いで領主となったリゼは、凶悪な領民に殺されないため、一つの決断を下す。 
それは――領民に媚びへつらうこと! 
“王族や貴族にのみ与えられた神の力”とされる魔法を領民のために使いまくれば、幸せな暮らしを手に入れられる! 
……はずが、いつの間にか領民に「国家への反逆者」だと祭り上げられ――!? 
「「「さぁリゼ様、邪悪なる国王を討ち取りましょう!」」」 
「(どうしてこうなった!?)」 
浅慮さで右に出るものはいない、考えなし領主による最悪の領地運営譚、開幕!


主人公・リゼがひたすら自己保身に必死で、様々な手を打ち、それが全てサイコロのいい目に転がっていくように成り上がっていくのが、読んでいて爽快でした。

1巻はまるまる上手くいって、立場を築いていきましたが、これから壁にぶつかるだろうけど、その時どうなるかな。


自分が撒いた種を自分で回収する、自作自演や勘違いを勘違いのまま進める欺瞞などがリゼの快進撃に繋がっていて、そこが楽しめるなら楽しんで読めると思います。


リゼは両親の悪いところを引き継いでいるのが残念過ぎる笑

ただ、頭が幼いだけで良い子な…はず…


味方も敵も馬鹿だらけで、めちゃくちゃな状況ですけど、ストレス発散に最適な物語かと。